フィリピンの食事マナー!食文化とマナー、タブー。習慣とマナー、特徴は手?値段(食事代)は?注意やおすすめのご飯、残すなどの文化を紹介


 

フィリピンの食事マナーの良し悪しは、

貧富の差にあまり関係ない。

 

要はディシプリン(親のしつけ)

大きな差になる。

 

 

現地在住者によるフィリピンの食事マナーの詳細、

フィリピンに住んでも尽きない安定収入を得る方法・・・

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

ご相談もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

フィリピン人の食事マナーは、
国内でも彼らが身近にいるなら、
「特別良くはない」ことに気づくだろう(笑)。

 

むしろ、ゲップをしたり、
貧乏ゆすりをしたりとダメな人の方が多い。

 

 

それでも、こちらがフィリピンに行くなら、
恥をかかないためにも
現地のマナーは知っておきたい。

 

ここでは現地在住者が、
フィリピンでの食事など
基本的なマナーについて紹介する。

 

 

 

フィリピンの食事マナー!食文化、食事でタブーなマナーとは?ご飯では左手がポイント?

 

フィリピンにはフィリピン流のマナーがあり、

日本では当たり前のことも、フィリピンでは通じないことも多い

 

向こうのマナーに添った行動をとらないと、
顰蹙を買ってしまうことに…そんなことにならないために、
フィリピンでのマナーをしっかり勉強しておこう。

 

 

フィリピンの食事は、
スプーンとフォークが基本

 

右手にスプーン
左手にフォークを持つ事が
正式な食事マナーである。

 

あまりナイフを使うことはない。

 

 

時には右手にスプーンかフォークだけを持って

食事をすることもあるようだが、そういうときは、
左手は器を支えたりテーブルに置いたりせず、机の下に隠す。

 

というのも、左手を机の上に置くと肘をついているように
見えて礼儀が悪く見えるから。日本とは真逆だ。

 

 

フィリピンでは手づかみで、
食事をする文化が残っていると言われているが、
観光客が行くような都心のレストランではほとんど見られない。

 

 

日本では、ご飯にスープを入れる

いわゆる猫まんまマナー違反にあたるが、

フィリピンでは逆に
ご飯にスープを掛けて食べる事が一般的

 

こちらは東南アジアでは、
一般的な食事方法である。

 

 

また、日本ではゲップは失礼な行為だが、
フィリピンではたくさん食べたよ、という事になり
一応excuse meくらいは言うが、そこまでマナー違反ではない。

 

 

食事マナーとは関係ないが、食事中に関わらず、
人前で鼻をほじるのも割と平気でやるので、
心構えはしておいて損はない。

 

 

長らくスペインやアメリカの
植民地だったフィリピンには、
「チップ」の習慣がある。

 

日本ではあまり馴染みのない文化だが、
向こうではホテルや空港、レストランなど

様々な場所で当たり前の文化。

 

ただし、絶対に払う必要があるわけではない。

 

 

レストランなどでは、料金にサービス料が
含まれていることも。

 

含まれていない場合には、請求額の約5~10%程度
支払うか、おつりの端数をチップとするのが主流。

 

 

 

フィリピンでの食事、習慣とマナー。タブーを知らないと危険?

 

また、フィリピンでは、出された料理は少し残すのがマナー

 

すべて食べきってしまうと、
食事に招いたホストに料理が足りなかった
と言う意味、とされている。

 

 

これについては諸説あり、フィリピンのマナーと言われているが、
個人的には中国のマナーであり、
フィリピンではすべて食べてもマナー違反にならないと思っている。

 

華僑が多い地区だとこちらのマナーは適用されそうなので、
気になるようだったらレストラン内で、
他の客の振る舞いを見てみるといい。

 

 

スプーンのみ、フォークのみを使って食べたりする場合があるが、
この際、反対の手で器を支えるのは
マナー違反とされている。

 

使っていない手を机の上に置くと、
肘をついているみたいで不快感を与える、
と言うのが理由だ。

 

 

スプーン、フォークのみを使ってる場合、
反対の手を机の上に置くと、
礼儀が悪く見えるという事だ。

 

つまり、食事はもとより、
スープを飲む際も器は持たずに、
スプーンで飲み切るという事になる。

 

 

また、ナイフを使う習慣が無いので、
ナイフが無いと言ってウエイターに無理やり持ってこさせるのは、
基本的にNG

 

スプーンとフォークだと食器の音でうるさくなるが、
私の意見としてはあまり気にしないで
食事を楽しんだ方が良いと思う。

 

 

マナーとは関係無いが、
水道水は充分に浄水されていないので、
生水を飲むとお腹を壊すのでやめておこう。

 

ミネラルウォーターはどこでも買えるし、
500mlでも60円程度

 

必ずこちらを口にするように。

 

 

フィリピンには、食事以外にもタブーがある。

治安の悪い国なので、タブーを犯して現地人を
怒らせたりしたら、最悪殺されることもある。

 

 

一体どんな行動がタブーなのか?

 

特に重要なフィリピンでのタブー、
それは、人前で相手を叱りつけてはいけないということ。

フィリピン人は、案外プライドが高い

 

 

さらに、「叱ってしつける」という概念が向こうにはなく、
怒られたことがないという人が多数。そんなフィリピン人が
いきなり怒鳴りつけられたりすると、逆上して殺されかねない

 

 

実際に、フィリピン人を怒鳴りつけたところ、
逆恨みされて殺された外国人ビジネスマンがいたとか…

 

 

また、フィリピンはお年寄りを大切にする国民性
お年寄りには紳士的に接しよう。

 

 

 

フィリピンの食事の特徴…まずいって本当?

 

フィリピンの食事内容は、米が多いので、わりと親近感を感じる。

フィリピン料理はエスニック料理の中では、

あまり辛くないのも特徴。

 

フィリピン人は、おかずよりもご飯を多く食べるので、

1日の炭水化物の摂取量がかなり多い

 

フィリピンにも食事摂取基準があり、

国民の栄養摂取基準量を定めている。

フィリピンの「食事バランスガイド」のようなものだ。

 

 

フィリピンのバナナは種類が豊富で美味しい。

フィリピン食事バナナ」とも呼べるほど調理用のバナナなども含め、

 

日本にはないバナナがたくさんある。

バナナの葉で包むなどの調理法としても活用されている。

 

まずいという声を聞くことも多いフィリピン料理だが、

意外と日本人の口に合うものも多い

 

 

 

フィリピンで食事、マニラでおすすめは?値段も紹介。食事代は誘ったほうが…注意したいこと

 

フィリピンでは、手づかみで食事する文化があるが、

現在は観光客が行くようなレストランではほとんど見られない

 

 

再度おさらいしよう。

 

フィリピンでは、右手にスプーンを、

左手にフォークを持つのが、正式な食事のマナーである。

あまりナイフを使うことはない。

 

右手にスプーンかフォークだけを持って食事をするような場合、

左手は机の下に隠すのがフィリピンの食事場所でのマナーだ。

 

フィリピンでは、食事中に左手を机の上に置くと

肘をついているように見えるので礼儀が悪い。日本とは真逆だ。

 

 

日本では、ご飯にスープをかける、

いわゆる猫まんまはマナー違反にあたるが、

逆にフィリピンではご飯にスープをかけて食べるのが一般的

 

また、日本ではゲップは失礼な行為だが、

フィリピンでは「たくさん食べた」という事になり、

一応「excuse me」くらいは言うが、そこまでマナー違反には当たらない

 

 

フィリピンでは、食事の時、出された料理は少し残すのがマナー

残さず食べきってしまうと、食事に招いたホストに対して

料理が足りなかったと言う意味、とされている。

 

これについては諸説あり、フィリピンのマナーと言われているが、

個人的には中国のマナーであり、フィリピンではすべて食べても

マナー違反にならないと思っている。

 

もし気になるようだったらレストラン内で、

他の客の振る舞いを見て参考にするといい。

 

 

フィリピンには、食事のマナー以外にもタブーがある。

治安の悪い国なので、タブーを犯して現地人を怒らせたりしたら、

最悪の場合、殺されることもあり得る。

 

 

一体どんな行動がタブーなのか?

 

特に重要なフィリピンでのタブー、それは、

人前で相手を叱りつけてはいけないということ。

フィリピン人は、案外プライドが高い。

 

さらにフィリピンには、「叱ってしつける」という概念がなく、

怒られたことがないという人が多数。

 

そんなフィリピン人が、いきなり怒鳴りつけられたりすると、

逆上して殺されかねない。

 

 

また、フィリピンはお年寄りを大切にする国民性なので、

お年寄りには紳士的に接しよう。

 

 

店を探すには、マニラのおすすめレストランを紹介しているサイトが参考になる。

【参考:http://plus-life.jp/manila-restrant10/】

 

最初に紹介されている「コーナーツリーカフェ」は、

値段も手頃で人気のあるベジタリアンレストランだ。

【参考:http://primer.ph/eat/genre/cafe/corner_tree_cafe_2/】

 

 

友人を誘って食事に行く場合、どちらが食事代を出すのか?

 

フィリピンでは、お金を持っている方が支払うのが普通。

フィリピン人は、外国人は基本的に金持ちだと思っているので注意が必要だ。

 

 

 

 

 

ところで、フィリピンの食事は

日本ではあまり人気がない(笑)。

 

 

だから、俺のようにこちらに移住した人間や

フィリピンパブに行くのが好きな人以外には

馴染みがないが・・・

 

意外と日本人の口に合うものも多いことは、

実際現地に来てみて気づいた。

 

 

 

日本人向きのフィリピンフード

 

フィリピンではその支配の歴史から、言葉など様々な国の

文化がミックスされているが・・・フードに関しては中華料理の

影響を受けているため、日本人の味覚に合うものも実は少なくない

 

 

肉をカリカリにしたシシッグは、俺の大好物。

 

元カノのアーメルの地元パンパンガが発祥といわれていて、

ビールのつまみなどにも最高。日本人ならクセになる味だ。

 

 

同様に日本人の口に合うとすれば、やはりアドボ

 

チキンや豚肉を醤油やビネガーで煮込んだもので、

フィリピンフードとしては最も有名。

 

 

その他、フィリピン風春巻きのシャンハイルンピア

しっとりした焼きそばのようなパンシットカントン

 

味噌煮込みうどんのようなマミ、ビーフシチューに似た

カルデレータも日本人なら好きな味。

 

レチョンは子豚の丸焼きなので、見た目からして厳しいという

人もいる。しかし食べてみると、とても美味しいことに気づく。

 

スイーツでいえば、日本でも人気のハロハロ

俺も大好きなレチェフランなど。

 

 

フィリピンの食事の特徴は欧米のようなパンではなく、

お米がメインフードであること。

 

使われている野菜の種類が多くはなく、鳥・豚・牛など

とにかく肉が多い。魚も生で食べることはなく火を通す。

 

 

調味料には醤油、ビネガーなど日本でも馴染みのものが

使われており、全般的にオイリーで甘めのテイスト、

辛い食べ物が少ないのも特徴。

 

これを聞いて何となく分かるように、決してヘルシーとは

いえない。俺が必死に現地でサプリメントを勧めているのも

そのせい(笑)。

 

 

 

日本人に向かないフィリピンフード

 

食べ物は好みの話なので、ここに挙げるフィリピンフードが

大好きな人もいる。あえて一般論として語りたい。

 

 

まずは多くの人が見た目からして敬遠する、バロット

 

ふ化直前の有精卵を茹でたもので、とにかく見た目も

味も厳しい。俺は大勢のフィリピン人の前でこれに

チャレンジし、丸ごと平らげその勇気を讃えられたが(笑)。

 

 

また、とにかく酸っぱいスープのシニガン

仲間を始め、インタビューしたほとんどの人が

好きではなかった。

 

見た目がカレーに似ているものの、ピーナツソースベースで

つくられたカレカレも日本人には馴染みがない味。

 

その他、屋台で食べられるストリートフードにも

日本人に合うものと合わないものはやはりある。

 

 

ちなみに日本にフィリピン発のファーストフード、ジョリビー

上陸するという話を聞いて楽しみにしているのは、京都の夏田さん。

 

マクドナルドが世界で唯一、ファーストフード業界

ナンバーワンのシェアを奪えなかったのがフィリピン。

 

ジョリビーはCMで子供の心をつかんでいたことが

功を奏している以上、日本で同じようにはいかないだろう。

 

 

 

まとめ

 

フィリピンは身近な国のひとつだが、

さてフィリピンの食事マナーなどはご存じだっただろうか?

 

フィリピンに行くなら、

恥をかかないためにも現地のマナーは知っておきたい。

 

ここでは現地在住者が、

フィリピンでの食事など基本的なマナーについて紹介した。

 

 

日本では失礼とされる食事マナーも、
フィリピンでは寛容とされていて、
逆もしかりという事が分かったと思う。

 

 

フィリピンは、中国、近隣東南アジア圏の文化と、
スペインとアメリカに支配されていたのでこちらの文化も入り混じっているので
日本のように固定された意識が無いと言うのが個人的な意見だ。

 

スペイン人が多い地域やレストランでは、
そちらのマナーが優先されるし、
中国人が多い地域ではそちらのマナーが優先される、といった形。

 

 

その為、食事に関してはある程度マナーは寛容で、
一般的な日本人の振る舞いであれば、
マナー違反に当たる事は少ないと思っている。

 

神経質にならず、
食事するレストランの傾向を観察しつつ、
食事を楽しむことが出来れば問題ないと考えている。

 

 

休暇に、安く旅行できるフィリピンなどの東南アジア地域に
お出かけ…なんてこともあるが、食事のマナーがわからず

不安なら、行く前にこの記事を読み返してほしい。

 

 

近年旅行先として、
注目されているフィリピン

 

セブ島に代表される、
ビーチやクルージング。

 

世界遺産サン・オウガスチン教会など、
観光名所も多数あり、人気の海外旅行先。

 

 

日本との時差が1時間で、
時差ボケが少ないのも魅力の一つ

 

 

現地の人も飾らず魅力的

フィリピン人なのに俺と同様、待つことが大嫌いなジョシュアとは
特に気が合う(笑)。

 

 

最低限のマナーを押さえて
フィリピン旅行を楽しもう。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは12件です

  1. はる より:

    スプーンとフォークを同時に使うんですか?!
    知らなかったです!すごい!
    マナーは知っていて損はないですよね、勉強になります!

  2. るまんど より:

    右手にスプーン、左手にフォークという持ち方はしたことがないです。
    肉を切ったりしないのですか?
    もしフィリピンに行くことがあっても、うまく食べられるか不安になってきました。

  3. あや より:

    フィリピンではスプーンとフォークを両手で持つんですか!初めて知りました!猫まんまもアジア圏では普通なんですね。

  4. わかな より:

    出された料理を少し残したり、反対側の手でお皿を触るのがダメだなんて、そのようなマナーは知らなかったです。

  5. まいやん より:

    食事のマナーって国によっていろいろあっておもしろい。
    スプーンとフォークの組み合せは珍しいのかな。
    ステーキを切るときはどうするのでしょうか?かぶりつく?

  6. あい より:

    手を食器に添えるのがマナー違反となるのでしょうか?
    お皿、ズレませんか?笑
    ナイフがなくてスプーンとフォークを両手に持つのは難しい、、

  7. さら より:

    色々なマナーがあるんですね。
    少し残すのがマナーとは意外です。
    あとゲップがポジティブな考えなことにもびっくりです!

  8. さえ より:

    ゲップも貧乏ゆすりもクチャラーも無理です。
    親の顔が見たくなります。
    ただ両手にスプーンとフォーク持っているのは論外でした。笑

  9. みまみま より:

    食事のマナーは各国違うので、失礼にならないようにしっかり勉強していきたいですね。
    ナイフを使わないのはおもしろいというか、難しくないですか?
    柔らかいお肉が多いのでしょうか?
    つい皿に左手を添えたくなるので、気をつけなきゃ。

  10. かや より:

    手づかみは観光客はやらなくても大丈夫なんですね。
    猫まんまはマナー違反なのに、左手はお皿に添えなくてもいいなんて不思議です!

  11. ゆずくんのママ より:

    食事を少し残すのは中国のマナーですね。
    つい最近、このマナーをやめるようにというお達しが出たとか。
    もったいないって意識があるようです。
    食事のマナーって各国で違っていて、ホント難しいです。

  12. なっちゃん より:

    「郷に入れば郷に従え」マナーは相手の国に合わせるべきだと思います。
    日本に旅行で来た外国人が、そばをすする音をやめてほしいと言ってるのを聞いて
    「はぁ?」って思いました。
    フィリピンに行ったら、フィリピンのマナーで食事をしたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ