フィリピン人の妻を持つとトラブルが多いって本当?逃げられない?


 

フィリピン人の妻とのトラブルで多いのは

浮気、そしてお金の問題。

 

日本人男性の夫が刺されたり局所を切り落とされる

何て事件もフィリピンでは起きているので、気をつけよう。

 

 

現地在住者によるフィリピン妻と上手くいく方法、

フィリピンに住んでもオンラインで安定収入を得る具体的な方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

陽気で前向き、パートナーに尽くすと言われているフィリピン人の妻だが

トラブルが多いという噂も聞くだろう。

 

 

今回はフィリピン人妻とのトラブルについてみてみよう。

 

 

 

フィリピン人を妻にするなら気を付けたい事。トラブル防止に!

 

フィリピン人は家族をとても大事にする国民性だ。

 

幼い頃から大家族で親戚もたくさんいて両親の愛情たっぷりに育つので

家族がとても大好き。

 

家族の入学式や卒業式に参加するのは当たり前。

 

家族ファーストと言う言葉あるくらいだ。

 

 

また、お金を持っている人が持っていない人にお金を渡すのは当たり前で、

それがカッコいい大人とされている。

 

つまり、日本人と結婚すると家族の為にひたすら送金する事になる。

 

 

俺の知り合いは、働いて余裕のある2万円だけ送金する。

と言われて納得していたが、

よくよく調べてみると月に10万円以上も送金していた。

 

どこにそんなお金があったかと言うと、マイホーム用に貯金していた

お金を切り崩して送っていた。

 

バレた時にいたずらが見つかった程度の態度だったので旦那さんは

あきれ返っていた。

 

 

 

フィリピン人の妻と長続きさせるには、夜は早く帰宅すべし!

 

フィリピン人の特徴として、愛情がとても深い

 

毎日送り迎えしてくれるし、人前でもイチャイチャしたがるし、

ストレートな愛情表現を向けてくれる。

 

その裏返しとしてとても嫉妬深い。

 

女性と飲みに行くなど絶対許してくれないし、何ならスマホの電話帳から

女性の名前の登録を全て消すくらい当たり前に要求してくる。

 

なので、仕事が終わったら帰るコールをしてさっさと家に帰ろう。

 

早めに帰宅する事でフィリピン人妻は上機嫌で尽くしてくれるだろう。

 

 

 

フィリピン人の妻の永住権ってどうなっているの?

 

結婚したからと言ってすぐに永住権が貰えるとイメージしがちだが

結構大変な手続きがある。

 

日本人と結婚した人は日本人の配偶者等という在留資格を貰えるが

すぐに「永住」の在留資格をもらえるわけではない。

 

 

まずは「日本人の配偶者等」という在留資格を取得する所から始める。

 

これも、必ずもらえるという保証は無く、きちんと日本人と結婚したのに、

偽装結婚を疑われて、なかなか在留資格を付与されずに来日できずに困っている

フィリピン人も多数いる状況だ。

 

 

この資格期限は、6カ月、1年、3年、5年で

期限が来たら更新しする。

 

普通最初は1年、きちんと日本でまじめな夫婦として生活していることが

入管に分かれば、3年、5年と、長いものをもらえると言うシステムになっている。

 

 

 

だまされた!フィリピン人の妻への仕送り地獄!送金した総額は…

 

家族大好きなフィリピン人

 

何かと言うとすぐ送金する。

 

大事なお金を黙って送金するなんて割と当たり前にやってしまう。

 

 

俺の知り合いでは、両親が亡くなって実家を処分した2000万円を

丸々フィリピンに送金して現地で豪邸を建てられた知り合いがいる。

 

老後の蓄えとして考えていた旦那さんは

70歳過ぎた今でも毎日働きに出ていてとても見ていられない状況になっている。

 

 

 

フィリピン人妻の連れ子と養子縁組するには?

 

フィリピンの養子縁組制度は、近隣諸国の中でも最も厳格な

養子縁組の要件を定めている。

 

 

未成年養子については例外なく

家庭裁判所の審判を要するとされており、

 

父母や本人の同意のほか、場合によっては

利害関係がある人の同意を要する場合もある。

 

 

 

フィリピン人妻とは離婚できない?日本ではできる?

 

フィリピンはキリスト教が主な宗教で

キリスト教には離婚と言う概念自体が無い。

 

つまりフィリピンでは離婚が出来ないという事だ。

 

 

だが、日本では離婚制度がある。

どうしても離婚したい場合は、方法がある

 

 

まず、日本で離婚を成立させる。

用紙に記入して最寄りの区役所に持っていけばOKだ。

 

 

次にフィリピン国内での離婚が必要になる。

 

上で書いた通り、フィリピンでは離婚が認められていないが、

裁判所を通せば離婚が可能。

 

それにはまず、日本での離婚が成立している必要がある。

 

 

日本での離婚後、フィリピンの裁判所で離婚の審議を行い、

晴れて離婚成立となる。

 

フィリピンの裁判所はのんびりしており

成立まで1年程度で終われば早い方だと言われている。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. きんきん より:

    老後の蓄えをフィリピンに送金して豪邸を建てたフィリピン人妻はどうしているのですか?
    妻として日本にいるのですか?
    自分は生活が大変でも家族が豪邸で幸せに暮らせれば満足なんでしょうか。
    私にはちょっと理解できません。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授