現地在住者が語るフィリピンの物価とそれ以外の魅力


3165350717_bf8656ba38_b

 

 

「フィリピンの物価ってやっぱり安いですか?

月15万円あれば十分ですかね?」

 

 

 

相変わらず、何の前触れもなくいきなり

数カ月ぶりの連絡をよこすテツ。

 

 

「それは夫婦の予算だし、君なら住み込みの

メイドさんとドライバーも雇えるよ」

 

まだ独身の彼にそう伝えると、モニターに映るテツが

豆鉄砲を食ったハトになっていた(笑)。

 

 

 

 

 

フィリピンの物価の例

 

 

下見もなくフィリピンのマニラに移住し、その後はセブに引っ越し。

マニラとセブを比べると、やはりセブのほうが住居の選択肢は

日本人にとって狭くなるものの、賃料や物価は安くなる。

 

 

人件費

 

フィリピンの人件費は、特に東京と比べると圧倒的に安い。

それはすでに日本と変わらない物価と人件費のシンガポールや

上がりつつあるタイ、マレーシアと比べても明らか。

 

 

例えば俺がよく行くウェンシャスパ(24時間営業の

健康ランドのような施設)は、入館料の約2,500円に

 

何度でも食べれるビュッフェ形式のレストラン

1時間の全身マッサージ

入り放題のスパやサウナ

 

が含まれ、朝まで滞在できる。

 

よくマニラに遊びに来る仲間のひでさんは、ホテルも

取らず毎晩ここで夜を明かしている(笑)。

 

 

普通のマッサージも1時間500円しなかったりするので、

週に何回も通っている児玉のような男も。

 

セブなら、メイドさんを雇っても月7,000円程度だ。

 

髪のカットは120円でやってもらったこともあるが、1時間も

かけてくれたし肩もみまでついていた。男性はバクラ(オカマ)の

店員にくどかれることが多いので注意したいが(笑)。

 

 

交通費

 

タクシーは初乗り100円程度だし、ローカルの人が使う

ジープニーを使えば30円。

 

マニラにある鉄道MRTで60円ほど。

 

ちなみに東南アジア各国に行くのも、日本よりフィリピンからの

ほうが圧倒的に安く、また時間もかけずに行ける。

 

 

食材や外食費など

 

焼肉の食べ放題で800円程度。

こちらは韓国料理が多く、かつ安いのが俺には嬉しい。

 

本格的な和食などを選べば1,000円以上にはなるし、俺のように

現地人化して(笑)トロトロやカレンデリア(ローカル食堂)で

食べれば、1食200円でも十分。

 

 

日本のユニクロはこちらでは高めだし、スターバックスなど

他の国でも同一価格帯で提供しているチェーン店もある。

 

また、インターネット通信料も日本と同じくらい。

 

 

逆にフィリピンのほうが日本より高いのは、当然輸入のコストが

かかっているため日本から来ている食材などの物価。

 

例えばみりんや本だし、味噌、キューピーマヨネーズ、インスタント

ラーメンやカレールー。野菜の中ではキャベツが高い。

 

 

そしてフィリピンの電気料金は高い。

 

初めてマラテに長期滞在した時に支払い方法が分からず、放置したら

いきなりコンドミニアムの電気が止められて慌てたことが(笑)。

 

ただしフィリピンのほうが日本より少し高めという程度なので、

ほとんどの物価の安さを考えたら甘受できるレベル。

 

 

 

フィリピンの物価など現地の詳細な

情報と、経済的不安なく移住生活を

続ける方法を知るには

 

 

 

 

物価以外のフィリピンの魅力

 

 

常夏で体に優しく、のんびりした気候。

 

台風は場所によって被害の影響度が変わる。

地震が少ないのもいい。

 

 

今後30年、世界で最も伸びる国といわれるフィリピン。

 

起業や投資の可能性が大きく、高度成長の波に乗ってライフスタイルの

変化を体感できる。勢いと活気のある人々に触れることができるのも

楽しみだ。

 

 

ゴチャゴチャと人が多すぎないのもいい。

首都マニラでも、あの東京ほどの混雑はない。

 

特に俺の場合は埼玉とはいえ、ほとんど東京に近いところに

住んでいたので、いい加減あの人混みにうんざりしていた(笑)。

満員電車は最も嫌いなものの一つ。

 

 

それ以外にも世界屈指のリゾートがあったり、

人懐っこいフィリピン人の人柄。

 

また彼らと交流することで英語を自然にマスターできるのも、

国際派の仲間には嬉しいところだ。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは16件です

  1. トコウ より:

    物価は安いですよね。経済発展中の今だから安いと思うので、今がお得ですよね。反面、まだまだ不便なところがあると思うので、そこは寛容の精神で受け入れられるといいですよね。

  2. きよら より:

    フィリピンはとても住みやすそうですね。日本でいうスーパー銭湯のような施設もあるのですね。しかも居心地が良さそう。あまり物価は高くないようですね。縁があれば是非移住してみると良さそうだと思いました。

  3. KR より:

    物価が安いとは聞きますが、具体的な数字を知って驚きました。

    マッサージ1時間500円なんて、マッサージ好きの私には夢の国に思えます(笑)

    ウェンシャスパもとても気になります。いつか行けたらいいなぁ。

  4. もれさん より:

    フィリピンの物価はやっぱりまだまだ安いとイメージしました昨日言ってそう思ったねやっぱりまだまだこのメリット享受できますね後進国と言うかこの点がとても良いところです自分の中でもマッサージがもりもりできんのは本当に嬉しいですいつかもやってもらっても気持ちいいですからねなんだかとっても気持ちよくなってきちゃいますよね本当に幸せな気持ちになります安い値段で長く入れるのは本当にいいです

  5. なごみ より:

    フィリピンと日本の物価の違いには驚かされますね。
    日本での頭しかない私にとっては凄いなぁと思います。
    それでもなんでもかんでも安いというわけではないことも頭においとかないといけませんね!

  6. ありりん より:

    物価は日本に比べて圧倒的に安いとばかり思っていたので、安いものもあれば同じくらいのものもあるということで、驚きました。

    なんでも安いと思っていくのは気をつけた方がいいみたいですね。

  7. maimai より:

    あまりの物価の安さに驚きました!これなら電気料金が多少高くても全然問題ないですね。ウェンシャスパ、夢のような施設です。そして何より食費が高い我が家にとっては現地食の値段は魅力です(笑)

  8. 0824 より:

    あまりの物価の安さに驚きました。
    生活に欠かせない食費、人件費、交通費…この物価の安さは日本ではまずあり得ないですし、ちょっと贅沢な暮らしが出来るかも?と思ってしまいます。
    日本は地震大国なのでそれに比べてフィリピンは地震が少ない、身体に優しい気候というのも魅力的ですね。

  9. そうた より:

    物価の安さには驚きますね。ホテルに宿泊せず入り浸れるのも、めちゃ魅力的ですね。僕的には気候がいいのもええなー、と感じました。魅力的な国すぎます。

  10. ゆっきぃ より:

    フィリピンは、案外住みやすそうですね。やっぱり物価が安い方が良いし、まあ1部は日本と同じか少し上見たいですけど、トータルで考えてみたらいいですね。あまり移住とか考えて無いのですが夢がありますね。

  11. マーキー より:

    フィリピンはやっぱり物価が日本と比べても格段に安いですね!
    タクシーの初乗り100円や焼肉食べ放題が800円って
    めちゃ安すぎです!
    僕もフィリピンに行く機会があれば試してみたいですね!

  12. ゆき より:

    物価が安いなんて最高です。
    もしフィリピンに移住したら今よりいい暮らしができるのかなと妄想してしまいましたww
    日本は値上げばかりですね。

  13. みお より:

    焼肉の食べ放題が800円なんて夢のようですね。肉好きの私には夢のような環境です。物価が安いって素晴らしい。

  14. コーヒー より:

    やはり物価は安いんですね!そこが非常に魅力的ですね。
    あと割りかし親日な所もあって住みやすそうなイメージです。
    一度は行ってみたい場所です。

  15. ひかり より:

    フィリピンな何でも日本より
    安いと思っていましたが
    そうでもない物もあるのですね!
    旅行に行くと、どうしても買ってしまいがちなので
    気をつけねば…

  16. toki より:

    フィリピンの物価安いのはきいていましたが、ここまでとは思いませんでした。
    人件費もそれなりになので、この物価なのでしょう。
    日本を訪れるフィリンピンの方は大変ですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ