フィリピンで知っておきたい食事マナー!押さえるべきポイントとは?


 

 

フィリピン人の食事マナーは、
国内でも彼らが身近にいるなら、
「特別良くはない」ことに気づくだろう(笑)。

 

むしろ、ゲップをしたり、
貧乏ゆすりをしたりとダメな人の方が多い。

 

 

それでも、こちらがフィリピンに行くなら、
恥をかかないためにも
現地のマナーは知っておきたい。

 

ここでは現地在住者が、
フィリピンでの食事など
基本的なマナーについて紹介する。

 

 

フィリピンでの食事はマナーが大事!コレを知っていればOK!

 

 

フィリピンにはフィリピン流のマナーがあり、

日本では当たり前のことも、フィリピンでは通じないことも多い。

 

向こうのマナーに添った行動をとらないと、
顰蹙を買ってしまうことに…そんなことにならないために、
フィリピンでのマナーをしっかり勉強しておこう。

 

 

フィリピンの食事は、
スプーンとフォークが基本

 

右手にスプーン
左手にフォークを持つ事が
正式な食事マナーである。

 

あまりナイフを使うことはない。

 

 

時には右手にスプーンかフォークだけを持って

食事をすることもあるようだが、そういうときは、
左手は器を支えたりテーブルに置いたりせず、机の下に隠す。

 

というのも、左手を机の上に置くと肘をついているように
見えて礼儀が悪く見えるから。日本とは真逆だ。

 

 

フィリピンでは手づかみで、
食事をする文化が残っていると言われているが、
観光客が行くような都心のレストランではほとんど見られない。

 

 

日本では、ご飯にスープを入れる

いわゆる猫まんまマナー違反にあたるが、

フィリピンでは逆に
ご飯にスープを掛けて食べる事が一般的

 

こちらは東南アジアでは、
一般的な食事方法である。

 

 

また、日本ではゲップは失礼な行為だが、
フィリピンではたくさん食べたよ、という事になり
一応excuse meくらいは言うが、そこまでマナー違反ではない。

 

 

食事マナーとは関係ないが、食事中に関わらず、
人前で鼻をほじるのも割と平気でやるので、
心構えはしておいて損はない。

 

 

長らくスペインやアメリカの
植民地だったフィリピンには、
「チップ」の習慣がある。

 

日本ではあまり馴染みのない文化だが、
向こうではホテルや空港、レストランなど

様々な場所で当たり前の文化。

 

ただし、絶対に払う必要があるわけではない。

 

 

レストランなどでは、料金にサービス料が
含まれていることも。

 

含まれていない場合には、請求額の約5~10%程度
支払うか、おつりの端数をチップとするのが主流。

 

 

 

ビジネスで成功しても

あまり目立ちなくない控えめなあなたへ。

 

同僚にはないあなた独自の強みを発見し、
嫉妬深い性格におさらばしたくありませんか?

 

 

 

フィリピンでのマナーとタブー 知らないと危険!?

 

 

また、フィリピンでは、出された料理は少し残すのがマナー

 

すべて食べきってしまうと、
食事に招いたホストに料理が足りなかった
と言う意味、とされている。

 

 

これについては諸説あり、フィリピンのマナーと言われているが、
個人的には中国のマナーであり、
フィリピンではすべて食べてもマナー違反にならないと思っている。

 

華僑が多い地区だとこちらのマナーは適用されそうなので、
気になるようだったらレストラン内で、
他の客の振る舞いを見てみるといい。

 

 

スプーンのみ、フォークのみを使って食べたりする場合があるが、
この際、反対の手で器を支えるのは
マナー違反とされている。

 

使っていない手を机の上に置くと、
肘をついているみたいで不快感を与える、
と言うのが理由だ。

 

 

スプーン、フォークのみを使ってる場合、
反対の手を机の上に置くと、
礼儀が悪く見えるという事だ。

 

つまり、食事はもとより、
スープを飲む際も器は持たずに、
スプーンで飲み切るという事になる。

 

 

また、ナイフを使う習慣が無いので、
ナイフが無いと言ってウエイターに無理やり持ってこさせるのは、
基本的にNG

 

スプーンとフォークだと食器の音でうるさくなるが、
私の意見としてはあまり気にしないで
食事を楽しんだ方が良いと思う。

 

 

マナーとは関係無いが、
水道水は充分に浄水されていないので、
生水を飲むとお腹を壊すのでやめておこう。

 

ミネラルウォーターはどこでも買えるし、
500mlでも60円程度

 

必ずこちらを口にするように。

 

 

フィリピンには、食事以外にもタブーがある。

治安の悪い国なので、タブーを犯して現地人を
怒らせたりしたら、最悪殺されることもある。

 

 

一体どんな行動がタブーなのか?

 

特に重要なフィリピンでのタブー、
それは、人前で相手を叱りつけてはいけないということ。

フィリピン人は、案外プライドが高い

 

 

さらに、「叱ってしつける」という概念が向こうにはなく、
怒られたことがないという人が多数。そんなフィリピン人が
いきなり怒鳴りつけられたりすると、逆上して殺されかねない

 

 

実際に、フィリピン人を怒鳴りつけたところ、
逆恨みされて殺された外国人ビジネスマンがいたとか…

 

 

また、フィリピンはお年寄りを大切にする国民性
お年寄りには紳士的に接しよう。

 

 

まとめ

 

 

日本では失礼とされる食事マナーも、
フィリピンでは寛容とされていて、
逆もしかりという事が分かったと思う。

 

 

フィリピンは、中国、近隣東南アジア圏の文化と、
スペインとアメリカに支配されていたのでこちらの文化も入り混じっているので
日本のように固定された意識が無いと言うのが個人的な意見だ。

 

スペイン人が多い地域やレストランでは、
そちらのマナーが優先されるし、
中国人が多い地域ではそちらのマナーが優先される、といった形だ。

 

 

その為、食事に関してはある程度マナーは寛容で、
一般的な日本人の振る舞いであれば、
マナー違反に当たる事は少ないと思っている。

 

神経質にならず、
食事するレストランの傾向を観察しつつ、
食事を楽しむことが出来れば問題ないと考えている。

 

 

休暇に、安く旅行できるフィリピンなどの東南アジア地域に
お出かけ…なんてこともあるが、食事のマナーがわからず

不安なら、行く前にこの記事を読み返してほしい。

 

 

 

近年旅行先として、
注目されているフィリピン

 

セブ島に代表される、
ビーチやクルージング。

 

世界遺産サン・オウガスチン教会など、
観光名所も多数あり、人気の海外旅行先。

 

 

日本との時差が1時間で、
時差ボケが少ないのも魅力の一つ

 

 

現地の人も飾らず魅力的

フィリピン人なのに俺と同様、待つことが大嫌いなジョシュアとは
特に気が合う(笑)。

 

 

最低限のマナーを押さえて
フィリピン旅行を楽しもう。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ