知られざるフィリピン(マニラで楽しく過ごすために)


 

 

「今度行くマニラについて、もっと聞きたい」以前書いた

フィリピンの記事に関して、こんなメールをたくさんもらった。

 

 

同じ日本人が、自分の住む海外の街に

関心を寄せてくれているのは嬉しい。

 

住んでいるフィリピンは場所によって、言葉はもちろん

人の性格も文化も様々だが、滞在が長いマニラについては

比較的詳しく語れる。

 

 

 

 

 

フィリピン・マニラでの過ごし方

 

 

外出時の持ち物

 

パスポート

 

パスポートは常に携帯。なくすリスクよりも、持っていなくて

不審者と思われる方がまずいので。

 

ケータイ

 

ケータイは街中の至る所にあるスタバやモールなどのフリーwifi

スポットでネットが自由に使え、変なアプリのインストールや

パスワード入力が求められる日本より便利。

 

俺はマニラのモールオブエイシアで購入したモバイルwifiルーターを

常に携帯している。

 

通話については、

 

日本から持参したスマホでキャリアの海外サービスを利用

日本から持参したSIMフリーのスマホに現地でSIMを購入して利用

通話用の安い携帯を購入(5,000円程度でも買える)

 

から大体選択することになるが、日本の海外サービスは高額に

なるのでオススメできない。

 

コンビニなどでsmartかglobeのプリペイドカードを買い、

チャージすることで通話やモバイルネットサービスが利用できる。

 

財布と小銭

 

財布はホールドアッパーに遭ったときのために、捨ててもいい別の

財布を用意し、数千ペソを入れていつでも渡せるようにしておきたい。

抵抗さえしなければ命まではとられないので。

 

フィリピンはアメリカ同様、チップの社会。レストランではチップの

ためにわざと小銭を混ぜてお釣りを返してくるので、それを置いていく。

 

ジープニーなどを利用するときなど小銭は何かと便利なので、ポケット

にいつも入れておくといい、とは勝谷さんの教え。

 

チップの相場はよく聞かれるが、決まりはないのであなたの気持ちで。

俺の場合は20ペソくらいを渡すことが多く、マッサージのときなどは

100ペソ程度にしている。

 

クレジットカードと外貨両替

 

大金をちらつかせるのは物騒だし(彼らにとっては日本人の

所持金はいつでも大金)、通貨を気にしなくていいのでクレジット

カードがやはり便利。

 

外貨両替については、空港はレートが良くないからとマラテなどの

街中のマネーチェンジャーを利用する人が多いが、慣れていなければ

あなたの安全を優先すること。

 

 

持ち方

 

とにかくスリに気をつける。人混みやいつも混雑しているMRTなどの

電車の中では特に。

 

バッグは極力持ち歩かない方がいいが、持つなら体の前など

いつも見える位置で持つようにする。男性はお尻のポケットには

貴重品を入れないこと。

 

 

ビジネス開業のために齋藤さん達と歩いていたayala駅の構内。

 

フィリピン人の女性警官が「貴重品に気をつけなさい」と話しかけて

来たが、数週間後にフィリピーナの友達がスマホをやられたと聞いて、

それが日常茶飯事なんだと悟った。

 

それ以来、電車の中では大事なものをGパンの前ポケットに入れ、

そこに手を入れて守るようにしている。

 

 

 

価格差を利用した日本円の安定収入で

南国お気楽生活をするには

 

 

2719790478_99d5f9dac3_b

 

 

フィリピン・マニラでの食事

 

コンドミニアムなどで長く滞在するなら、自分で材料を買って

調理すると非常に安く済むので、是非トライされたい。

 

フィリピン料理は野菜が少ない気がするので、意識して食材を

選ぶなどの工夫を。

 

俺はこちらでも自分で扱う栄養補給食品を仕入れ毎日食べているが、

もしなかったら勝谷さんのように痛風コースか、糖尿コースを歩んで

いたと思う(笑)。

 

 

外食は特に外国人の多いマカティやフォートボニファシオなら、

ローカル料理以外にも和食や各国の料理が楽しめる。

 

コンビニで自分でパンとソーセージを挟むホットドッグにハマり、

毎日2つは食べていた俺。

 

ただ、こちらの弁当だけはまずくて口に合わず、添加物だらけとは

いえ日本のコンビニ弁当がいかに美味しいか思い知った(笑)。

 

ファーストフードでお勧めなのは、チャオキンのシューマイ。

ジョリビーは子供を取り込むCMが功を奏してか、マクドナルド

よりも人気がある。

 

ストリートフードは、お腹に自信があるなら(笑)、バーベキュー

以外にもビビンカ、タホ、チッチャロン、キキアムなど独特の

食べ物が楽しめるだろう。

 

スタバはあちこちにあり、各国で価格を変えない戦略をとって

いるため、こちらで普通にスタバに入っている人は比較的余裕の

ある人だけ。

 

 

 

 

 

マニラでのナイトライフ。フィリピンではここに注意

 

 

男性限定かもしれないが(笑)、オケヤやゴーゴークラブと呼ばれる

場所に行くなら、未成年をつかまえないようにくれぐれも注意されたい。

 

また誰かと一夜を共にするなら、宗教上、避妊をしないことが多い

フィリピン人相手には、自己責任で臨むこと。

 

 

マニラベイカフェという、悪名高いマラテでさらに悪名高い売春

専用のバーがあり、そこでビリヤードを楽しむ勝谷さんやジョアンに

会うために、数週間毎晩通っていたことがある。

 

特に優しくて太っ腹の日本人男性は人気で、ほぼ数分置きに女性が

声を掛けて来るが・・・

 

ここにいる女性はスタッフを除きほぼ100%が売春婦という、圧巻の

光景。売れ残った女性は明け方になると「500ペソ(1,500円程度)で

いい」などと泣きついてくるほど。

 

このバーでは、一緒に飲むフリをしながら睡眠薬を混ぜ、寝たところで

貴重品を盗んでいく昏睡強盗の話が多く、被害に遭った日本人と話した

こともある。

 

貧困や仕事を見つけることの困難さ、一部の人のモラルの低さ・・・

この国が抱える根深い問題を垣間見たエピソードだった。 

 

 

 

 

フィリピンで繰り広げられる男女関係。マニラに来て気づいたこと

 

 

フィリピン人と恋愛するなら、男性がその女性の家まで花を持っていく

などの文化があることを知っておくと、あなたの情熱が試されることが

分かる(笑)。

 

フィリピンの習慣、例えばクリスチャンの国なのでクリスマスが何より

大切なイベントだったり、毎週日曜は教会のミサに参加するといった

ことを理解してあげることが大切。

結婚は、相手がお金や日本へのビザが目的ではないことをしっかり

確かめた上で慎重に。

 
またフィリピンにはバクラ(おかま)やトンボイ(おなべ)が非常に

多いので、怪しいと思ったら性別を確かめること。

 

前に滞在していた片倉さんは、俺でも見分けのつかない綺麗な

フィリピーナがバクラであると気づかず、ウキウキで恋愛を

楽しんでいた(笑)。

 

長期滞在でお手伝いさんを雇う場合、その人と恋愛になるケースが

外国人との間に多い。

 

心から信頼できる人に出会えたらラッキーだが、お手伝いさんが

家の物を持ち逃げしたケースが残念ながらあるので、心を開くまで

しっかり信頼関係をつくっていきたい。

 

 

フィリピンのことについてまとめて知りたい場合は、
「フィリピンと日本人」のカテゴリーの各記事も参考に。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは25件です

  1. […] 「糖尿病の予防」「田中をフルボッコにする方法」「子供の夜泣きへの対処法」「ビーズでのアクセサリーの作り方」「フィリピン・マニラでの遊び方」(笑)・・・ […]

  2. こうじ より:

    なるほど、、実際に住まれている方の情報を参考にすれば、間違いはないですね!

  3. 沢内 より:

    フィリピンいったときも、彼らの未来、ちょっと先の情報を入れておいてあげたいですね。日本には、こないだまでこんな仕組みあったよ?っていう。

    ☆買うだけクラブ:条件(1)入会金1,500円(5,000円以上発注で無料)
                (2)更新料なし
                (3)送料1回315円
            メリット(1)30%OFF
                (2)使って気に入らなければ全額返金
                (3)宅配で自宅に届く

    伝えて欲しいのは、ポイントクラブの方は
    1.自分で使うだけでもキャッシュバックがあるからお得なこと
    2.欲しいと言う人、教えてあげたい人が出てきた時にすぐに教えてあげられること
    かな^0^)
    そして3,500円の更新料が気になっている場合は、とりあえずポイントクラブで自分がどれくらい使うか試して みて、1年後の更新の時期に「3,500円を払わずに8,400円を取り戻して買うだけクラブになるか」「更新料を払ってそのまま継続するか」を考えてみたら?と提案してみて下さい^^

    ③その場でケータイで仮登録(買うクラは入会)して発注を♪

  4. 性善 より:

    フィリピンに移住するために、本気で始動します。
    講座にも本気です。
    >今までも何回か開催しましたが、PCが得意な人が入ってきたことが一度も
    ありません(笑)。基本的には文字を書くだけですし、僕も特別詳しくなかったので
    問題ないです。
    ネタの選定から一緒に考えていきますので安心してくださいね^^
    光栄です、ありがとうございます^^僕も性さんとは、これからも
    ずっとお付き合いしていきたいです。これをきっかけに海外で一緒に
    遊べるお手伝いができることは、この上なく幸せです。
    予算は教材(というよりブログに使うツール)が最初に、毎月のコンサル料、それ以外にはサーバ費用などが月に数百円単位でかかる程度です。

    案内にも書かせてもらいましたが、記事を書くペースによりますが
    ブログを立ち上げて毎日1記事投稿していくと、半年以内に月数万円の
    報酬が発生します。

    1年後から月20万円以上が安定してきますが、
    書くペースを上げれば収入が入る時期は早まりますし、金額も上がります。
    性さんなら大丈夫ですよ^^

  5. りょうちゃん より:

    フィリピンでもワンナイトラブ?は危険もつきものですね。

    旅行だからと軽くなってしまうと後で痛い目にあいそうで勇気が出ない…。

  6. ayuayumi より:

    フィリピンは食が合わない気がしてきました。野菜好きな私にはなかなか厳しい食生活です。信頼できる人が出来れば海外での生活も楽しく過ごしていけるかもしれないですね。

  7. せな より:

    フィリピンもネット環境は充実しているんですね!

    食事はスーパーなどで購入して自炊すれば自分好みの食事がとれますね。

  8. マックス より:

    フィリピンにも弁当のようなものが存在するのですね。私も以前中国や韓国に行ったときに特に中国のコンビニの弁当みたいなものは食べてはいけないとアドバイスをもらったものの、せっかくと思い食べたことがあります。美味くはなかったですが、経験としてはよかったと思っているので、フィリピンに行っても取りあえず試してみたいと思います。

  9. なつ より:

    読めば読むほど、メリット、デメリットを知って、海外移住したくなります。現地のファーストフード、気になります。ファーストフードってその国ごとで、え?こんなものがファーストフードなの?みたいなものがありますよね。(笑)シューマイがファーストフードっていうのも、アジアって感じがしますね。食べてみたいな・・・。

  10. マヤ より:

    外出時の持ち物、具体的なので訪れる方には役立ちそうですね。
    フードの名前は、どれも聞いた事がないものばかりですが
    なんとなく言葉の響き?的においしそうで、読んでいるだけでワクワクします!

  11. パンダ より:

    外国での移動時荷物には大変気を遣います。治安は一番気になります。何かあれば犠牲になる財布の存在には、確かに、と思いました。オカマが多いってのも面白い国だなと思います。

  12. azur より:

    フィリピンだけに限りませんが、やはり金銭面や肉体面でも警戒しなければなりませんね。
    油断したら奪われてしまいかねませんし。
    ここが海外移住の欠点ですね。

  13. kuuu より:

    性的ことも日本とあまりかわらず、行っても常に気をつけておかなければならないのですね。女性は特に気をつけないといけないですね。

  14. インコちゃん より:

    マニラでは日本と違って、注意しなければいけないことが多いですね。日本人はお金持っているって思われそうだから、すぐにターゲットにされそうで、女性だと少し怖く感じてしまいます。日本人みたいに、常にスマホを持ってウロウロしている環境ってありえないのかもしれませんね。マニラではスマホを盗まれそうで。

  15. シーサー より:

    海外では気を付けるポイントがたくさんありますね。
    そしてwifiスポットですが、つい最近日本のwifi事情が世界に比べてかなり遅れていると知って驚きました。
    東京オリンピックの際の課題のひとつでもあるみたいです。

  16. みーな より:

    フィリピンの生活を知る事ができました。住むためにはまだまだ情報を調べないと無理ですが、旅行に行くには最適な情報だと思いました。いいところと悪いところも現地で住んでいるからこそ書いてあり勉強になりました。

  17. まさ より:

    2年前にマニラとケソンシティーに行きましたが、とても過ごし易いところでした。また機会があれば行ってみたいです。

  18. なみ より:

    恐ろしいですが、それが現実なのですね。スリにあって餌食にされないためにも対策をしっかりすることが大事ですね。

  19. mikako より:

    財布の管理など、ずぼらなわたしは、すぐ忘れてしまいそう…

    ファーストフードでシューマイ、てのはおいしそう(^^)
    そしてヘルシー?

    しかし、昏睡強盗とは怖ろしい…

  20. TM0323 より:

    海外ではスリの被害が多いと聞くので外に出るときには常に気を付けるように心がけたいですね。フィリピン、マニラなどの海外、特に街中を歩く際には細心の注意で外を歩きたいです。

  21. あやち より:

    生まれた国が違うだけでこんなにもモラルなどが違うんだなと感じた。
    私は日本にいても常に「あれ、携帯どこやったっけ」と
    かばんの中を数分おきに探すところがあるので
    海外に行ったら即効ですられそうです。

  22. makostyle より:

    テーマからは少しそれますが、スーパートールと言われる超高層ビルの建設数は、日本などと比べてはるかにフィリピンの方が進んでいるのですね。大都会ですね!

  23. 0617 より:

    フィリピンだけに限りませんが、やはり金銭面や肉体面でも警戒しなければなりませんね。油断したら奪われてしまいかねませんし。生まれた国が違うだけでこんなにもモラルなどが違うんだなと感じた。私は日本にいても常に「あれ、携帯どこやったっけ」と

  24. ともとちゃん より:

    海外で外で出歩く時には貴重品をしっかりと管理しながら持ち歩かないと行けないですね。海外だって危なくって治安が悪いところがありますよね。気を付けた方が良いですよね。

  25. ぴよちゃんのパン より:

    男性が女性の家に花を持っていくというのは、情熱的でとても魅力的ですね。デートの外出さきで花をもらうとちょっと邪魔臭いけど、家に持ってきてくれるならありかも。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ