シンガポールの生活費、子連れなら?シンガポール移住と子連れ、コンドミニアムのブログ…駐在の住居と移住の仕事をブログで


 

シンガポールでの生活費が

子連れの移住者の間で話題。

 

 

近年、駐在員としての働き方が話題になっているが

アジアの先進国シンガポールへの駐在は憧れの一つ。

 

ただ、身近にいないと実際のライフスタイルがよく分からない。

 

 

シンガポールでも役立つ英会話の最速マスター法

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録してください。

 

 

今回はシンガポールに駐在する、

駐在員やその家族の生活実態を詳しく見ていこう。

 

 

 

シンガポールに駐在!シンガポール移住、生活費と子連れ、移住の仕事、家族…駐在員の生活って?子育てのブログ

 

 

そもそも駐在員とは日本の会社で採用された後、

海外の法人に派遣されて働く人のことをいう。

 

憧れの海外で働けるということや、国にもよるが

日本で働くよりいい暮らしができるということもあり人気の仕事だ。

 

 

シンガポールで働く駐在員は、現地採用の人と比べると待遇がいいことが特徴。

 

日本で働くより手取り額がいいことが多く、会社によって様々な福利厚生や、

海外赴任手当がつくこともある。

 

なんだか日本で暮らすよりセレブな生活ができそうなイメージだ。

シンガポール駐在員の実際の暮らしぶりはどうだろう。

 

 

シンガポールは治安もよく、親日国で英語も通じ、交通の便も良い。

日本のものもよく手に入るためほぼ生活に不自由はないとされる。

 

またシンガポールは世界でもトップレベルの教育環境が備えられている。

これは子連れの家族にとっても魅力的なポイントだ。

 

 

難点といえば、物価が高いこと。

シンガポールに駐在するには、現実的にお金は結構かかるようだ。

 

しかし生活水準によっては、

現地の給料だけで十分で生活することも可能になる。

 

駐在先として、シンガポールの駐在は最高という声もある。

 

 

 

シンガポールに駐在…駐在員の住居は家ではなくコンドミニアム?家賃は?ブログでチェック

 

シンガポールに駐在する際の気になる家賃の相場はどれくらいだろうか。

 

家族の人数にもよるが単身で最低でも20万円

家族で移住するなら最低40万円からと、

日本と比べても決して安いとは言えない値段だ。

 

 

ただ、シンガポールに駐在すると会社から家賃の補助が受けられる。

シンガポールの駐在員の家は、

基本的にコンドミニアムという集合住宅になる。

 

日本と違って様々な設備が揃っており、豪華な見た目が特徴的だ。

補助があって豪華な家に住めるのは、駐在員ならではの特権といえる。

 

ただし見た目が豪華だからといって、住みやすいとは限らない

当然日本のマンションとの違いが多数存在する。

特に水回りや、細かい部分などでは日本よりも大雑把に感じられることも。

 

 

かなり特徴的なのは、ゴミ処理の方法

シンガポールでは各部屋、もしくは各階にダストシュートが設けられている。

 

日本と違って分別の必要も、

収集日の規定もないため好きなときにゴミが捨てられる

 

いちいち分別する手間や、

うっかり出し忘れなんてことがないのは嬉しいポイントだ。

 

 

デメリットとしては、ゴミのたまる低層階になると

ゴキブリ侵入のおそれがあること。

精神的にも衛生的にもよくないので、対策が必要になるだろう。

 

 

 

シンガポールに駐在する駐在員の妻のブログを紹介!子育てが暇だから働く?パートや英語、付き合いで行くレストラン、お土産や強制送還など…出会いはある?

 

シンガポールの駐在妻や子供はDependant’s Pass(DP)と呼ばれる

帯同家族ビザを取得する必要がある。

 

ただし、このビザでシンガポールに滞在はできるが

働きに出ることはできない

 

 

夫の会社が配偶者の就労を許可している前提で、

DPを保有している妻がパート等で働きたい場合、

LOCという制度を利用する必要がある。

 

ただし条件により、夫の会社の様々な手当が利用できなくなる場合もあるため、

前もって確認しておきたい。

 

帯同家族ビザは、夫のビザが切れると同時に効力を失う

その状態で働くことは不可能であり、

万が一働いていることがバレた場合は強制送還になることもあるため注意が必要だ。

 

 

シンガポールに駐在する妻が求人を探す際には、インターネットやフリーペーパー、

現地の人材紹介会社などが挙げられる。

 

英語力があれば仕事探しの幅も広がるが、

喋れなくても問題ない会社もあるため、

自身のスキルと照らし合わせて探してみるといいだろう。  

 

 

夫の赴任により、今まで働いていた会社をやめて

シンガポールに付いてきた人も多いだろう。

 

だが夫の会社の規則により、妻が働くことができない場合もある。

これまでバリバリ働いていた人や、子育てが落ち着いてきた人は、

仕事をしていないと暇で耐えられない人もいるだろう。

 

最悪、現地の生活に慣れず心身を病んでしまうことも。

そうならないためにも、

普段から駐在妻向けの相談窓口などを調べておきたい。

 

 

シンガポールは子育て真っ最中の移住にもとても適している。

早期からの教育環境が充実しており、

日本と比べて高いレベルの教育が受けられるのだ。

 

治安もよく移動手段も多岐にわたるため不自由さは少ない

安全な環境で子育てできるのは、子供にとってもいいことだ。

 

 

また現地の人も優しく、困っている人には手助けしてくれる人も多い

いざというときのためにも、現地の人との付き合いは大切にしておきたい。

 

どこでもそうだが近所のことは、

昔からその土地に住んでいるひとが詳しいものだ。

生活や子育ての情報をいろいろ教えてもらえることもあるだろう。

 

そのためには、やはり英語はある程度喋れるほうが有利だ。

シンガポールには日本人も多く、駐在妻も多く滞在している。

 

 

もちろん同じ会社の奥様と知り合うこともあるだろう。

その際すでに現地で生活している駐在員やその家族に、

挨拶の際ちょっとした手土産などを持参すると喜ばれるだろう。

 

持っていって喜ばれるお土産は、やはり日本のものになる。

お菓子なら、和菓子にすると喜ばれるのでオススメだ。

 

 

現地の人や駐在妻同士、

仲良くなるとやはり一緒にランチに行く機会も増えるはずだ。

 

シンガポールのカフェやレストランでランチとなると、

だいたい2,500円ほどかかる。

 

たまに行く分にはいいが、

何度も通うのはよほどの収入がある家庭でないと厳しい。

 

自身の生活水準に合わせた付き合いを心がけたいものだ。

 

 

またシンガポールでの買い物の際にはクレジットカードが便利だ。

もちろん日本のクレジットカードも使えるが、

海外手数料が取られると損になる。

 

それに海外に住んでいるということで、

将来継続ができなくなる可能性もある。

 

このようなことから、シンガポールの駐在妻は

できれば現地のクレジットカードを作ることをおすすめする。

 

 

では次に、実際に現地に滞在している駐在妻のブログをご紹介しよう。

 

tamappyブログ

http://tamappy.com/

 

シンガポールの駐在妻、tamamiさんのブログ。

 

シンガポールの生活情報や、レストランなどの情報が知りたい人におすすめ。

 

 

主婦の絵日記

http://201710.seesaa.net/

 

シンガポールの駐在妻、hapikoさんのブログ。

 

シンガポールでの子育てについても書かれているため、

家族で移住する人におすすめのブログ。

 

 

 

求人、海外の人事は…シンガポールに駐在できる求人について。給料や事務所をブログで紹介

 

駐在員とは日本の会社に入社し、ある程度の経験を積んだ後、

人事移動により海外赴任になった人のことだ。

 

駐在員は給料以外に各種手当も充実しており、

現地採用の人より高待遇で生活できる。

 

 

会社の形態が支店か、駐在員事務所かで業務の内容や幅が変わってくるため、

求人内容をよく確認しておくことが必要だ。

 

どこでもそうだが、やはり学歴やスキルが高いほど待遇に差が生まれる。

自身の学歴や所持スキルに自信があり、

海外で働きたいならシンガポールで駐在員になるのはおすすめと言える。

 

 

また独身であれば出会いのチャンスがあるのかも気になるところだ。

現地の人と親しくなって、結婚する可能性も当然あるだろう。

 

またシンガポールでは日本だけでなく、

各地から駐在員として人が集まってくる。

 

駐在員同士のパーティーも行われているため、

日本はもちろん、その他の国の駐在員とも知り合う機会も多々あるようだ。

 

 

最後に、シンガポール駐在の求人について見てみよう。

 

大手求人サイト doda

https://doda.jp/keyword/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%80%80%E9%A7%90%E5%9C%A8/

 

転職サイトのdodaでは、シンガポール駐在の求人がいくつか掲載されている。

家電や化粧品、IT産業の内部調査や技術責任者など、業務内容も多岐にわたる。

 

 

 

まとめ

 

旅行先だけでなく駐在先としても魅力的なシンガポール。

駐在員になれば各種手当つきで滞在できるため、経済的に助かることも多い。

 

治安がよく教育体制も整っており、基本的には不自由なく暮らせる。

同じような駐在員も多いため、家族で移住するにも適した国といえるだろう。

 

 

日本と現地での生活の違いをよく調べたうえで、

楽しいシンガポール駐在ライフを送りたいものだ。

 

 

シンガポールでのんびり南国暮らしを楽しむのは、

自分と同様、東南アジアに下見なしで移住した小森(笑)。

 

 

最後に、

 

親に感謝の気持ちを伝えたいあなたへ。

 

英会話でビジネスに熱中できる集中力を手に入れませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. とも より:

    シンガポールに駐在は憧れます!
    英語の勉強にもなるだろうし、治安も良さそうだし。
    お給料の手当も嬉しいですね。

  2. はな より:

    シンガポールの駐在めちゃくちゃ憧れます!
    行けるなら子供達のためにマレーシアかシンガポールに行きたいくらいです!

  3. ぐりこ より:

    シンガポールは駐在で行くならいいけど、個人的に移住となると費用がかかりそうですね。
    国の面積が小さいので、なんとなく長期的に住むには閉塞感を感じそうだけど、実際はどうなんだろう。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授