カンボジアの首都(英語での首都名)と地図!プノンペンの空港や覚え方、観光と人口、治安と生活について紹介


 

発展途上国のイメージがまだ根強いカンボジアだが、

首都についてあまり知らない日本人も多い。

 

今回は、首都カンボジアと

その観光や生活について考察していく。

 

 

 

スポンサードリンク

カンボジアの首都(プノンペン)は英語で?首都の覚え方…人口や生活、治安など

 

カンボジアの首都はプノンペン、英語でPhnon Pehn

 

 

日本人にはなかなか覚えづらい首都名である。

覚え方も様々あるが、なかでも観光の名所ともなっていて、

 

首都名の由来となったといわれている

ワットプノンと合わせて覚えるといいだろう。

 

こちらは、古い寺院で昔ペン夫人という方が、

流木に仏像をみつけそれを小高い丘(プノン)

祀るために建てられたものである。

 

 

プノンペンは人口約200万人が暮らす大都市である。

 

カンボジア自体まだ、発展途上国というイメージがあるが、

このプノンペンにおいては、近年生活水準も高くなってきており、

暮らしやすいエリアとなっている。だからといって、治安が良いとも限らない。

 

 

治安が悪く、無法地帯で犯罪だらけ

というわけではない。

 

やはり多いのは観光客狙いのスリやひったくりである。

日本人=お金持ちという考えがあるため、とても狙われやすい。

 

もし、観光で行く際はあまり華美な恰好をしない

貴重品はしっかり管理する、夜遅くは出歩かない、

などしっかり自衛することが大事である。

 

 

 

カンボジアで生活費を下げながら

日本円の安定収入を得る方法とは?

 

 

カンボジアの首都を観光!空港からの地図を紹介

 

日本からプノンペン国際空港までは直行便がでており、

6時間ほどのフライトで着く。

 

日本との時差も2時間ほどなので、旅行としていきやすい国である。

空港から市街地までもバスで50分ほどである。

 

 

観光のおすすめとしては、

セントラルマーケットやナイトマーケットなどの市場が人気になっている。

 

価格は自ら交渉する、という日本では味わえない体験ができたり、

屋台が並びカンボジアのローカルフードが楽しめる。

 

 

そして、プノンペンは近年都市として発達してきたものの、

残酷な歴史背景も色濃く残っている土地でもある。

 

キリングフィールドは、ポルポト政権下での支配、大虐殺の場所である。

今一度、平和とはなにか考えさせられる場所だ。

 

 

あわせて行っておきたい場所は独立記念塔である。

 

フランスからの独立を祝い、

アンコールワットの中央塔をイメージしてつくられたものである。

 

 

プノンペンの地図を紹介

https://www.asean.or.jp/jpn/asean/know/country/cambodia/tourism/guide/all_download.html

 

 

 

まとめ

 

現代の日本人は平和ボケしてるとも言われている。

 

 

綺麗な映えるだけの観光地に行くだけではなく、

その国や世界の歴史などを肌で感じて、自ら平和とはなにか考え、

今の平和を大事にすることが大事だと思った。

 

ただし、現地では犯罪に巻き込まれないための自衛は大事である。

 

 

 

プノンペンで夜の女にドはまりしたのは、

自分と同じく寿司のガリに目がない学だ(笑)。

 


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授