現地在住者が語るフィリピンのATM


 

 

あなたはフィリピンで

ATMを使ったことはあるだろうか?

 

 

 

なぜか最近、このセブに来るフィリピン好きの

モテ仲間の間でATMに関するトラブルをよく

耳にするようになった。

 

 

 

 

 

フィリピンのATMの使い方

 

 

フィリピンでお金をいつでも引き出せるように、クレジットカードや

デビットカード、国際キャッシュカードをできれば2枚以上を持っておこう。

幸いこの国には、ATMがあちこちにある。

 

VISAがついていれば、ほぼ全てのATMで引き出せるし

土日24時間関係ないので日本よりも便利。

 

日本でチャージして海外で使えるネオカードを教えてくれたのは、

セブシティで知り合った新山さんだった。

 

 

使い方としては、

 

カードを入れて英語での案内を選択。

 

「withdraw」を選んだ後、国際キャッシュカードや

デビットカードの場合は「Savings」、クレジットカードの場合は

「Credit card」を。

 

Pinというのは暗証番号のこと。

 

 

カードが先に出てくるが、飲み込まれることもあるので

すぐに受け取ること。

 

現金はその場で数え、レシートは取っておく。

 

 

ちなみにフィリピンのATMで日本の銀行から

お金を引き出す場合は、1回200ペソ(約450円)かかってしまう。

 

それでもレートがマネーチェンジャーに比べて

悪くないので助かる。

 

 

また注意点として、1日の引き出し額の上限が決まっていること。

 

UFJデビットの場合は一日1万ペソまでと、かなり不便。

コンドミニアムの契約の際、毎日引き出しに行ったのを覚えている(笑)。

 

 

 

フィリピンのATMの上手な使い方など

現地生活の知恵、場所を問わない安定収入の構築法

 

 

 

 

フィリピンのATMでトラブった場合

 

 

俺がマラテのコンドミニアムに住んでいた頃。フィリピンで

初めて経験したのが、ATMで金額が差し引かれているのに

お金が出てこなかったこと。

 

この時は銀行ではなく、普通のビルの壁に

備えつけられたATMだったので本当に困った。

 

日本にあるUFJデビットのサポートに電話をかけ

返金を求めたものの、状況を特定することが難しかったため

お金が戻るまでに3ヶ月以上かかったのを覚えている。

 

 

言うまでもなく、それ以降はスタッフがいる

営業時間中の銀行だけで引き出すことにした。

 

これなら、またトラブってもすぐに現地の銀行で

クレーム担当の連絡先を聞くことができ、その情報を

日本の銀行やカード会社に伝えれば2週間程度で返金を受けられる。

 

 

フィリピンでATMを使う場合、お金を引き出す場所と時間帯を選ぶこと。

トラブったらすぐにスタッフに事情を伝え、情報を日本の会社に連絡すること。

 

面倒を避けるためにも

これを徹底してほしい。

 

 

 

仕事の将来を憂いてフィリピンに島暮らしの移住

アメリカ人と恋愛しているのはATMに詳しい晋平。

 

決めつける人の心理を克服し、恋愛における尊敬の大切さをかみしめた彼。

俺と同じくフェミニストなのは意外と知られていない(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ