アンヘレスへの行き方!マニラからならアンヘレスシティへのツアー、ホテルバスが便利?タクシー手配と移動の時間やP2Pバス、レストラン


 

フィリピン一の歓楽街アンヘレスだけに、行き方を聞かれることが多いが・・・

初めての人には意外とハードルが高く感じる様子。

 

 

そこでこの記事では、

様々な方法でアンヘレスにアクセスする方法を紹介する。

 

 

 

アンヘレスの魅力…アンヘレスシティをツアーで旅行するなら

 

 

まるで新宿の歌舞伎町のように(笑)

眠らない街、フィリピンのアンヘレス。

 

アンヘレスは、パタヤなど東南アジアの他の地域よりも割安で

楽しめるナイトライフが人気。実際よく日本人から現地までの

行き方を聞かれる。

 

 

現地の女性と遊びたい人はもちろん、そうでない人も含め

アメリカ人などの外国人を多く見かける多国籍な街で、

何とも賑やかな雰囲気が魅力。

 

ただ海外で仲間以外の日本人にあまり会いたくない俺にとっては、

日本人も多く見かけるため、あまり足を伸ばすことはない(笑)。

 

 

アンヘレスは、歓楽街としてはメインの空港からのアクセスが

良くないにも関わらず、かつてのマニラのマラテよりも

盛り上がっていて、行き方を知りたがる日本人が増えている。

 

 

治安の面でもマラテより良い印象。ただしスリやぼったくり、

昏睡強盗などには当然気をつけること。

 

また連れ出しの際にお金を払うなどのシステムを

ちゃんと知った上で、料金などもごまかされないようにしたい。

 

 

 

フィリピンのアンヘレスへの行き方

 

アンヘレスへの行き方でおすすめしたいのは、ニノイ・アキノ国際空港

からクバオのバスターミナルまで自ら移動し、長距離バスでそこから

アンヘレスまで向かう方法。

 

このバスは日本円で1,000円しない

 

慣れておらず不安なあなたは、信頼できる

知り合いのドライバーにお願いするのが最も安全。

 

ニノイ・アキノ国際空港から直接アンヘレスまで送ってくれる

ホテルなどのサービスもあるが、8,000円以上と割高になる。

 

 

ちなみにニノイ・アキノ国際空港からアンヘレスまでは、

交通事情によるものの2時間以上はかかる。先を急ぐなら

高速道路を使うのは必須だろう。

 

アンヘレスに近いクラーク空港には、ソウルなどからの直行便が

あるため韓国人はこのルートで入ってくることが多い。

 

アンヘレスへの行き方を聞いてくる仲間には、

そんな韓国人を羨ましがっている人も少なくない(笑)。

 

 

蛇足だが、クバオのバスターミナルはマニラからフィリピンの

様々な場所に長距離バスが伸びており、何かと移動に便利。

覚えておけば割安で各地に向かうのに役立つ。

 

最近ディナから聞いて驚いたのは、4,000円程度でマニラから

長距離バスでミンダナオのダバオまで行けること。

 

3日半かかるが、バスに乗ったままフェリーでセブなどに

立ち寄りながら旅をできるのは面白そうだ。

 

 

 

マニラとアンヘレスの間、ホテルバスの送迎がタクシーより安全で時間も早い

 

マニラからアンヘンスの間、どのタクシー手配をすべきかお伝えする。

 

 

マニラからアンヘレス間の移動に

grabタクシーを使うことが可能。

 

grabタクシーはアプリを搭載しており、アプリをインストールすると、

タクシーが近くにいることかどうかがわかり、待ち合わせにも便利

 

しかし、一般のタクシーは、評判が悪い

なぜなら、メーターを使用しないで交渉次第であったり、

 

目的地に着くと約束と違う値段を言われることがあるからだ。

日本のタクシーと違って、タクシーが安全だとは思ってはいけない

 

ホテルバスなら、ホテルから目的地までの料金は確実。

そして、マニラからアンヘレスまではp2pのバスも利用が可能になっている。

 

GENESISのフェイスブックよりP2Pのバス時刻表が更新されている。

 

 

現地では、バスの時刻表には手書きで

時刻表の更新がされているようだ。

 

 

 

アンヘレス、マニラ、セブ・・・

南国フィリピンを楽しむための時間と

収入の自由を手に入れる具体的な方法

 

 

マニラの空港からアンヘレスのバスは深夜も乗れる?

 

以前はバスの運行がなされていない様だったが、

 

2018年9月の更新では、

マニラの空港からアンヘレスのバスは深夜も乗ることが出来

24時間体制が整っている。

 

昼間は1時間間隔、夜は2時間間隔で移動が可能。

 

 

マニラの空港(NAIA)はニノイ・アキノ国際空港と呼ばれ、

フィリピンのマニラ首都圏内のパサイ市とパラニャーケ市の

境界上にある国際空港である。

 

 

バスはアンヘレス(ダウ)経由のバスに乗り、所要時間はクパオまで約1~2時間

MSクラークはクラーク空港のそばに位置している。

 

NAIAターミナル3~クラーク空港を往復しているバスが存在する為、

アンヘレスまでは、

マニラの空港(NAIA)とクラーク空港を結ぶバスに乗れば行くことが出来る。

 

 

また、アンヘレスから利用する場合は、SMクラークで乗車が可能。

SMクラークからマニラの空港(NAIA)までの料金は往路と同じく380ペソ

 

 

 

マニラからアンヘレスの行き方まとめ、渋滞を避ける移動のコツは?

 

マニラとアンヘレス間の交通手段は大きく分けて4通りある。

難易度としては、上が容易で、下に行くほど難易度が上がる。

 

 

ホテルタクシー

2,700ペソ。

 

値段よりも安全性と手軽さを1番に考えるなら、

こちらの方法がおすすめ。

 

 

次はGENESISのP2Pバス

料金は380ペソ。

 

直通で乗り換えも必要ないため、

乗っていれば目的地まで着くことが可能。

 

 

現地のタクシー

メーターで行った場合は約1,500~2,000ペソ。

 

タクシー運転手に値切ることも可能で、

800ペソで行けることもある様だ。別料金として、高速代など追加料金を求められる。

 

 

アンヘレスのダウのバスターミナルから出ている、

エアコンのないローカルバス

 

料金は150ペソと格安だが、混雑が予想され、

見送る場合もあるため、時間に余裕があれば使うことが出来る。

 

 

上記4つは全て所要時間は約2時間とされている。

しかし、マニラとアンヘレス間は渋滞が予想される。

 

特に夕方は込み合う様で、

通常1~2時間のところ、5~6時間かかる場合もある。

 

 

 

マニラとアンヘレスで楽しみなのは夜遊びの定番ゴーゴーバー

 

ゴーゴーバーとは、ディスコクラブのことを言い、

フィリピンやタイではゴーゴーバーと呼ばれている。

元アメリカ軍基地で、バーなどの歓楽街が集まっている場所である。

 

マニラとアンヘレスの楽しみは、夜遊び

アンヘレスの女性の雰囲気は、フレンドリーでローカル。

日本でいう、ガールズバーや相席居酒屋のような雰囲気が楽しめるのである。

 

 

お店に入るだけなら無料。席に着いたらドリンクを頼むシステム。

ドリンクの料金相場は100ペソ程度で、女性のドリンク料金は330ペソ。

英語を話せる女性がほとんどで、中には日本語を話せる女性もいる。

 

ここ数年で韓国人経営(買収)のお店が増えた為、アンヘレスの雰囲気は変化し、

目的が連出しになっている。

 

そのため、お店でお客を楽しませるのではなく、

外に出て、女性と遊ぶことが出来るのだ。

 

『バーファイン』という連れ出し料金をお店に払い、

外に行くことが出来る。バーファインの料金相場は3,000ペソ

 

 

マニラとアンヘレスの違いは、

アンヘレスの女性の方が素直で素人っぽいということ。

 

新宿歌舞伎町より、地方の方が素人っぽい女性がいるのと同じように、

都心部のマニラより、都心から離れているアンヘレスの方が素人感がある様だ。

 

 

 

まとめ…マニラやアンヘレスのレストラン、P2Pバスやタクシー手配についてもサイトをチェック

 

マニラからアンヘレスへの行き方は様々ある。

 

 

旅行になれているのであれば、ローカルバスを使うのが、

一番安く移動することが出来る。

 

だが、初めての土地に不安があるのであれば、

ローカルのタクシーはあまりおすすめは出来ない。

乗り換えのないホテルバスやP2Pでいくのがおすすめである。

 

 

眠らない町とされアンヘレスは、昼も夜も楽しめる街

 

バスも24時間運行している為、帰りたいときにホテルに帰ることが出来る。

渋滞の時間である夕方を外して、移動するのがいいだろう。

 

 

アンヘレスの女性は、皆明るく、笑いが絶えないようで、

楽しく過ごせること間違いなし。

 

いわゆるスレている子がいないようで、

女性のドリンクを頼まないなどとのことで、

不機嫌な態度をとられることはないという。

 

 

日本に比べればはるかに安い料金で、

女性との楽しい時間を過ごすことが出来る夢のような街

 

フィリピンへ旅行に行った際には、24時間動いているバスで、

是非アンヘレスへ行ってみてほしい。

 

 

マニラからアンヘレスへ行くには少し距離があり、移動の方法も様々。

 

日本での感覚と違って、タクシーが

安全でないことを頭に入れておいていただきたい。

 

また、時間によっては渋滞もある

上記に注意し、ぜひアンヘレスを楽しんでいただきたい。

 

 

 

「来週フィリピン入りします。

アンヘレスへの行き方を教えてもらえますか?」

 

 

風俗に詳しいフリーライターの仲間、佐山さん。

 

彼の歯に衣を着せないストレートな

オンラインレポートには定評がある。

 

 

アンヘレスでフィリピーナとのデートを楽しむ南さんに

スービックへの行き方を聞いたのが一昨日のこと。

 

中国の大連で長らく男磨きの方法を実践していた彼は、

その後パラワン島にひきこもった。

 

俺と同様「結婚はいらない」と

しきりに語っている(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは24件です

  1. よっしー より:

    ナイトライフ、素敵ですね…
    今の羽田氏は仕事に追われ、とてもナイトでは過ごせないのですが笑
    でもたまには、賑わいの街でナイトライフを送ってみたいと思います笑

  2. よきつな より:

    行き方は把握したんですが、アンヘレスにまだ向かう勇気が・・・wwだれか、いっしょにぜひ。>>だからこそ、売り込みに付きものの「NO」に対して
    自分なりの受け止め方を持てれば、人生はもっと楽になる。
    平たくいえば、期待外れの答えが来た時でも
    気にせず軽く流せたら、楽しく生きれるということだ。
    俺自身こうしてWebメディアを持つまでは、
    直接人に会って日用品の良さとビジネスの可能性を
    プレゼンするダイレクトマーケティングに長年携わっていた。
    もちろん今も、フィリピンを始め
    海外でそれを続けている。
    例えば、俺が15年以上使い続けていて確信している、
    世界No.1のシェアを持つnutrilite。
    市販されていない完全有機野菜で作られた栄養補給食品が
    安価で購入でき、10歳以上若くいられるチャンスなのに(笑)、
    それでも断る人というのはいる。

  3. makostyle より:

    旅行も行く人によって違う楽しみ方ができますが、私は家族と行く旅行が一番好きです。この場合アンヘレスに行くことはなさそうですが、男友達と行く機会があれば是非足を運びたいですね(笑)。

  4. マゼンタ より:

    アンへレス、、、初めて聞く地名ですが、女性の私は行かなくてもいい街なのかな。
    国際空港から2時間以上もかかるのに行きたがる男性の気持ち、よくわかりません(笑)

  5. かおるママ より:

    アンヘレスは初めて聞きました。歌舞伎町のような町ですか(笑)歌舞伎町もなんとなくしか分かりませんが(笑)これだけの交通の不便さがありながらも行き方を聞く人が多いということは、男性にとっては楽園のような町なのですね!非日常?な生活を取り入れることも大切だと日々感じておりますので、ある意味男性が羨ましく思うことがあります。今後少しでも交通の便が良くなってほしいものですね(笑)くれぐれも災難にはお気を付けてください。

  6. kyon より:

    女性としてはあまり近づきたくない町かな?と思いました。
    そもそも歌舞伎町もライブとか無い限り行かないので…。
    でも、逆を言うなら男性には魅力的な町なのかもしれませんね!

  7. ひかり より:

    アンヘレスとは初めて聞きました。
    そのような場所があるのですね!!
    賑やかな場所は好きなので
    色々とまわって楽しめそうです。
    行ってみたくなりました。

  8. ユウゾラ より:

    最近めっきり夜遊びもしなくなりましたが、アンヘレスは楽しそうですね。韓国からは直行できるというのは羨ましい。そのうち日本からも直行便が出るのでしょうか。でもフィリピン国内をバスで移動も楽しそう(笑)。

  9. せるりあん より:

    アンへレスには興味ありませんが、マニラからダバオまでのバスには
    乗ってみたいと思いました。
    3日半という日数も、バスのままフェリーというのも楽しそうです。
    乗る勇気はないですけど(笑)

  10. しおばなはるの より:

    眠らない街、アンヘレス。良い響きですね。日本でいう新宿の歌舞伎町ですか。なかなか楽しそうですが、騙されそうな気もしますね(笑)。

  11. はる より:

    フィリピン一の歓楽街なのに初めて聞きました!アンヘレスっていうんですか。
    やはり海外はタクシーは怖い、バス使います!

  12. ドクターC より:

    海外の歓楽街に行くのだから、多少お金はかかっても楽しみたいので、私だったらホテルのタクシーを利用しますね。乗り物の中ではバスが一番苦手です。そんなバスに5~6時間乗っていたら、着いた時には具合悪くなってしまってるでしょう。

  13. なつ より:

    バスターミナルまで行ってしまえばそこからは長距離バスで行けるんですか。でも3日半の長距離バスもあるんですね。長い!

  14. るまんど より:

    若くて体力も時間もあったらローカルバスに乗ってみたいですね。
    現地の人々の生活を垣間見れるのがおもしろそう。
    残念ながら今の私は若くないので、高くてもホテルのバスやタクシーを利用しますね。

  15. わかな より:

    最初の動画がもう歓楽街を物語っていますね!海外のタクシーは使うのが怖いです。アプリに登録しているタクシーといってもぼったくりはありますか?

  16. かな より:

    交通の手段は安全面が第一ですが、タクシーもぼったくりがありそうだし、何よりバスとの価格が違いすぎますね。

  17. いっくん より:

    日本人専用の送迎バスがあるといいのにと思った。
    これ、商売にならないかな?
    それともすでにあるのかな?

  18. あい より:

    日本でいう歌舞伎町というのはとても伝わりやすく想像しやすかったです!アンヘレスは眠らない街なんですね!

  19. さら より:

    アンヘレス、歌舞伎町のような眠らない街なんですね。
    日本人も多いのですか。それは行くのを躊躇してしまいますね。。

  20. まいやん より:

    韓国人経営のお店が増えているんですね。
    日本人経営のお店はないのですか?
    働く女の子たちも、韓国人経営のお店より日本人経営のお店を選ぶように思います。

  21. さえ より:

    アンヘレスは眠らない街なんですね。
    ただ交通の便がちょっとややこしそうです。
    空港から依頼すれば大丈夫なんですか?

  22. ユタカさん より:

    ソウルからの直行便があるなら、ソウル経由でクラーク空港に行くのもありですね。
    マニラ-アンへレスは渋滞がひどそうでできれば避けたい。
    通常1~2時間が、5~6時間かかるってどんだけ渋滞ひどいんだ!?

  23. かや より:

    タクシーは知らない土地で使うのは怖いイメージですが、アプリやホテルバスなら少しは安心できそうですね。

  24. たんじろ より:

    3日半かかる長距離バス、すごいですね。
    おもしろそうではあるけど、とても疲れそう。
    行くだけで疲れてしまって、アンヘレスで夜遊びできないですよ(笑)

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ