現地在住者が語るフィリピンでの就職


 

 

「フィリピンで就職って難しいかね?」

 

 

 

「おごってやる」といわれてついて行った上司との飲みで

フライドポテトを頼んで怒られ(笑)、そこから職場に行くのが

嫌になった元早稲田のサークル仲間の順。

 

いい加減、日本での働き方に嫌気がさしたようだ。

 

 

 

 

 

日本人のフィリピン就職の現状

 

 

日本人のフィリピンでの就職先は、東南アジアのオンライン

求人情報を提供するジョブストリートなどで確認できるが・・・

 

多いのは日本人向けのコールセンター、また語学学校や

オンライン英会話企業のスタッフ、ITベンチャーや日本人

向けの観光業、和食レストランなど。

 

英語が堪能なら当然、選択肢はぐっと拡がる。

 

 

日本人が働いているのはマニラやセブなどの都市が中心で、

まだまだ全体として多くはない。

 

それでも綺麗なビーチのある南国、言葉が通じやすい

フレンドリーな人達など様々なメリットを考えて、日本人の

フィリピン就職が少しずつ増えている。

 

 

日本企業でフィリピン駐在になると、別の手当てをもらえたり

メイドやドライバー付きの高級コンドミニアムに住めたりなど、

日本よりもずっとリッチな生活ができるが・・・

 

現地採用になると当然、日本人とはいえ給与水準が下がる。

 

それでも圧倒的に、日本より物価や人件費が安いフィリピン。

日本人向けのコールセンターに就職した人達も日本での派遣や

アルバイトよりずっと余裕があり、貯金までできている

というのが実際のところ。

 

何しろフィリピンでは、日本のような無駄な残業や

職場の人間同士による監視など、就職しても余計な

ストレスがないところがいい。

 

 

 

就職しなくてもフィリピンで暮らせる。

場所を問わない日本円の安定収入を得る

手段とは?

 

 

 

 

フィリピン就職に必要なスキル

 

 

まずは英語力。フィリピンでは、公の文書や

ビジネスの書類などは英語で書かれていることが基本。

 

そして英会話力だが、専門用語というよりもスタッフと

コミュニケーションができる日常的な英会話力のほうが大切だ。

 

フィリピンではアメリカ英語がベースで

綺麗な英語を話す人が多いので、日本人には理解しやすい。

 

タガログ語といったフィリピンの言葉まで必須ではないが、

現地人同士は現地の言葉で話しているので、知っておくに

越したことはない。

 

タクシーに乗った時でも分かるが、この国に慣れていると

思われてナメられることがなく、仕事でもプラスに働く(笑)。

 

 

そして、何といっても適応能力。

 

フィリピンではとかく、一緒に仕事をする人がルーズだったり

することが多い。特に時間やお金に関しては、日本人の仕事での

常識は通用しないと考えておいていい。

 

銀行員でも、仕事中にスマホで個人的なメールを

しているなんて当たり前に見られる光景(笑)。

 

この国では普通に生活していても、日本の常識は

かなりの部分で通じない。

 

あなたが英語に堪能でない限り日本人向けのコールセンター

などで働くことになるが、この場合は英会話力以上に環境や

文化への適応能力のほうが大事になる。

 

 

 

フィリピンのクラブがとにかく好きで、就職もせず

フィリピン生活を楽しんでいた後輩の日登美。

 

古代ギリシャ関連の情報発信をOL時代から副業にしていたが、

東京移住して俺と同様に人混みに嫌気がさし(笑)、オンライン

ビジネスを本業にすることを決めた。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ