フィリピン在住者が語るダバオへの行き方


 

 

治安に不安な人も多いフィリピンの中で、

最も安全といわれる都市ダバオ。行き方を

ご存じだろうか?

 

 

 

 

 

行き方の前に。ダバオってどんなところ?

 

 

フィリピン第3の都市ダバオ。行き方が少しややこしいのが

難点だが・・・安全度でいえば、ここは俺が暮らしている

セブを超えるといわれている。

 

というよりも、セブ全体でいえば外国人が多く集う場所を

除けば、フィリピンの平均的な治安とそれほど大差ない。

 

 

このダバオはあの過激発言で有名な大統領が元市長であり、

麻薬はもちろん、あらゆる犯罪、喫煙やゴミのポイ捨て、

夜のお店の営業時間など様々なことに規制が加えられている。

 

ナイトライフが好きなあなたにとっては、

多少物足りない部分があるかもしれないが(笑)。

 

 

過ごしやすさという点では、

このダバオの好感度は高い。

 

何しろタクシーのドライバーが何も言わずお釣りを

ちゃんとくれるし、そもそも乗車拒否がほとんどない。

 

また現地人がマニラやセブの

人達よりもずっと親切。

 

治安という点でも、ダバオは夜でも女性が独り歩き

できるぐらい安心だと語るのは、向こうに住んでいて

行き方を教えてくれたチャリース。

 

 

また気候的にここが良いのは、フィリピンで

おなじみの台風の影響をほとんど受けないこと。

 

そしてマンゴーやドリアンなど南国のフルーツが

大好きなあなたなら、この場所はかなり魅力的。

 

 

ちなみにダバオでビーチリゾートを楽しむなら、

是非サマール島に。そして山に登りたいならアポ山へ。

詳細な行き方は、また別の機会に語ろう。

 

 

 

ダバオを始めフィリピン各地、その他の

海外への効率的な行き方、経済的自由を

手に入れる方法を学ぶ

 

 

 

 

ダバオへの行き方

 

 

ダバオに住む日本人も多く、またここの魅力に

とりつかれて通う人が多いにも関わらず日本との

直行便がないのが、行き方に関する不満(笑)。

 

ここから海外へのアクセスは、

今のところシンガポールのみだ。

 

 

結局は成田・名古屋・福岡からLCCを活用、それ以外では

羽田や関空からマニラまたはセブにアクセス。

 

そこから国内線、もしくは

長距離バスでダバオまで移動。

 

長距離バスの場合は当然、途中でバスごとフェリーに

乗り込み船での旅になる。渡航日程に余裕のあるあなたには

このルートも面白い。

 

 

 

やはりダバオへの行き方を聞いてきたのは、

移住失敗経験を持つマニラの夜遊び好きの勝島氏。

 

俺と同様に「女性を喜ばせる」ことを最大のモチベーション

にしているフィリピンの果物好きの彼だが(笑)、最近は

良い口癖の訓練をバシバシ続けている。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ