現地在住者が語るフィリピンの仕事


 

 

フィリピンで仕事をしたいと

思ったことはあるだろうか?

 

 

 

今俺の一番身近では、妹のリエがそう。

 

何しろセブで月7万円かからずに生活できると聞いて、

彼女の目の色が変わった(笑)。

 

 

 

 

 

フィリピンで仕事をする魅力

 

 

東南アジアでの仕事では、とにかく生活費を下げられることが魅力。

特にこのフィリピンでは、まだまだ人件費の安さを享受できる。

 

俺が育った東京の場合、仕事の選択肢は広いものの

生活費は年々上がってきていて、フィリピン人の友達も

文句ばかり言っている(笑)。

 

 

そしてサービス残業とはほぼ無縁であり、仕事とプライベートを

ちゃんと分けることができるフィリピン。

 

基本的にカラッとした人柄の人が多いこの国。仕事の人間関係でも

日本ほど面倒なことにならないのがいい。怒っても次の日には忘れる

フィリピン人の国民性(笑)。

 

 

さらには、

アジア一綺麗な英語を話すフィリピン人。

 

あなたが仕事を通して英語を学ぶ環境としては、

これ以上適した場所はなかなかない。

 

 

 

雇われの仕事をしなくてもフィリピンに

住み続けられる理由。リスクなしで

スモールビジネスを構築する方法とは?

 

 

 

 

フィリピンで仕事をするマイナス面

 

 

まずは、仕事の選択肢が極端に少ないところ。

 

あなたに特殊な技能、例えばITのプログラミングのような

知識がない限りは、日本人相手のコールセンタースタッフ、

セブなどでは語学学校のスタッフといった仕事が主流になる。

 

特に後者の場合はブラックなところも多く、

週末の真夜中に日本人留学生のピックアップに行かされたり。

 

 

窓のない部屋しかなかったり、虫が出たりと

環境面で劣悪なケースがあること。

 

フィリピンという東南アジアでの生活環境に溶け込めなければ、

やはり仕事をしながらきつい思いをすることになる。

 

 

そして意外と見過ごされがちなのが、外国人の場合

額面の1/4ほどが所得税として持っていかれ、手取りが

かなり小さくなる点。

 

 

フィリピンの無責任文化(笑)。さらに、様々な場面で

とにかく待たされることが多いので、イライラする日本人をよく目にする。

 

その他、急に制度が変わったりすること、ネットが遅かったり

電気が止まったりなどインフラ面で不便なこと、街が汚いことなど。

 

 

日本の祝日が世界的に見て多いと気づいたのは、

実際にフィリピンに移住してからだった(笑)。

 

 

 

海外のビーチで仕事をするのが夢で、親に感謝できないまま

フィリピンのパラワン島に移住した矢島。

 

俺と同じくピータンが好きな

変わった日本人だ(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ