フィリピンパブの注意点!知らなかったじゃすまされない!?


 

 

気軽に外国人と飲めるフィリピンパブ興味を持っている日本人男性は多いが、

その注意点を知らない人ばかりなことに驚く。

 

 

キャバクラのような場所が好きか嫌いかはさておき、

男性なら一度くらいは仕事上の付き合いも含めて、

行ったことがあるのでは?

 

 

でもそれがフィリピンパブとなると、

ちょっと勝手が違ってくる。

 

 

日本のキャバクラ同様、

フィリピンパブも知らずに安易に入店すると、

危険が伴うこともあるので注意が必要。

 

 

では実際にどのような点に注意したら良いのだろうか

 

 

 

 

 

フィリピンパブで楽しむには?知っておくべき注意点トップ3

 

 

盛り上げ上手なフィリピーナに囲まれて

ついついテンションが上がってしまうかもしれないが、

意外な落とし穴も。

 

こんな点に注意しよう

 

 

  1. お店の雰囲気をしっかり確認しよう

 

フィリピンパブのほとんどが、

お店の前に料金システムについて記載があり信頼できるが、

中には怪しいお店も

 

 

 

 

そういったお店は入らないのが一番だが万が一入店してしまって、

危険な空気を感じたらトラブルに巻き込まれる前に、

すぐにお店を出るようにしよう。

 

 

  1. ケータイ番号は気軽に教えない

 

お店で飲んでいると、

彼女たちから電話番号を聞かれることがある。

 

つい浮かれてしまいそうなシチュエーションだが、

残念ながらそれはあなたとお近づきになりたいというわけではなく、

営業の電話を掛けたいから

 

 

 

 

あなたがその女性のことを気に入っているなら問題はないが、

むやみに教えてしまうと、

営業コールが鳴り響きストレスになること必至。

 

相手を十分に選んでから番号交換を

 

 

3. 延長料金には気を付けよう

 

楽しい時間をすごしているとついつい時間を忘れてしまいがち。

親切なお店では延長の有無を聞いてくれるが、

聞いてくれないお店も多々ある

 

時間の確認をせずに、予算オーバーなんてことにならないように、

十分に気を付けること。

 

 

 

 

 

粋な遊び方知ってる?フィリピンパブでの恋愛マナー。

 

 

フィリピンパブを、

出会い目的で利用したいと思っているあなた。

 

どのような方法が彼女らの心をくすぐるのだろうか。

 

 

彼女たちは、親や兄弟のために

日本で働いていることがほとんど。

 

中には実は結婚しています、なんて人もいる。

 

少しでも距離を縮めるためには、

まず彼女たちの話を聞いてあげよう

 

自分の話を聞いてもらえることで、

あなたに対する信頼度好感度が一気にあがる。

 

  

 

 

 

どこまでOK?フィリピンパブだからできることは?

 

では具体的にフィリピンパブではどのようなことができるのだろうか。

 

キャストの女の子と会話をしたり、

お酒を飲んだり簡単な食事をしたり、

基本は日本のキャバクラと大差ない

 

中には一緒にカラオケを楽しめたり、

フィリピン人タレント等による、

ダンスショーが観られたりする場合もある。

 

気になる料金は地域によって差がありピンキリになるが、

飲み放題のつくセット料金が3000円位~、

それに加えてキャストの指名料その子の飲み物代がかかってくる。

 

 

 

 

お酒が入るとつい羽目を外しがちだが、

間違っても女性の身体に触ったりしないこと

 

そういうオプションのあるお店なら話は別だが、

仲良くなってもいないお客から身体を触られることほど、

気分が悪いことは無い。

 

また暴言・ 暴力はもってのほか

 

 

お客だからといって、

なんでもありというわけではないので、

十分に気を付け、楽しいお酒の席にしたい

 

 

 

 

 

コレだけ押さえておけばOK!フィリピンパブの本当の楽しみ方

 

 

フィリピンパブの楽しみ方と言えば、

やはり何か目的や目標を決めて来店するのが良いだろう。

 

お酒が好きなら、

彼女たちと一緒に、お酒を飲んで盛り上がっても良いし、

歌が得意なら、一緒にカラオケで歌を唄っても良い。

 

 

 

 

フィリピン女性との出会い目的なら、

ガンガン会話に入っていって、

お気に入りの女の子にアプローチしても良い。

 

 

もちろん最低限のマナーは守ること。

 

 

ただこれが、彼女たちとの国際結婚を目的にすると、

一気にハードルが上がる。

 

彼女とその家族を支えるだけの経済力と、

包容力が必要になってくるのを忘れないようにしたい。

 

 

 

 

 

フィリピンパブって一人で行ける場所?

 

 

慣れない場所に一人で行くのは誰だって怖い

 

それが夜のお店となればなおさら。

 

ついつい誰かを誘って行きたくなるが、

一人で通う人も一定数いる

 

 

一人でフィリピンパブに行くメリットと言えば、

あなたにお気に入りの子がいれば「周りを気にせずアピールできる」、

自分のペースで退店できる」、といったところだろうか。

 

 

 

 

大勢でわいわいするのも楽しいが、

一人できままな時間を過ごしたいあなたにもピッタリだろう。

 

 

 

 

 

ちょっと気になる話 フィリピンパブのお給料ってどれくらい?

 

フィリピンパブで働いている、

彼女らのお給料が気になったあなた。

 

 

 

 

果たしてどれくらいもらっているかご存知だろうか。

 

これも地域によってピンキリになるが、

時給で1500円~3000円位と、

普通のキャバクラとたいして変わらないようだ。

 

 

フィリピンから日本へ興行に来ているタレントだと、

月に10万円~20万円位が相場。

 

こちらは意外と少ない印象。

 

 

故郷の家族への仕送りなどで、

しょっちゅう出費がかさむ彼女たちにとって、

これらの額が高いのか安いのかはわからないが(笑)

 

 

 

完璧に準備ができるまで起業への

第一歩が踏み出せないあなたへ。

 

噂話やマスコミの情報を鵜呑みにせず

成功者に関する正しい情報を知り、

あなたも成功者に一歩近づきたくありませんか?

 

 

 

 

「やっぱり日本人より、

フィリピンの女の子がいいです」

 

 

江東区から飯田橋まで出てきてくれた、モテ仲間のハルさん。

一時帰国に合わせ、こうして会いに来てくれる人がいるのは感謝だ。

 

一時期フィリピンパブにハマった彼とは(笑)、

ここで現地の女の子の話で盛り上がった。

 

 

 

 

 

フィリピンの女の子の特徴

 

 

有名なのは「やきもちやき」だが・・・

これが面白いのは、異性同性関係なく見境がないこと。

 

例えば、職場で上司が誰かをひいきしたりすると

ジェラシーが露骨に顔に出ていたり(笑)。

 

 

フィリピン人は、日本人以上に

スイートな関係が好き・・・女の子は特に。

 

やはりここは、アメリカやスペインの血を引いている。

見た目はコテコテのアジア人なのに(笑)。

 

付き合いが長くなると基本的にドライになっていく

日本人女性よりも、いつまでもスキンシップのある関係が

好きなあなたなら向いている。

 

もちろん俺も、こちら側に属する男だ(笑)。

 

 

またこれもフィリピン人に接触したことのあるあなたなら

ご存じの通り・・・時間に適当な女の子が多い。

 

日本人やドイツ人のほうが

世界的に見たら珍しいのは確かだが。

 

特に困るのは、お金にもルーズな点。

 

 

見えっ張りで、人からどう見られているかを気にするあまり

小さな嘘や言い訳が多かったりすること。

 

これをかわいいと思えたら、

あなたにはフィリピンの女の子が向いている。

 

 

美人なのに腕の毛が濃かったり、たまに

ヒゲが生えていたりするのにはいつも驚く(笑)。

 

あどけないのにグラマーだったりするのは日本人男性には

魅力だし、綺麗好きで臭いなどエチケットに敏感なのも良い

ところではあるが。

 

 

 

 

 

フィリピンの女の子との付き合い方

 

 

何しろ「おしゃべり好き」なので、あなたが聞き上手になって

あげるだけで勝手に優しいと思ってくれる(笑)。

 

日本語がたどたどしくても、

適当に流してあげればいい。

 

 

フィリピーナというと南国の明るいイメージがあるが、

落ちる時はドカンと落ち込む。

 

 

俺のイメージでは

とにかく自分の話をするのが好き」。

 

そして仲間といる時は大体うるさいので(笑)、

その雰囲気も楽しめるあなたなら向いているだろう。

 

 

彼女らと特別な関係になったら、もちろん浮気はNG。

 

ただ、あなたがやきもちをやくことは向こうに対する愛情表現の

一つと捉えられるので、節度のある範囲なら(笑)むしろうまくいく

要素になる。

 

 

当然、人前でのハグやキスなど

ボディタッチは遠慮することなく。

 

付き合いが長くなってからこうしたことをしなくなると、

「やっぱり日本人は冷たい」なんて思われるので。

 

 

世界一情が厚いといわれる、フィリピンの女の子。

 

あなたが一途でマメに愛情を示し続ければ、

向こうもしっかり返してくれる。

 

 

 

 

「しばらくフィリピンに滞在しようと思うんですが・・・

おすすめの場所ありますか?」

 

 

前回一時帰国した際、飯田橋で一緒に

盛り上がったモテ仲間の原さん。

 

初めてのフィリピンで俺と同じようにドハマりした彼は(笑)、

2回目の渡航に長期滞在を選んだ。

 

 

 

 

 

治安について(フィリピン滞在に必須の知識)

 

 

まずフィリピンというと、特にマニラなどの治安に不安を

持っている日本人が異常に多い。

 

母ちゃんがよくLINEで教えてくれるように、最近は日本のテレビで

セブ辺りがよく特集されており、語学留学の人気もあってかリゾート地の

イメージはいいが。

 

 

フィリピンの治安については、スリや置き引きなどの軽犯罪が

基本なので、滞在にあたり過剰に神経質になる必要はない。

 

それでも、やはり治安の良いシンガポールや日本とは違うため

心掛けておきたいことがいくつか。

 

 

まずバッグはジッパーを開けたまま持ち歩かないこと

(そもそもジッパーがないなど閉められないバッグはNG)。

 

お財布やスマホなど高価な物は、男性なら

ジーパンの前ポケットに入れ常に意識を。

 

派手なシャツやキラキラのアクセサリーなど、

いかにも外国人ぽい格好をするのは避けたい。

 

人目の多いところで大きなお金を出したり、

スマホやiPadなど高価なガジェットはいじらない。

 

 

フィリピンに慣れていないあなたはタクシーをメインに移動し、

滞在中はスリが多いマニラの電車やジープニーに乗らない。

 

特に深夜のジープニーでは、ホールドアップ(強盗)に遭った

というフィリピン人の仲間が何人かいる。

 

タクシーに乗る場合は必ず内側から鍵をかけ、メーターを使わない

など怪しいドライバーの車には乗り続けず、すぐに降りること。

 

深夜のタクシーについては、フィリピン人の強盗とつるんで

日本人からお金を巻き上げたドライバーについての報告も。

 

もし夜間に移動するなら、Uberなどで

信頼できるドライバーを探そう。

 

何より人前で恥をかかせることが、フィリピン人の恨みを

買うことにつながる。滞在中にトラブルを起こさないことだ。

 

 

 

 

 

フィリピン滞在を楽しくするもの

 

 

いろいろ書いたが・・・

 

マニラでもマカティやオルティガス、セブシティやマクタン、

ボラカイなど外国人の多いところで普通に過ごしていれば

安全に楽しく暮らせるのが、フィリピンという国。

 

実際に話をすれば、フィリピン人がフレンドリーなことにも気づく。

 

 

おすすめなのは、facebookやオンライン英会話などで渡航前に

現地の信頼できる友達をつくっておくこと。

 

向こうで友達を紹介してくれたり、一緒におすすめポイントを

周ってガイドしてくれたりなど何かと助かるし、自分達で調べて

いくよりも楽しく過ごすことができる。

 

ただし彼らの分の食費や交通費などは全部あなたが負担する

ことになるので注意(笑)。いくらフィリピンのコストが安い

といっても、それなりの人数になると負担だ。

 

 

ちなみに初めてフィリピンに来た義理の弟アキが

ボソッと言ったこと・・・

 

「20ペソ持ってない?とかコンビニの会計で

よく聞かれるけど、日本ではありえないよね」

 

慣れていたが確かにそうだ(笑)。

 

 

 

 

 

フィリピンパブの注意点 まとめ

 

 

 

 

いかがだっただろうか。

フィリピンパブで楽しく遊ぶのに、

あなたが注意することはとても簡単

 

お店選びをしっかりすることと、

店内に入ったら彼女たちの嫌がる行為はしないこと。

 

当たり前のことに思うが、

お酒が入るとその辺のルールを破りがちな人がいるのも事実。

 

最低限のマナーを守って楽しくお酒を飲めば、

彼女たちも喜んであなたをおもてなししてくれるはず。

 

 

あなたがフィリピンパブで、

楽しいひと時を過ごせることを願っている。


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ