現地在住者が語るマニラのKTV


 

 

マニラに多いKTV(カラオケテレビ)。

 

 

 

誰か名付けたのか

ダサイ名称だが・・・

 

これを聞くと、なまめかしい思い出が

頭をよぎるかもしれない(笑)。

 

まさにセブやマニラの

KTV好きの高橋さんのように。

 

 

 

 

 

マニラのKTVの魅力

 

 

マニラは経済成長著しい東南アジアの重要な拠点であり、

それを象徴するようにナイトライフも熱い。KTVは分かりやすく

いえば、日本にもあるフィリピンパブの現地版。

 

このマニラにはローカルのKTVの他に、

コリアンKTVやジャパニーズKTVと様々な種類がある。

 

 

日本と比べた場合のマニラのKTVの魅力は

何といっても、その安さ。

 

例えばあるジャパニーズKTVは、1時間半で1,300円ほど。

女性の指名料が約700円、その子にドリンクをおごっても

一杯700円程度。

 

焼酎やサンミゲルなどは飲み放題であり、約3,000円で

90分楽しめれば、日本のキャバクラと比べてもずっと安く済む。

 

 

マニラのKTVには日本語を話せるフィリピーナも多いので、

英語やタガログ語が分からないあなたでも楽しめる。

 

フィリピン女性はオフィスワークには向かないが、

人と接すること、会話をして盛り上がるのが上手。

 

日本人女性よりも初対面から打ち解けやすいので、

シャイなあなたでも楽しい時間が過ごせるのが

フィリピン女性の良いところだ。

 

 

さらにマニラを始めフィリピンのKTVでは、店外デートが

当たり前にできるのがやはり日本とは違う。

 

俺もガヤガヤした場所は嫌いだが、女性とゆっくり

デートするのは人生の楽しみの一つ(笑)。

 

 

ちなみにマラテのエルミタのような歓楽街では、

日本人だからと高い値段をふっかけてきたり

ぼったくりがあるので一応気をつけたい。

 

 

 

マニラでKTVをいつでも楽しめる、

場所とお金の自由。海外での安定収入の

構築法とは?

 

 

 

 

マニラでKTVに行くならおすすめなのは

 

 

マニラでKTVを楽しむなら、フィリピンに慣れていない

あなたほどマラテから離れた場所にしたい。

 

例えばマカティ。

 

そして、エドサコンプレックスで

よく知られるパサイにはKTVが多い。

 

 

個人的には、マニラから車で2時間以上かかるが

パンパンガのアンヘレスにおすすめのKTVが多い。

 

こちらの女性はマニラよりも綺麗な人が多く、また

性格的にも接しやすくフレンドリーな人が豊富。

 

そして治安の点でも安心できる。

 

 

 

将来の不安を抱えたままマニラに移住し、

海外の友達をガンガンつくるべくKTVに通う司。

 

男磨きの方法会話のコツ英語を学ぶ方法

知りたがっている彼は、俺と同じ元人見知りの一人。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは9件です

  1. ジャクリーン。 より:

    マニラのKTVね。おもしろんだよね。だからはまるひとははまる。オレモね(笑
    >俺の場合は毎日読んで
    1週間に1冊だったのが、
    きっちり3冊は読めるように。
    これは全然優秀ではなく、
    しっかりマスターした人なら
    軽く5冊は読める。
    1カ月なら20冊。
    単純にいえば、
    仕事で読了に50分かかる資料が、
    理解のクオリティを上げながら
    10分で読めることに。
    俺が感じたメリットは、
    とにかく自分の時間が増えたこと。

  2. makostyle より:

    日本のキャバクラにも行った事がありませんが、行ってみたいという欲はあります。ただボッたくられそうなイメージがあり怖いのですが。ですがフィリピンのKTVならお金のない私でも行けそうですね!

  3. つよし より:

    KTV? 神奈川テレビかと思ったぜ。あれはTVKだったかな?
    カラオケスナックかと思ったが、フィリピンパブみたいなものなのか。
    フィリピンの女性は人懐こいのがいいね。KTVなら俺にも楽しめそう。

  4. 美女も野獣 より:

    KTV、カラオケテレビと言われなければ結構普通にカッコいい名称だと思いますけどね。しかし安いですね。行ってみたいです。

  5. ユウゾラ より:

    最近は夜遊びから縁がない生活を送っています。それでも20代前半まではお酒が好きで、多少かっこつけるというか大人の世界に憧れもあり背伸びして、女の子がいる店にちょくちょく行きました。マニラのKTVならすぐにでも行きたいな!

  6. せるりあん より:

    カラオケテレビ・・・確かにダサい名前ですね(笑)
    コリアンKTVって、コリアン向けってことですか?
    それとも働いている女性がコリアン?

  7. いまいち より:

    KTVってなんかYoutuberのチャンネル名みたいですね笑
    カラオケのことかと思いきや、女の子のお店とは!ジャパニーズKTVは、日本語が話せる子しか雇ってないんですかねえ

  8. ひかり より:

    KTVと聞いて思い浮かぶものとは全く違っていました(笑)
    自宅で楽しめるネット配信のようなものかと思っていました。
    夜の遊び場が沢山ありそうですね。
    はまるひとははまりそう!
    行ってみたいです。

  9. 空の下 より:

    KTVというのはなんだかどこやらのテレビ局のような
    呼び方ですね。
    安くて親しみやすそうなので人見知りでもいけそうなのが
    嬉しい。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ