フィリピンで貧困に負けない彼らから学ぶこととは?


30911326596_e06557430e_b

 

 

貧困にあえぐフィリピン・・・

 

 

そう思って到着したマニラ、空港の入り口で

アテンドした浅利さん。

 

マカティの超高層ビル群を見て、目を丸くしていた。

 

 

 

 

 

フィリピン人が貧困でも笑顔をなくさない理由

 

 

下見なしで移住してきて、すでに数年。

 

フィリピンの気候の心地良さと、南国特有のゆったりとした人々と

笑顔に囲まれ、貧困といわれるこの地で、日本にいた時よりも

ストレスなく楽しく暮らしている。

 

 

浅利さんがそうだったように、このフィリピンには貧しい

イメージがつきまとう。それは「ワンピース」のモチーフになった

かつての有名なスモーキーマウンテン、また貧困街の画像がネットに

出回っているから。

 

そういった場所はもちろん、今でも多くの地域にある。

 

しかし一方で高級コンドミニアムやセキュリティ万全のビレッジが

各地にあり、ランボルギーニなどの高級外車が街中をガンガン走り

回っているのもフィリピンの別の一面。

 

要はフィリピンという国も、日本以外の多くの国がそうであるように、

貧困というよりも格差が極端に大きいということだ。この国の実際の

経済成長率の高さは、数字が如実に物語っている。

 

 

ところで、フィリピン人は貧しいのに日本人よりも楽しそうなのは

なぜか考えたことはあるだろうか?俺の場合は現地に来て貧困の

現状を目の当たりにし、それに思いを馳せた。

 

彼らの文化を示す4つの「F」。

そこにヒントを垣間見たのは、つい先日のこと。

 

ファミリー(家族)

フェイス(面子)

フェイス(信仰)

フェスタ(祭り、祝い事)

 

家族や仲間で支え合う、信じる、

そして今という時を思いっきり楽しむ。

 

日本人は逆に、面子を過剰に気にしながらストレスまみれになっている

一方で、フィリピン人が持つ他の3つのFをほとんどなくしてしまって

いる。

 

これが、日本の自殺率の高さにも

つながっていると思えてならない。

 

 

 

貧困でもフィリピンは楽園。安定収入を

得ながらここで楽しく暮らせる理由とは

 

 

 

 

貧困に負けないフィリピン人から学ぶこと

 

 

「ポストカードの裏と表」とは薫さんがよく使っていたフレーズ。

 

苦労と良いことの面積はポストカードのように同じであり、人は

誰しも、苦難を経験した分だけ幸せを手にできるということ。

 

 

また苦しさや辛さは人の痛みを知ることであり、人間的に大きく

成長できるチャンスでもある。苦しさや辛さは、次の幸せのための準備。

 

人間の運気の流れにもサイクルがある。同じ人が常に絶好調と

いうこともないし、良い時があれば悪い時もあるのが普通。

 

 

長い人生には、俺が離婚の前後まさにそうだったように、

辛いことや苦しいことが信じられないほどたくさん起きてくる。

 

受け止め方はそれぞれだが、そんな時どう考えるかによって

その後の飛躍の度合いが大きく変わる。

 

困難な時ほど強い決意を持って生きれば、困難がむしろ次への

大きなステップになる。そしてさらに多くのチャンスに出会い、

よりたくさんの人が協力してくれるようになる。

 

adelも含め身近でフィリピン人達を見ていると、宗教観からなのか

これが腹の底で腑に落ちている気がする。

 

だから俺は困難な出来事に出会っても、

感謝をすることを彼らから学んだ。

 

 

困難を乗り越えた人の言葉には、他の人にはない魂の力がある。

 

 

人生はうまくいった話よりも、失敗のエピソードのほうが魅力的

だったりする。成功・成功・成功、全て完璧で一つ残らず思い通りに

事が進んだ・・・そんな話は退屈すぎて映画にならないだろう(笑)。

 

たくさん失敗した人のほうが、壮絶な現実を見てきている分

かえって面白い人生を歩んでいるし、人柄も魅力的だ。まさに

薫さんのように。

 

 

日本に生まれたことに感謝しつつ、

他の国の人から大切なことを学んでいく。

 

仲間とこれを続けたい。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. チョコカ より:

    貧困にも負けず笑顔で楽しんでいるフィリピンの方はとても尊敬に値すると思います。綺麗な島もたくさんですね。色々と彼らから学ぶことはありそうです。確かに日本とはかなり違うと思いますが目指すところは同じなのではないでしょうか?

  2. テラ より:

    苦しさや辛さは、次の幸せのための準備、良い言葉ですね。幸せな事だけの人生なんて絶対にないし、苦労した分その先にある幸せがより一層ありがたく感じられると思います。フィリピンの人々の考えを見習いたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ