フィリピン在住者がプエルトガレラについて語る。楽な行き方とホワイトビーチの魅力!


 

マニラから3,4時間で行けるミンドロ島のプエルトガレラ

 

日本ではあまり知られていないが、サバンビーチ、ホワイトビーチなど

いくつかのビーチがあるフィリピンのプエルトガレラは、

ヨーロッパ人には大人気のダイビングスポットだ。

 

 

フィリピンのローカルなビーチ、プエルトガレラの魅力を紹介する。

 

 

フィリピン、プエルトガレラで人気のホテルやレストラン、観光スポット。サバンビーチってどう?

 

まず人気のエリアはホワイトビーチだ。

 

その名の通り真っ白な砂浜に真っ青な海がある。

 

セブなどよりは高めだが、シュノーケリングなどのマリンスポーツが楽しめる。

 

フィリピンのプエルトガレラといえばホワイトビーチなのだが、

サバンビーチもよく知られていて、ダイビングスポットとしても名高い。

 

 

サバンビーチは全長1kmほどのこじんまりしたビーチで、

海水浴というよりはダイビングスポットになっている。

ホテルのオーナーがダイビングショップも経営しているというケースもある。

 

カラオケやバーなども多く、夜遊びにも最適だ。

 

 

テレビ番組で紹介されたが、フィリピンのプエルトガレラに日本人のコトさんが

経営するホテルがある。

 

ホワイトビーチから少し離れたところにあるオリエンタル・パール・リゾート

いうホテルだ。

 

 

日本の調味料を使った日本食が食べられるとあって、宿泊者はほとんど日本人。

 

それだけではなく、オーナーが日本人ということで安心ということも

日本人観光客が多い理由だ。

ウェブサイトはこちら。 http://orientpearl.web.fc2.com/index.html

 

食事には、オリエンタル・パール・リゾートからも歩いて行ける所にある

イタリアンのPizzeria Robby's Cafeteriaがお勧めだ。

 

メニューが豊富で、ワインも楽しめる。

 

ピザは本場イタリアの味だし、パスタももちもちしていて満足できる味だ。

 

 

ビーチ以外の活動もできる。

タクランの滝で水牛車に乗ったり、タリパナンフォールズへのトレッキング、

ボートでの洞窟探検などがある。

 

 

プエルトガレラへの一般的な行き方は、マニラからバスなどでパンダガス港まで行き

フェリーに乗り換えてプエルトガレラ初めて行く方法だ。

 

初めて行くならバスとフェリーがセットになって添乗員もいるSi-katバスが

安心でおすすめだ。

 

フィリピンでは11月~2月が乾季で旅行にいい季節と言われているが、

プエルトガレラは12月と1月が雨が多く、天気が悪いとフェリーやマリンスポーツにも

影響するから注意が必要だ。

 

 

フィリピンは熱帯性気候でスコールがあるが、プエルトガレラも同様だから

天気予報で快晴となっていても午後スコールが起きることがある。

 

 

天気の影響で予定の活動ができなくなることも考えて、1,2日の余裕を持って

滞在したほうがいいと思う。

 

 

まとめ

 

プエルトガレラは、他のリゾート地とは違うローカルな感じが魅力的で、

ありのままの貴重な自然が体験できる観光地だ。

 

海の透明さやビーチの白さにきっと驚くはずだ。

 

 

マニラからの行き方もわかりやすく、日本人が経営するホテルもあるから

安心して宿泊できる。自信を持ってお勧めできるところだ。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ