フィリピン人と恋愛経験を持つ男が語る、遠距離恋愛と親子関係


8730881459_fda86ae7ce_b-300x200

 

 

フィリピン人との恋愛から

俺が学んだこととは?

 

 

 

 

 

身近なような遠いような、フィリピン人との恋愛

 

 

昔から男性にとっては、フィリピーナとの出会いは

国内のお店から始まっていた。

 

「じゃぱゆき」という言葉を

知っているかどうかで年齢を推測できる(笑)。

 

 

フィリピンパブで出会ってフィリピンに遊びに行くようになったり、

そのフィリピン人と恋愛してそのまま結婚・・・

そんなパターンも多い。

 

 

そして最近では老若男女問わず、オンライン英会話が普及したことで

ブラウザの向こうにいるフィリピン人といつでも会える。

 

最近ではジャピーノ(フィリピンと日本のハーフ)の子が

たくさん日本の学校に行っていることから、ママ友として会ったり

ご近所に住んでいたり。

 

 

こうして出会いの絶対数は増えてきたものの、フィリピン人と恋愛したり

結婚している日本人は固まっていることが多く、身近な人もいれば

全く接点がない人もいるのが面白い。

 

仲間の一人で沼津に住む足立さんは、奥さんのpatriciaと

よくカラオケに出かけるが、やはりそこに集うのは日本人と

フィリピーナのカップルが多いとか。

 

 

身近な外国人であるフィリピン人。

 

見た目は同じアジア人で極端に違うところはないが、

多言語を使いこなし、スペインやアメリカの文化と価値観を持つ

彼らとの恋愛はなかなか刺激的で、日本人として学べるところが多い。

 

 

 

フィリピーナとの楽しい南国生活を

現実にする、あの方法とは?

 

 

 

 

フィリピン人の経済的・精神的自立

 

 

遠距離恋愛をしたことはあるだろうか?

 

 

俺が大学時代によくつるんでいた、成城学園に住む同じ

早稲田の剛は、神戸の丸子と交際を続けていた。

 

 

3週間に1回はシンデレラエクスプレスを使って往復。

 

遠いだけに楽しさと不便さを同時に味わえるその距離は(笑)、

彼らの精神的な結びつきを強くしていった。

 

「いつでも会えるわけではない」その距離感が時々会える

その喜びを増幅させ、彼女の存在自身への感謝を忘れさせない。

 

 

距離や関係が近いだけに、甘えたり依存し合っているカップルを

よく見るのは、あなたもご存じの通り。

 

 

俺自身が下見もせずにフィリピンに移住する前、シンガポールで

OFWとして就労していたheidiと遠距離恋愛していたときに学んだのは

フィリピン人女性の精神的な強さと、経済的な自立

 

 

もともと家族が大好きでいつもそばにいたいフィリピン人なのに、

大きく稼ぐためにあえて海外に出て、家族を経済的に支える。

 

異国での生活や遠距離恋愛を通して、

自分自身も精神的に自立していく。

 

 

心の距離は自分次第だということを、彼女から学んだ。

 

 

 

 

 

親が子に伝えること

 

 

star cityの近く、manila bayの目の前のカフェで

markと食事をしたときに、父としての役割を彼が語ってくれた。

 

markは事故で奥さんをなくし、理解があって優しいlenと

新しい恋愛に踏み出していた。

 

 

息子のshanoには、2歳の頃から「男とはどうあるべきか?」そして

「親がどれだけお前を愛しているのか」を語りかけ・・・

 

英語を教え始めた5歳の頃からは

 

「自分のケツを自分で拭けるなら、

何でもやりたいことをやれ」

 

を伝え始めたという。

 

なんて早くから素晴らしい教育をしているんだろう(笑)。

 

 

親がどれだけ子を愛しているか。

自由には責任が伴う。

 

こうしたことを言葉でしっかり伝え続けている子は、

道を外すことはないだろう。

 

 

 

今回の記事では日本人男性、

フィリピン女性の恋愛を書いていたが、

 

 

では日本人女性、

フィリピン男性の恋愛についてはどうなのか。

 

フィリピン人男性の口説き方ってどんな感じなんだろう?
恋愛の本質とは・・・

またフィリピンに移住するには・・・?

 

 

その辺りを以下の記事で余すことなく解説してある。
ぜひ読んでほしい。

 

→ フィリピン人との恋愛を楽しみたいのに・・・

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは27件です

  1. ひろ より:

    フィリピン人を差別の目で見ている人がいると思いますが
    素敵な考え方を持っているんですね!
    見習いたいものです。

  2. […] 事実フィリピン人との恋愛話は俺の周りでもよく聞くし、 […]

  3. […] 恋愛もフィリピン人を始め、外国人を恋人にしてきた過去が。 […]

  4. 手島 より:

    先日彼に教えられなかったやつです。

    【ディッシュ】持参物:スプーン2本(銀色の大きめのヤツ。お店にもあるかも)、「ディッシュ」、他社の食器用洗剤、サラダ油/お店でお冷を入れたグラスがあればできる。
    *具体的な説明のフレーズはマニュアル参照。

    ^0^☆100円ショップなどで売ってる、ちっちゃなスポイトみたいな形の入れ物にそれぞれ入れれば、コンパクトなデモキットになります。気軽にやれば、手品とか理科の実験みたいな感じでけっこう面白がって見てくれるからオススメ☆「デモ(製品)とマーケは車の両輪」なので、基本を外さないようにいこう!

    あと、カップルには二人同時にプレゼンすべきってのもわかりました。そして、相手のニーズに合わせること。当然ビジネスは収入だけの話ではないので、その人のニーズ(時間が欲しい・最善の健康・最高のコミニティ・品質のよい製品・前向きな考え方・最新の正確な情報・自己成長・大切な人の自立を助けることの喜び・美や若さ・究極の自由etc.)に合った提案をしてあげてください。そして時間を置くことなく、クロージング(「ビジネスに興味があるか?」「製品を使ってみるか?」を聞く、ミーティングやデモに具体的な日程でアポを取る)を忘れずに^^

  5. DAWN より:

    ブラカンにいました。あ、あのフィリピンのマニラから少し離れた田舎のです。恋愛もビジネスも楽しんでいきます。さっそくマニュアルありがとうございました。
    >集客のご協力ありがとうございます。
    改めてよろしくお願いします。

    1.お送りした記事をスマホなどに読み上げ、PCに音声ファイルで保存してください。
     人が聴くことを意識して頂き、大きめの声でゆっくり話してもらえば構いません。

     ちなみに記事の真ん中辺りに登場する太字のリンク部分や、最後のPSの部分は
     読み上げを省略してくださって結構です。

    2.以下の無料素材集から、記事タイトルに合う画像をダウンロードします。

    イメージとあまりにも離れていなければどれでも大丈夫です。
    使いやすいサイトをご使用ください。
    (英単語で検索してください)

    3.ペイントなどの無料ツールで、画像の下半分の適当な位置に記事タイトルを
     コピペしてください。タイトルが読めさえすれば、特に凝る必要はありません。

    4.ムービーメーカーに画像をアップロードします。

    5.次に音声をアップロードします。

    6.ナレーションツールの停止位置の秒数を記憶します。
     (繰り上げた大体の秒数で構いません。以下の例だと「250」になります)

    7.ビデオツールの再生時間にその数字を入力します。

    8.左上のファイル→ムービーの保存→このプロジェクトの推奨設定をクリックし、
     画像と音声を結合します。
     この作成には長時間かかりますので、この間に別の作業をして頂くといいと思います。

    9.1記事1ファイル、ファイル名を記事タイトルにして頂き、クラウドワークスにて
     ファイルのご送付をお願いします(毎日1ファイルをアップロードしたいので
     ご配慮頂けたら幸いです)。

     50ファイル納品ごとにお支払いしますので、その際は納品報告をお願いします。

  6. マナまま より:

    遠距離恋愛はどこの国の人でも辛いですよね。

    会いたい時に大切な人がそばにいてくれるのは幸せなことですよね。

  7. ayuayumi より:

    遠距離恋愛ですが、物事が上手くいってない時には余裕もなくなり恋愛自体がダメになりやすいですよね。気持ちが保てないのを距離のせいにしたい気持ちもわかります。会えないのはやはり辛いですし、気持ちも離れやすいですから。

  8. はなちゃん より:

    親が子供をどれだけ愛しているか伝えるのは大切なことですよね。

    まだ言葉を理解していない子でも親の無条件の愛情はきちんと伝わりますね。

  9. makostyle より:

    ジャパユキ知ってます(笑)。学生時代遠距離恋愛経験しました。日本とオーストラリアですが、長続きしませんでした。当時テレカだけで連絡してまして、電話代がものすごく高くつきました。でも国際通話ができる電話ボックス見つけるとテンションあがりました!懐かしい。こんな記憶を呼び戻していただき感謝です!

  10. マヤ より:

    フィリピンと日本のハーフをジャピーノっていうんですね。
    なるほど~。
    精神的自立という点では、日本は外国と比べて幼いような感じがしますね。
    誇りを持つとか、責任を持つとかいう事を堅苦しいイメージで抱いてしまうせいでしょうか。

  11. パンダ より:

    親子間で言葉で伝える。
    大切なことですね。
    外国の人はよく「あなたは私の誇りよ」等の
    セリフ聞いたことがあるけど、
    日本ではなかなか使わないですね。

    幼いころの方が言いやすいから、
    早いうちからそういう習慣にしていきたいです。

  12. メリッサ より:

    距離が近過ぎて失敗する例や、離れてそのままフェードアウトしていってしまう例も色々なパターンがあると思います。
    それでもまだ縁があるならその人は運命の人なのだと思います。

  13. kuuu より:

    確かに、遠距離恋愛ほどしんどいことってないですよね。だいすきな人に会いたいとき会えない距離。泣きたくなります。つらいです。でもこれをたえるこで強くなるんですね。

  14. シーサー より:

    「じゃぱゆき」初めて聞きました!
    離れてる時間が愛を育てるとか言いますよね(笑)
    遠距離は経験がないのでちょっと憧れます!

  15. インコちゃん より:

    自分のケツを自分で拭けるなら、何でもやりたいことをやれ!!という言葉に共感できます。自分で責任とれないで、親を頼るのなら、それで迷惑をかけるのならば、最初からそれに手を出すなよ!と思いますもん!!

  16. 238 より:

    私も遠距離恋愛の経験者ですが、大変な反面、お互いで困難を乗り越えてくるという経験ができました。実際に会えないのは辛いこともありましたが、いい経験でした。

  17. kazato より:

    遠距離恋愛は会えない分あったときはすごく嬉しいのですが、辛かったですね。今みたいにスマホもなかったので浮気の心配もありましたし(笑)「心の距離は自分次第だ」はすごく心に響きました。

  18. りん より:

    大人になって気が付いたことがあります。自由にはなったが、責任が伴うので、慎重にいきていくことが大切ですね。

  19. mikako より:

    遠距離恋愛か。
    フィリピン人と日本人の恋愛もそう?

    ネットの時代と相まって、自分の怠惰な日常から脱するべく?遠距離恋愛してる人も増えてるような…

  20. TM0323 より:

    なかなか聞けないありがたい言葉ですね。確かに今の世の中は外国人に対して差別的な意見があるなかこんな考え方ができるのはとてもうらやましい限りです。わたしももっと差別的な偏見をしないようにしなくては!

  21. 0617 より:

    ジャパユキ知ってます(笑)。学生時代遠距離恋愛経験しました。日本とオーストラリアですが、長続きしませんでした。当時テレカだけで連絡してまして、電話代がものすごく高くつきました。大人になって気が付いたことがあります。自由にはなったが、責任が伴うので、慎重にいきていくことが大切ですね

  22. ともっち より:

    私の娘の小学校にもフィリピンと日本人のハーフのお子さんがいますよ。学年は違うけど、高学年位かな。

    遠距離恋愛私も経験したことがありますよ。相手の人が三重で私が埼玉だからかなりの遠距離でしたよ。

  23. ユウゾラ より:

    自分の妻がもしこの世からいなくなったら一体私はどうなってしまうのだろう。恐ろしくて想像もできませんが、そんな状況からでも立派に子供を教育できる人は本当に素晴らしい大人だと思います。

  24. AYKaaa より:

    自分のケツを自分で拭けるなら何でもやりたいことをやれ
    この言葉いいですね1私も子供ができたら教えてたいと思います^^
    やはり子供は3歳までが一番大切ですね!

  25. きよら より:

    とても新鮮なお話が聞けて良かったです。国際結婚自体日本ではまだあまり浸透していない気がするので…。どうしてでしょうね?人見知りなのでしょうか?私も国際結婚だから、何とも思いませんが見かけで何か変わるのでしょうか?もっと積極的に日本に来て結婚して欲しいですね、縁がある人は。

  26. こう より:

    フィリピンの方と結婚している人が周りにいないですが、他の国の方と比べてまだ偏見があるなって思います。家族のそばにいたいのに家族を支えるために祖国を出て働くなんてすごいですね。根性なしの私にはなかなか難しそうです。
    本当に大切なものを守るためなら何でもできるのかもしれませんね。見習いたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ