現地在住者が語るフィリピンへの仕送り


 

 

「妻の家族がバコロドにいます。

フィリピンへの仕送りって相場どれくらいですか?」

 

 

 

想定を大幅に超える金額をフィリピーナの奥さんに

要求され、慌てて俺に連絡してきたコマちゃん(笑)。

 

 

 

 

 

日本からのフィリピン人の仕送り

 

 

日本に3年のビザで仕事をしに来て、建設現場で夏は汗まみれ、

冬は寒さに震えながら仕事をしていたシェルナンの話を聞く限り・・・

 

日本で稼いだ10万円弱のお金は、ほぼ全てフィリピンの家族に

仕送りしている。何より、彼自身まだ20代なのに弟の学費に充てている

というのが何とも涙ぐましかった。

 

同じく日本で働くフィリピン人男性ポールの場合は

母子家庭で母親一人だったが、それでも毎月4万円を

仕送りとして送っている。

 

個人的には、女性がフィリピンで一人で生活するには

大きすぎる金額だと感じたが。

 

 

彼らの考え方として「宵越しの金は持たない」、つまり

何かが起きた時のためにお金を貯めておくという発想自体がない。

 

だからクリスマスの前には準備のためのお金を欲しがるし、

身近な人が病気で倒れた場合は当然助けを求めてくる。

 

 

 

フィリピンへの仕送りも気にならないほど

安定収入を得る方法とは?

 

 

 

 

日本人がフィリピンに仕送りするなら

 

 

身近にいるモテ仲間でフィリピーナと結婚した人の場合、

最低で月2万円の仕送り。平均はだいたい7万円程度、

多い人では16万円という人も。

 

しかし10万円以上の場合、現地のフィリピン人の

家族をダメにするケースが多い。

 

マラテのかつさんの場合は、奥さんと結婚する時に仕送りや

家族への支援について明確なルールを決めていた。奥さんに通帳や

カードを管理させないのは当然のこととして。

 

 

フィリピンでは、キリスト教の教えの影響か

「持つ者が持たない者を助ける」という考えが人々に浸透。

それにあぐらをかき、だらしない生活をしている人が多い。

 

釣った魚を与えるよりも、魚の釣り方自体を教えるのが

本当の思いやり・・・

 

これはビジネスを通じて学んだが、彼女らが自分達で稼ぐこと

自立することを覚えないと、いつまでたっても貧困から抜け出せない。

 

 

そもそも、何かを売ってその日暮らしができてしまう国だからこそ

ちょっと先を見る習慣と向上心が必要だと感じる。

 

やりすぎが本当の思いやりではなく、

むしろ仇になるということを覚えておきたい。

 

 

 

フィリピン人の性格を知りつくした俺と同じ泣き上戸の林田くん。

努力と才能の違いと気持ちの切り替え方法をよく理解している彼は、

仕送りについての既成概念(固定観念)を最近バコンと外した様子。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ