フィリピーナの彼女の告白から気づいた1つのこと


 

 

今でも忘れられない、フィリピーナの元彼女。

 

 

引きずっているという意味ではなく・・・

 

家族のように気にかかり、

いつも心のどこかにあるような。

 

 

 

 

 

日本語を流暢に話せるフィリピーナの彼女

 

 

恋愛の教科書といえば、

桂正和の「電影少女」や「I's」だった世代。

 

もえみちゃんのような美少女が、鼻水をたらしながら

泣いて復縁を迫るシーンで、この作者は本気だと思った(笑)。

 

 

残念ながら自分の恋愛には、あまり参考にならなかった。

外国人ばかりだったので当然なのだが・・・(笑)

 

特に、Chryssとの恋愛は破天荒だった。

 

 

フィリピーナとは何人か付き合ったことがあり、

フィリピン人の性格についてはよく知っていたが

Chyssは日本語で自然に交流できる初めての彼女だった。

 

 

 

日本円で安定収入を得ながら

フィリピンに移住できる方法とは?

 

 

2308144412_f013b0909a_b

 

 

あるフィリピーナの彼女の話

 

 

出会い

 

出会いはSNS。

 

俺がフィリピンから一時帰国している間にFBで友達になったのだが、

お互いいまだに、なぜ接点があったのか分からない。

 

共通の友達もおらず

俺はそのときは群馬に知り合いもいなかったので。

 

 

彼女は友達になったその日に、日本での自分の結婚生活の無意味さを

長文でとうとうと書いてきた。

 

ギャンブルにうつつを抜かす日本人の旦那とは冷めていて、

彼との間にできた3歳と1歳の息子と、マニラにいる12歳の娘だけが宝だと。

 

 

その夜にskypeで会話し、1週間後には埼玉のふじみ野で初対面していた。

ちなみに彼女はこのとき、群馬の高崎から、乗ったことのない高速を

軽で飛ばして会いに来てくれた。

 

髪をブロンドにし、洗練された雰囲気。スペイン系らしく、

典型的なフィリピーナとは顔の感じも違う。

鼻だけは整形だと言っていたが(笑)。

 

 

彼女は、普通日本にいる外国人が話す日本語とは全く違っていて、

漢字まで使いこなす。聞くと、日本にはもうすぐ15年で

今もお店を経営しているとか。どうりで・・・

 

 

壮絶な生き様

 

初めて会った人の話を聴いてあんなに泣いたのは、

おそらく初めてだっただろう。

 

 

イロイロ出身のChryssは、大統領の護衛をしていた父と警官の母から、

兄のmichaelとともに、2歳のときに通りに捨てられた。

 

男関係にだらしなかった母が原因だと

後で聞かされたというが。

 

 

ゴミをあさる、空腹を紛らわすために

アリやゴキブリを食べる・・・

 

信じられないような乞食同然の生活の後、

フィリピンの孤児院に引き取られる。

 

 

そこでの壮絶なイジメ。

まもなくしてChryssは、施設を脱走する。

 

 

学校へ行くこともできず、トロトロ(庶民の食堂)で毎日

何時間も食事を作りながら、それ以外にもブタの飼育と洗浄。

夜はブタと添い寝をする生活。

 

治安の悪いダウンタウンでは、

ナイフで刺されそうになったり。

 

学校に行けないだけでも普通じゃないのに、俺がその年の頃に

同じ思いをしていたら、耐えられただろうか・・・

全く自信がなかった。

 

 

やがてスペイン系の血を継ぐ家庭に引き取られ、ケソンシティの

ヴィレッジ内の豪邸に住むことができたのはよかったが・・・

そこで待っていたのは、厳しい家庭のしつけとイジメだった。

 

michaelとchryssは毎日、やってもいないことを

意地の悪いメイドや兄弟に告げ口され、

天井から逆さに吊るされてムチで叩かれる。

 

食事を抜きにされる。

幼い兄妹の身体には、生傷が絶えなかった。

 

 

あるときChryssは、兄のmichaelがしたイタズラをかばって

それを自分がやったことにし、立てなくなるほどの体罰を受けた。

 

先日、michaelは今でもそのことを悔やんで

後ろめたい思いが消えないと泣いていた。

 

年頃になると、育ての父親に迫られ始める。毎晩が恐怖・・・

家は、安らぎの場所ではなかった。

 

 

17歳まで壮絶なイジメを受け続けた

このフィリピーナが決めたのは、母国フィリピンを去ること。

 

彼女の親友のsusanが日本にエンターテイナーとして働いていて、

Chryssを日本に招いたのだ。

 

 

異国の地でも続いた苦労

 

タレントビザで来日したフィリピーナの彼女。

 

新潟、横浜、東京・・・水商売をする中で出会ったお客さんと2度結婚。

それぞれと1児、2児をもうけるも、最初の旦那は酒乱で、

次は仕事をしないで金だけせびるヒモだった。

 

 

特に最初の男は壮絶で、酒を飲んではChryssを殴る蹴る、あげくは

路上に逃げたところを包丁で刺されそうになり、警官に保護される始末。

 

 

そんな中でも、子供に苦労させたくない一心で、彼女は会社や工場勤務、

水商売、肉体労働・・・複数の仕事を掛け持ち、がんばり続けた。

 

彼女曰く、生まれたときから歩行が困難な障害があり、今でも

レントゲンを見ると、歩けているのは奇跡だとお医者さんが驚くという。

喘息もひどいし、心臓も強くはない。

 

 

俺からしたら、腐って人生にあきらめてしまいたくなることばかり。

でも、彼女は幸せになることをあきらめなかった。

 

 

そしてすごいのは、彼女にひどいことをしてきた人達を

ことごとく許してきたこと。

 

顔を見たことがない両親を恨んでいないこと

(ビジネスで結果を出して両親を探しに行くのも夢の一つ)。

 

イジメや体罰をしてきた育ての親、兄弟達、そして彼女に苦労をさせた

2人の旦那、彼女をだまして借金を負わせた友人達・・・数え上げれば

きりがないが、みんなを許してきた。

 

 

 

このフィリピーナが打ち明けてくれた

自分のストーリーから気づき、学んだこと。

 

どんな過去を背負っていても、人は希望を見出して先に進めるんだと。

そして、人は許すことができるんだと。

 

 

彼女とは男女関係にはないものの、フィリピンや日本、アメリカで

展開するビジネスでは、パートナーとして共に協力しながら精力的に活動している。

 

 

ちなみにChryssは現地ではカリスマ的なリーダーとして、

フィリピンの今後を担う重要な存在。

 

共に努力し、いずれ経済的・時間的自由を手に入れたあなたには、

フィリピンのどこかで紹介できる機会があるはず。

 

 

 

 

 

PS.

ここまで解説してきたフィリピーナのだが、
別の記事でも解説してみた。

 

 

フィリピーナは可愛くてスタイルが良くて、
また綺麗で話も上手で・・・

 

だけど裏はないのか?欠点はないのか?

付き合っていいのか?

 

気になる点もいくつかあるだろう。

 

フィリピーナを彼女にするなら知っておきたいこと、
付き合い方や奥さんに迎えた後について書き表しておいた。

 

ぜひ読んでほしい。

 

→  フィリピーナを彼女にするなら知っておきたい「フィリピン流の考え方」とは

 

 

 

 

PPS.

「結婚はいらない」が決まり文句の俺も(笑)、このフィリピーナの

元彼女とは、一度は結婚しようと決めた。それくらい魅力溢れる人だったのは確か。

 

克服できない幸せ恐怖症に悩んでいたのも、

ほっておけない要素の一つだった。

 

 

ちなみに彼女はフィリピーナだが、日本人の元旦那との間に

3人の子供がいて、そのうちの2人は日本国籍で日本に住んでいるため、

基本的には日本を中心に活動している。

 

日本では群馬の高崎に、フィリピン料理と音楽を楽しめる

いわゆるレストバースタイルのお店を経営。

 

平日、週末を問わず、在日フィリピン人や

フィリピーナの彼女を連れた日本人で盛り上がっている様子。

 

俺も帰国したときには必ず高崎を訪れ、Chryssのお店に立ち寄って

フィリピーナ達と会話したりと情報交換を楽しむ。

彼女とビジネスの作戦会議もできるので。

 

 

基本的に元カノとは連絡を取らない主義の俺も、彼女のような

例外をつくってしまったことに、自分でも驚く。

 

男女の関係を超えて、血はつながっていなくとも(人種すら

違うのに(笑))、相手のことをいつまでも大切に思える。

 

おそらく彼女も、俺のソウルメイトの一人なんだろう。

 

 

あなたにも、そんな出会いはあるだろうか?

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは31件です

  1. […] フィリピーナの元彼女すらも、長く日本に住んでいたことで […]

  2. ケヴィン より:

    なきました。

    ヤラレました。

    不覚です。

    彼女の生きざまに、胸ふるえます。

  3. […] 僕がモテ仲間向けに持っている講座があります。フィリピーナの元彼女も、高崎から最近参加してきました。あの笑顔が目に浮かびます。  […]

  4. コメチカ より:

    いいですね。僕も、そんなアツい恋愛がしてみたい。
    頂いたメールにも感謝、ありがとうございます。
    【成功者の比率が一定の理由】なお、この記事はアクセスが来て人に読まれるものではないため、大量に書く意味はありません。5つほど記事を書いたら、次のワークに移ってください。
    あなたも俺も、致死率100%(笑)。残念ながら、いずれ人は必ずこの世を去る。老いを遠ざける習慣。まさしくですね。残念ながら日本の先行きは明るくないです。最近関東に地震が多いようなので、最も恐れていることが予想より早く現実化しそうです。これからも自由のために応援を続けます。

    またメール会社から例の件、メールもらいましたので万事OKです。
    「ご回答ありがとうございます。たった今ムームーDNSへの移行
    手続きを行いました(これをしていなかったことが、オートビズとの
    紐づけができていない理由だったようです)。

    そうだったのですね。
    お手続きいただき、ありがとうございました。

    移行完了に時間がかかるかもしれませんが、現状の設定で
    設定したSPFレコードによる紐づけが有効となっているか、
    ご確認いただけますと幸いです。

    確認したところ、SPFレコードによる紐付けは
    有効となっておりました。

    お忙しいところ、SPFレコードの設定を行っていただき
    ありがとうございました。

    また、お時間をいただいてしまい申し訳ございません。」

  5. まなママ より:

    どんな過去があっても現在輝いている人は素敵ですよね。

    そして元カノと今でも良き友達になれるのはいいですね。

  6. ayuayumi より:

    すごく苦労なされている方ですね。読んでいて心がぎゅっとつかまれた感じがしました。いろんな方がいますが、苦労の先に必ず幸せが待っていますようにと願ってなりません。

  7. ユウゾラ より:

    自分の体験したことのない壮絶な経験をした人に対しては、常に負けているような気になってしまいます。そのような人とも対等に付き合い、また愛される人を目指します。

  8. マヤ より:

    ソウルメイトのような関係、憧れます。
    自分にも昔いましたが、年月が経つにつれて連絡が途絶えてしまったなぁ…。
    今はFBもあるので時々探してみたりしていますが、
    よくよく考えてみたらSNSをこまめにやるタイプじゃなかった(笑)
    他人を許すってなかなか難しい事ですよね。
    でもある日ふと許せるようになると、なんというか世界?視界?がパーッと開けたような、
    そんな気分になります。

  9. せな より:

    ドラマみたいな人生を送っている人がいるんですね。

    どん底を経験したからこそ人の倍以上努力すると明るい未来が待ってますね。

  10. はな より:

    Chryssさん、壮絶な人生を歩まれてきたんですねー。びっくりしました。その中でも希望を持ち続ける人というのはやっぱり強いんだな、と思いました。あと、Chryssさんにとってはお子さんの存在も大きかったのかな・・・。話を伺うだけでもChryssさんとお話してみたくなりました。

  11. ゆう より:

    壮絶な人生だったようですね。
    それでもたくましく生きている元彼女さんは本当に綺麗です。
    本当に凄いなぁ~と思います。
    そう言う人たちが幸せになってほしい。

  12. AYKaaa より:

    こんなにたくさんひどいことをされても
    みんなを許せる度量って凄い!と
    ただただ感激している。
    顔も知らない彼女だけど
    これだけ苦労した人生なら
    絶対幸せになってほしい。

    私もどちらかと言えば
    根に持つタイプなので
    「許す」ことを見習いたいと思った。

  13. パンダ より:

    どんな過去を背負っても人は希望を見出して前に進めること。今自分の努力で過去の出来事の意味が変えられるのと、思います。過去の意味を変え、今の自分があるのは、過去の自分が作ったお陰様と考えたいものです。

  14. 811 より:

    素敵な出会いがあったのですね。SNSからの繋がり、この時代がだからこそかもしれません。今までの〜主義を覆す方との出会い、私にもありました。

    • 旗さん より:

      自分の生い立ちのせいにして非行に走らなかった彼女はとても芯の強い方ですね。私なら、自分の生い立ちのせいにしてすべてのことから逃げてしまいそうです。自分の未来を諦めないこと…大事ですね!

  15. メリッサ より:

    自分の周りにいるとっても明るく人気者の女性もドラマのような人生を歩んでいますが周りには全くそんなような素振りを見せずポジティブに生きています。
    ある程度の苦悩を体験すると全てを許してあげられるようになるのだと思います、

  16. kuuu より:

    snsからの出会いって今風なかんじですね。なんにせよ、いい出会いになってよかったとおもいます。みのった恋愛は大切にしてほしいなって思いますね。

  17. ピーコちゃん より:

    異国の人・自分とは違う文化の人との恋愛経験って、私は一度もないです。しかし、遠くて会えなくても、SNSやインターネットが普及した現代では、出会う確率も昔よりは高いんですよね。彼女は壮絶で、ドラマのような人生ですね。SNS利用経験はないですが…。検討もアリかなと思いました。

  18. シーサー より:

    壮絶な過去に負けずに希望を持って生きているなんてすごいです。
    私だったら耐えられるだろうかと真剣に考えてしまいました。

  19. みーな より:

    壮絶な人生だったのですね…。それでも未来が明るい信じて生きてきた彼女の勇士がとても眩しいです。私だったら、苦悩の末、自殺や殺人を考えてしまうかもしれません。強い女性はとてもかっこいいです!

  20. みつき より:

    これまでの苦労に比例して、人の器が大きくなる気がしています。そのような経験を乗り越えてきた人は、とても魅力的ですよね。

  21. なみ より:

    過去はかえられないけれども、未来ならかえていくことができますもんね。困難をどう対処するかが人生ではないかと思います。

  22. mikako より:

    通りに捨てられた!
    とはなんともひどい…
    しかし、人を許す、というよりは、お人好しに見えないこともないですが…
    いずれにしても、わたしには到底無理だな…
    しかし、女はやっぱり強し!だな~
    特に逆境知った女は!

  23. TM0323 より:

    いいですね。わたしもそういう恋愛を経験してみたいと思いました。わたしはSNSを使用した経験がないためSNSについてはよくわかりませんが、こういった恋愛はとても憧れます。

  24. マックス より:

    間違いなく私がChryssと同じような経験をしていたなら、耐えられなかっただろうと思います。死を選ぶような勇気もなさそうですし、いったいどのようになるのか全く想像ができません。しかし、今おかれている環境に感謝してこれを生かせるように頑張りたいと思います。

  25. ぴよちゃんのパン より:

    日本では想像もできないような壮絶な人生というのが世界にはあるんですね。しかも日本でも絵にかいたようなダメ男に捕まるとは。それを乗り越えて強い女性になったんでしょうね。

  26. みかん より:

    外国での悲惨はほんとうに悲惨な話ですもんね
    こういう話を聞くと私も幸せな方だったんだなと実感せざるを得ないですね

    私も未練はないんだけど心の片隅で心配している元彼がいる
    今は何をしているのかな

  27. ともっち より:

    Chryssさんは親に通りに捨てられてから日本での結婚と離婚と繰り返す生活があってとてもかわいそうだなと思います。でも子供3人も世話しながら仕事を掛け持ちも頑張っているなんて凄いですね。

  28. 0617 より:

    壮絶な人生を歩まれてきたんですねー。びっくりしました。その中でも希望を持ち続ける人というのはやっぱり強いんだな、と思いました。日本では想像もできないような壮絶な人生というのが世界にはあるんですね。しかも日本でも絵にかいたようなダメ男に捕まるとは。

  29. シャリ より:

    私自身もわたしの周りにもそんなに壮絶な人生を送ってる人はいないので、驚きました。そういう人がいることはわかってるんですが、身近にいないのでどうしても現実ばなれ
    して聞こえちゃいます。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ