アメリカで生活!苦労の生活の様子と現実…生活様式や必需品、生活保護や生活費、生活習慣、文化や英語、生活雑貨をブログで紹介


 

アメリカでの生活に憧れている人も多い。

 

 

ただ日本人にとって身近な国ではあるものの、

文化や生活様式など様々な違いがある。

 

そこで今回は、アメリカでの生活の様子をブログで紹介する。

 

 

 

スポンサードリンク

アメリカの生活で苦労することは?生活の様子と生活水準など現実…生活費の平均(家族)と留学の場合のお金、生活習慣病

 

アメリカの食事は日本とは違い、肉が中心で野菜の摂取量が少ないので、

肥満や高血圧などの生活習慣病に気を付ける必要がある。

アメリカでの生活習慣病の対策として、1回の食事量を減らすことが挙げられる。

 

 

アメリカの栄養学に影響を与えたのが1977年のマクガバンレポートで、

「生活習慣病を改善させる食事は日本の伝統食である」と結論付けている。

この論文のおかげで、アメリカでの生活習慣病による死亡率は減少してきた。

 

アメリカの生活習慣病のグラフを見ると、ガンによる死亡者も減ってきている。

アメリカの生活習慣病の割合では、高血圧や糖尿病、肥満などが多く、

心血管疾患によって亡くなる人が多いのが特徴。

 

 

食生活だけではなく、アメリカでは生活習慣や文化の違い

国民性や交通手段まで、日本ではないような様々な出来事に遭遇する。

アメリカと生活習慣同じところは、食に対する意識や関心が強いこと。

 

アメリカで生活するにあたり、車を持っていないと移動が厳しい。

交通機関が少ないので、アメリカに留学する場合も車を用意したいところ。

 

アメリカで生活費が高いニューヨークなどは、交通機関が発達しているので

車がなくても快適に暮らせるのがうれしい。

 

 

アメリカに留学するなら生活費の安い都市を選ぶことが大事。

 

アメリカで生活費が安い地域をランキングで紹介すると、

ミシシッピ州やテネシー州、ケンタッキー州、オクラホマ州など。

中でも、ミシシッピ州はアメリカで最も生活費が安いことで知られている。

 

アメリカでの生活費や個人所得をデータ化した地図を

ネットでも見られるので、参考にしてみよう。

 

 

アメリカでの生活費は、一人暮らしの場合で月に平均20万円~40万円ほど。

アメリカの生活費は日本よりも高く、一年間に少なくても240万円ほど必要になる。

アメリカでの生活費の内訳(一人暮らし)は、家賃が7万円~20万円

 

食費が5万円~8万円交通費が2万円~6万円、通信費が1万円、

雑費が5万円となっている。アメリカ生活のブログ記事を参考にすると、

家族4人で月に約66万円もかかるとのこと。

 

 

 

アメリカで安定収入を得ながら

楽しく暮らす方法とは?

 

 

アメリカの生活様式!生活の必需品(生活雑貨)や生活習慣、生活スタイルなど英語の文化について…食生活もブログでチェック。雑貨は通販でも買える?

 

アメリカ生活で必需品のクレジットカードは、積極的に使うことで

anaマイルのポイントも同時に貯まるのですごくお得。

 

 

アメリカの生活スタイルを日本と比較して、

大きく異なるのが家の中を土足で歩くということ。

最近では、家に入る時に靴を脱ぐ家庭も増えてきている。

 

アメリカが繁栄してきた当時の生活の様子がよく分かるのが、

1910年ごろのハリウッドのホテル群や、コーニーアイランドの

観覧車など、バブル経済に沸いた当時の写真が多く残されている。

 

 

アメリカで快適に暮らすために、

生活雑貨や必需品をあらかじめ店で買っておこう。

圧力鍋やたまご焼き器、食洗器対応の箸、弁当箱など、他にも色々ある。

 

アメリカの生活雑貨を、取り扱っている店が東京にはたくさんあるので、

一度足を運んで参考にしてみるのもいいだろう。

 

アメリカには和食器などを取り扱う日系スーパーや、

雑貨などを取り扱う通販サイトも存在する。

 

 

アメリカの生活や料理に関するブログをみるのもおすすめ。

具体的な暮らしの様子や、日本とアメリカの生活水準の違いも分かる。

上手な英語の話し方のポイントも書いてあるので、色々な場面で役に立つ。

 

 

 

アメリカの生活保護制度…生活保護は5年?フードスタンプって?

 

アメリカの生活保護の一つにフードスタンプがある。

フードスタンプとは、4人家族で月収入2,500ドルを下回ると、

その対象者として配られる無料の食料クーポンのこと。

 

アメリカの生活保護システムの一つとして、現物支給と現金支給の

両方の特徴を併せ持つ画期的なシステムとして登場した。

 

 

アメリカの生活保護費は、日本と比較しても手厚いのが特徴。

アメリカにおける生活保護の受給率もとても高い。

 

アメリカの生活保護の捕捉率は59.1%となっていて、

日本と比較しても高い。

 

アメリカでは生活保護を受けている人数は多いが、

5年経つと打ち切りになってしまう。

 

 

アメリカの生活保護費の支給方法は、

TANF(貧困家庭一時扶助)と呼ばれるシステムで、

日本の生活保護とは少し異なる支給方法が特徴。

 

アメリカ国民だけが生活保護を受けられて、

日本人や在米外国人は適用外となっている。

 

 

 

まとめ

 

アメリカと日本では生活習慣や食生活など様々な違いがある。

 

アメリカでの生活に慣れるまで時間がかかるかもしれないが、

異なる文化に触れて、異国の地であなたらしさを発揮してみよう。

 

想像以上の驚きや喜び、感動がきっとあなたを待っている。

 

 

 

アメリカ人のマットは、

自分と同じ強めのマザコンだったりする(笑)。

 

 

 


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授