フィリピン女性が怒るポイントは?フィリピン女性の性格の特徴


 

 

フィリピン女性は明るくて情熱的な分だけ喜怒哀楽も激しい。

日本人女性とは違うフィリピン女性の怒るポイントを知るには、

まず、彼女たちの性格を熟知しておくことが必要だ。

 

フィリピン女性の性格を簡単に言うと、

世話好き・愛情深い・情熱的・嫉妬深い

という言葉で表せると思う。

 

 

フィリピン女性が怒るのはこのフレーズ!地雷を踏まないために

 

 

フィリピン女性の性格と合わせて、

彼女たちを怒らせる言動を考えよう。

 

フィリピン女性はまっすぐで自分の感情に正直だ。

 

好きになった人が自分にとって

すべてになるから全力で尽くすし、

だからこそ裏切りは決して許さない。

 

浮気を疑うような行動が見つかれば、

冷蔵庫やテレビを倒したり投げたり、

包丁を持ち出したりと日本の常識からは考えられない行動にでる。

 

理性より感情が勝ってしまうのだ。

 

 

まず、フィリピン女性と付き合い始めたら、

彼女一人に愛情を注ぎ大切にすることだ。

 

また、フィリピン女性はプライドが高いことでも有名。

 

特に教師など

社会的に認められている仕事をしている人はプライドが高く、

自尊心を傷つけられたり注意されたりすることをよく思っていない。

 

そのため、

人前で注意したり怒ったりするのは、

絶対避けるべきだ。

 

 

また、バカにしたりからかったりするような言葉も厳禁。

 

「ばか」「あほ」のような言葉は、

フィリピンのタガログ語にもあり

冗談めかして使えるときもあるが、

 

外国人が使うと生意気に聞こえたり、

使う場面が適切でなかったりすることもあるため、

相手が過剰に反応してしまうかもしれない。

 

怒らず、

まずじっくり相手の話を聞いて受けとめ、

冷静にこちらの意見を伝えることが必要だ。

 

相手といい関係を維持することを

意識することがポイントだ。

 

 

さらに、

フィリピン女性は恋人だけでなく

家族もとても大切にする。

 

フィリピンパブで働く女性の多くが

収入のほとんどを家族に仕送りするように、

自分を犠牲にしてでも家族を守ることを普通だと考えている。

 

だから、

家族をバカにするような言動はしてはいけない。

 

 

「プータン イナ モ(この馬鹿野郎!)」というタガログ語は、

実は「娼婦 母親 あなたの」と訳される。

 

家族を侮辱する言葉だから、

くれぐれも日本語の意味だけを見て使わないように。

 

 

フィリピン女性はわがままでしつこい?どこまでが愛情?許せる?

 

 

フィリピンではあまり子どもを厳しくしつけない。

 

知り合いの幼稚園教諭に聞いた話だが、

 

園で過ごす初めての日のおやつの時間に、

ほかの園児が列を作って並ぶ中、

 

フィリピンとのハーフの幼稚園児が

おやつに向かって突進してきたそうだ。

 

 

日本では当たり前のように教えられていることも

フィリピンではそうではない。

 

特にかわいいフィリピン女性は、

ちやほやされて育ってきた可能性があり、

基本的にわがままで自分勝手だ。

 

 

さらにしつこさもある。

 

付き合っている男性に妊娠したことを告げて

相手が逃げたりすると、

 

親戚やいろいろな人の手を借りて

相手の男性を探し出しお金を要求する、ということも

あるくらいだ。

 

 

そんなフィリピン女性とどう付き合っていくかは‥

こちらがどれだけ大人になれるかだと思う。

 

 

こちらが主張するより、

 

きちんと相手と向き合って

どうすればいい気分でいてもらえるか

考えられる余裕が持てれば、

 

それはまだ愛情があるということ。

 

 

相手にムカついて怒鳴ったりしてしまうなら、

もう許せない=愛情は持てないということだ。

 

 

まとめ

 

 

フィリピン女性とうまく付き合うには、

「お互いに笑顔でいられる関係を保つこと」が

求められると言えそうだ。

 

しかし、我慢する必要はないのだ。

 

できないときには笑顔で「ごめん。できない」ということ。

 

伝えたいことは冷静に話すこと。

 

こんな簡単でシンプルなことができれば、

きっとフィリピン女性と幸せなお付き合いができる。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ