現地在住者が語るフィリピン視察


 

 

「今度フィリピンに視察に行きます!」

 

 

 

モテ仲間の西山さんから

そんな連絡をもらったのは、セブに遊びに来ている

かなとデートしている最中だった。

 

 

 

 

 

フィリピンを視察する人が増えている

 

 

俺がフィリピンでダイレクトマーケティングビジネスを立ち上げるために

初めて視察に訪れた、マカティ。

 

そして、経済成長著しいフィリピンの中でも投資対象地域として

知名度が上がっているオルティガスやボニファシオグローバルシティには、

視察に来る日本人が増えている。

 

 

特にボニファシオはシンガポールと錯覚してしまうほどで、

ここがとても後進国フィリピンとは思えない(笑)。

 

何しろ物も家賃も高く、その分治安が良いため

夜間にもジョギングしている人がちらほら見えたりする。

 

 

個人的にはフィリピンの中でもマニラやセブといった人気の場所には

もう不動産投資の可能性はなく、今から視察に来る動機が疑問。

 

マニラではeゲームのようなカジノのシェアなど、

ビジネス投資の余地はあると考えているが。

 

ちなみに俺がこの国で最後に投資したのが、

パングラオ島のリゾートホテル物件だった。

 

 

そして今増えているのが、現地で発展途上国フィリピンを

支援しようという日本のベンチャー企業。

 

プログラミングスクールやコワーキングスペースを提供するビジネスは

セブでも見かけたし、またインターネットをより快適に活用できるようにと

尽力する会社もある。

 

 

 

フィリピン視察後に気に入ったら現地移住も。

それを可能にする「場所を問わない収入」とは?

 

 

 

 

フィリピンを視察するなら気をつけたいのは

 

 

とにかくフィリピンを視察して多くの人が驚くのが、

そのすさまじい交通渋滞と排気ガスのすごさ。

 

マニラの場合は、トラフィックで

1時間半タクシーの中にいるのは当たり前だった。

 

そしてマカティやモールオブエイシアからの、

あのタクシーのつかまらなさ。

 

俺が現地にいた頃はGrab taxiが使えなかったので、

移動のたびに本当に不便だった。雨が強い日は特に。

 

多くの人が視察に訪れる、安全な街として有名なマカティ。

この辺りを移動する場合は、日曜日など空いている日を選びたい。

予約するホテルの場所にも注意を。

 

 

そして今もビジネス街として、実は

多くの現地企業が本社を置いているマラテ。

 

ここはナイトライフの街としても有名だが、夜歩く場合は

特に気をつけたい。マビニ辺りはよく恐喝が起きたりする。

 

日本人と一目で分かる格好でフラフラしないこと、日本語で

話しかけてくる現地人や現地に溶け込んだ雰囲気の日本人を相手にしないこと。

 

バーでの昏睡強盗に気をつける必要があるし、人混みでは

当然スリや置き引きに注意するなど、基本的な注意事項をしっかり守りたい。

 

 

 

フィリピンとビルバオ観光の後に中国女性と付き合い始めたのは、

日本人向けの視察ツアーを多く主催するチェコビール好きの樫山。

 

俺と同じフェミニストの彼の関心は今、

デンマーク製自転車シンガポールリゾートだ。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ