サウジアラビアの住居(家)の特徴!住宅の日本との違いは?サウジ家の特徴…家の中や伝統的な建物、サウジアラビア住まい


 

サウジアラビアの住居の特徴は、

主にレンガやコンクリートブロックを使用する点。

 

日本とは違うその地域で暮らすための工夫がされている。

 

 

サウジアラビアの住居の詳しい情報、

 

サウジアラビアで生活しても
日本円の安定収入を得るには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

サウジアラビアには、特徴的な建築資材を使った、

美しい村と呼ばれているところもある。

 

伝統的な建築物もみられるが、普段見慣れているような

様式の家も存在し、サウジアラビアの住居の造りは様々だ。

 

 

今回はそんな「サウジアラビアの住居」について紹介。

 

 

 

サウジアラビアの住居(家の作り)の特徴…住宅の日本との違いは?住居の特徴を紹介!名前は何?住居の特徴と伝統の素材

 

 

サウジアラビアの住居はレンガ作りが主流だと思うが、

地域によって異なる部分もあり、興味深い。

 

素材には、日干しレンガやコンクリートブロックが使われているのが特徴。

 

また「リジャール・アルマア」という名前の村のように天然の石や木材、

土器などで作られている場合もある。

 

この「リジャール・アルマア」という村は、

サウジアラビアの中でも最も美しい村と呼ばれていて、

観光のおすすめスポットにもなっている。

 

 

道幅をせまくしたり、

小さな窓が非常に高い位置だけにあったりする住居もある。

 

夏の平均気温が45℃で春夏でも30℃近く、

暑さや乾燥、砂の侵入を防ぐ、対策としてこのような工夫もされている。

 

 

サウジアラビア住居の日本との違いには、

この他にも床がタイル張りだったり、

 

日本の居間のような家族のスペースは、

一番奥に設置されるところもあったりする。(現在では洋式風な住居もある。)

 

一番奥に台所などあるのはサウジアラビアでは、

女性は守る存在とされているためである。

 

床にそのまま

またはクッションで座る様は日本の和室と少し近しい感じがする。

 

 

しかし現在では、家具や習慣も西洋化されつつあるため

住まい方なども地域によって変わってきている

 

 

 

サウジアラビアの住居、サウジ家を画像で…サウジアラビアの伝統的な建物の特徴と家の中洋式特徴海外特徴は?

 

サウジアラビアの住居の様子を画像と共に見ていこう。

 

maltfan.blog59.fc2.com/blog-entry-731.html?sp

 

 

このような洋風な家や団地なども、サウジアラビアでもある様子で

イメージしてたものと違い驚いた。

ぱっと見日本にある洋風な家と変わりがなく思える。

 

 

観光自体厳しい国なので情報も少なく、

あまり見つからなかったが西洋的でこの画像を見る限りでは

乾燥地帯とは思えないが、石やレンガを積み上げたような家もある。

 

seiwanishida.com/archives/8659

 

 

ここは「リジャール・アルマ」という村。

山岳地帯でサウジアラビアの中でも美しい村とされているため

観光スポットにもなっている。

 

建築物の窓から見える色は様々で写真が撮りたくなる。

 

 

一報この画像を見るとサウジアラビア住居の様子、

日本とはだいぶ違うことが分かる。

 

 

サウジアラビアの住居の特徴は窓は小さく、高い位置に付けられている。

これはサウジアラビアが非常に暑い地域で、

 

乾燥地帯であることが理由とされ、

暑さや乾燥、砂の侵入を防ぐ、対策になっている。

 

住居の中には絨毯が必ず敷かれている

また世界遺産のジェッダの歴史地区や、

ディルイーヤのツライフ地区では古い伝統的な建物が見られる。

 

建築に使われる素材も様々で、外装も変わった形の模様が、

ほどこされていたりと地域によってだいぶ建築物の様式も

変わってくることが分かる。

 

 

 

まとめ…サウジアラビア住居特徴、サウジアラビア家の特徴。サウジアラビアの住まい。世界特徴

今回は「サウジアラビアの住居」について紹介してきた。

 

 

サウジアラビアの住居には厳しい暑さや、

乾燥をしのぐ工夫がされていて、

地域によって建築様式も変わってくることが分かった。

 

また日本でも見慣れているような住居が、

普通にサウジアラビアでもあったことには驚いた。

 

 

サウジアラビアで育ち、新倉小で出会ったコマさん。

自分と同じ大のシイタケ嫌いだ(笑)。

 

 

 

最後に、

 

最近ワクワクしなくなったあなたへ。

 

コンサルを受けてもっと仕事を忙しくしませんか?

 

興味があれば

以下より無料情報を請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは8件です

  1. みまみま より:

    リジャール・アルマアやディルイーヤのツライフ地区の建築物の写真を見ておどろきました!
    サウジアラビアのイメージと違い、まるで絵本に出てくるようなかわいらしさですね!

  2. 杏子 より:

    「進め!中東探検隊」は興味深いですね。
    中東はよく分からないことが多いので、とてもおもしろいです。
    絵本のような景観のリジャール・アルマ、世界の果てトゥワイク崖地など、
    見てみたいですね。

  3. あい より:

    サウジアラビアの中でも最も美しい村「リジャール・アルマア」、気になります!
    建物の色合いなどが特徴的ですね!

  4. ぐりこ より:

    リジャール・アルマアは知らなかったんですが、おもしろい建物の村ですね。
    サウジアラビアの家は、全体的に窓が小さめ。
    これは砂漠ならではなんでしょうね。

  5. かなで より:

    夏の平均気温が45度!
    考えただけでクラクラします。
    床がタイル張りだったりするのは、その方が冷たいからなんでしょうね。

  6. リョーコ より:

    世界の住居の特徴を見るのはおもしろいですね。
    なんで窓が小さいのかとかどうして床がタイルなのかとか考えると楽しい。
    かっこいいから、おしゃれだからと住居の仕様を変えると
    生活に不便ができたりするんでしょうね。

  7. ロキソ人 より:

    リジャール・アルマ画像検索で見てみました。
    おもしろい建築物ですね。
    小さな窓がたくさん、気候に適した造りなんでしょうね。

  8. 和田さん より:

    気候や環境によって家の作りが違うのは興味あります。
    夏の平均気温45℃だとやっぱりレンガや石が涼しいんでしょうね。
    これからの日本は温帯というより亜熱帯なので、
    東南アジアの作りを参考にする方がいいのかも。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授