現地在住者が語るフィリピンの化粧品


 

 

フィリピンの化粧品を

試したことはあるだろうか?

 

 

 

俺の場合はそもそも、美容や健康のプロダクツを扱う

ダイレクトマーケティングビジネスを現地で立ち上げるために

渡航したフィリピン。現地の化粧品については当初から関心の的だった。

 

そして現地に行ってみて驚いたのが、

美白に関心があるフィリピン人女性が

いかに多いかという事実。

 

 

 

 

 

フィリピンの化粧品の特徴

 

 

フィリピンの化粧品といえば、何と言っても南国らしく

パパイヤやココナッツを素材にしたものが人気であるということ。

 

特にパパイヤについては、万能のビタミンであり

美白にも効果があるビタミンC、またファイトケミカルスの

リコピンやベータカロテンが豊富に含まれている。

 

 

フィリピンで人気のブランドとしてはGTやリカス、

シルカあたりが日本人女性にも好評で、これらの美白石鹸は

化粧品のラインナップとして使われている。

 

特にGTのブリーチングソープは、

美白効果に定評。

 

 

とにかく肌の白いことが

フィリピンでの「美人」の代名詞。

 

友達のキャロルのように、注射までして白い肌を求めるのは

どうかと思うし(笑)、個人的にはアジアンビューティ、自分の

人種の肌の色を大事にしたらいいというハンナの意見に同意なのだが・・・

 

いずれにしても、白人や日本人など

色の白い外国人が現地でモテるのも事実。

 

 

ちなみにフィリピンの大きなモールでは、

各国にあるようなグローバルブランドの化粧品はほとんど買える。

 

また韓国ブランドや日本の化粧品も人気。

日本の製品は当然輸入している分高いので、

フィリピンで買う理由はないが。

 

 

 

フィリピンに住んでスパやマッサージを楽しみ、

高品質の化粧品を安く手に入れるコツ、

場所を問わない経済力のつくり方を学ぶ場所

 

 

 

 

最もおすすめのフィリピン化粧品

 

 

セブだったら、周りのフィリピーナの間で人気なのが

俺が一時マーケティングを手伝っていた語学学校がある

キャピトルの「ヒューマンネイチャー」というお店。

 

やはりオーガニック、自然な製品は

こちらでも人気がある。

 

 

そして俺が20年以上使い続けていて、フィリピンでも

購入できるのがアーティストリーの化粧品。

 

俺の場合はメンズを愛用しているが、年齢不詳を維持するためにも(笑)

化粧水とミルキーローションは手放せない。

 

 

ただし、これは会員制のプロダクツであり

市販されていない。

 

何しろランコム・エスティローダー・シャネル・クリニークという

世界トップ4の売り上げを抑えて世界で最も流通しているブランド。

 

リピーターの数のすさまじさが、

それが本物であることの証明。

 

フィリピンでそれを売ってくれるメンバーに会えたらラッキーだが、

もし知人がおらず個人的に紹介を希望する場合はニュースレターから連絡を。

 

 

 

 

ところで、美人の女性と聞いて

あなたはどんな想像をするだろうか?

 

フィリピン女性が憧れる「美白」が

美人の条件なら、そもそも彼女達のほとんどが

対象から外れる(笑)。

 

 

「そりゃあ、鼻筋が通っていて小顔で、

目がクリクリで大きくて・・・」

 

聞いてもいないのにそんなことを語り始めたのは、

自他共に認めるメンクイのテツだった(笑)。

 

 

 

 

 

女性の「美人」の本当の意味

 

 

美人の女性と言うと、やはり可愛い子

綺麗な子という返答が日本人からは多いが・・・

 

女性は特に見た目が重視される傾向にあるので、

致し方ないところもある。

 

 

しかし個人的には「美人の女性」と言うと、

どうしても内面のことを重視してしまう。

 

というのも、その女性の顔がどんなに整っていても

性格のマイナスな部分を見てしまうと、途端に

その見た目すら醜悪に感じ美人と思えなくなってしまうから(笑)。

 

逆に、それほど一般的にモテる美人女性でなくても、

笑顔が素敵だったり言葉遣いが綺麗だったりすると

その人はたちまち魅力的に映る。

 

 

ちなみに俺のように、心や言葉遣いが綺麗な女性を

美人と定義する男性はモテ仲間にも少なくない(笑)。

 

 

 

 

 

美人女性の条件

 

 

さっきも語ったように、まず自然な笑顔が素敵な女性。

俺が日本人のなっちゃんをココロ美人と思えたのも、

これが大きい。

 

「笑顔が嫌いな人はいない」・・・一人さんがそう話していたが、

笑顔は多くの人を癒し、また味方をたくさんつくってくれる。

 

 

次に、言葉遣いが綺麗なのは

何より俺が重要視していること。

 

やたらと男言葉や省略語を使ったり、

流行りの言葉を何も考えず使っていると

それだけで魅力が落ちてしまう。

 

一方で、どんなに見た目が今っぽくても

丁寧で女性らしい言葉遣いができると、魅力が倍増する。

 

特に日本語は崩れやすいので、周りに影響されず

綺麗な言葉を使える女性はそれだけで惚れてしまうし(笑)

本当の意味で美人だと感じる。

 

言葉が人格をつくるというのは、

男女ともに言えることだから。

 

 

そして最後に見た目だが・・・これについては、

肌をきちんとケアしていること。

 

特に、顔に適度なツヤがあることは男性女性問わず 
モテる重要な条件となる。一般的に美人ではないとしても、

肌にツヤがあってスベスベだと可愛く見えてしまう。

 

監査法人の元同僚のフルさんは、

顔や肌よりも胸元のミサイルを最重視していたが(笑)。

 

 

 

フィリピンの石鹸白人の嫁に勧めていたのは、女性の化粧品に詳しく

バンコクのゴーゴーバー、特にバンコクのナナプラザ好きの若林さん。

 

アイルランド文化に最近興味を持っている彼も、

俺と同じ大のソフトクリーム好きだ(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ