チェコビール愛好家が多い理由とは?


 

 

チェコのビール・・・

 

 

一見、日本人にはそれほどメジャーではない感じはするものの

宮本さんを始め、なぜか俺の周りの移住仲間にファンが多い。

 

やはり海外移住者だから

趣向が変わっているのか?(笑)

 

 

 

チェコは何しろビールの消費量が20年以上

世界ナンバーワン

 

それだけにチェコビールにはこだわったものが多く、

日本を始め世界中にファンがいる。

 

チェコのピルスナーやコゼルは

ビール好きでなくとも耳にしたことがあるはず。

 

 

現地でブドヴァイゼル・ブドヴァル国営工場

マイラと一緒に見学したが・・・

 

タンクから直接注がれたビールを飲める体験は

チェコ以外では難しそうだ。

 

 

 

 

 

チェコビールの魅力

 

 

日本人の旅行先としてはどちらかというとマイナーなチェコだが、

この国のビールに愛好家が多いにはそれなりに理由がある。

 

 

まずは当然、そのチェコビールの味。

 

麦とホップはもちろんのこと、ビールの下地になる水の質にまで

こだわっているところすごい。

 

そしてチェコ独特のホップの処理法。まろやかさとコクの両立

というのは、他のビールではなかなか味わうことができない。

 

それなのに、まるで日本のコンビニのミネラルウォーター

のような価格帯・・・1リッター300円程度という安さに驚く。

 

 

チェコで有名なのは、バドワイザーのルーツになっている

ブドバルや、香りが強烈なピルスナーといった銘柄のビール。

 

 

チェコの現地で気づいたのは、やはり食事ができる場所なら

ほとんどどこでもビールが楽しめること。

 

ただ生ビールについては、お店ごとにこだわっている銘柄が

それぞれあるので、あなたの好みがはっきりしているなら

入る前に聞いておきたい。

 

ちなみにビアホールとしては、

個人的にウカリハをおすすめする。

 

 

 

 

ビール以外のチェコの魅力

 

 

語ってきたように、ビール好きにとってはそれだけで

このチェコという国は魅力。

 

そして面食いのテツが唾を飛ばしながら熱く語っていたのは(笑)、

とにかくこの国にバービー人形のようなモデル体型の美女が多いと

いう事実。

 

ナチュラルなブロンドが多いというのも知らなかった。

俺のような外国人好きの男性には目の保養になるだろう(笑)。

 

 

このチェコではクリスマスマーケットが有名だが、それ以外にも

一年中様々なイベントやコンサートが開催されていて、それに伴って

ビールの消費量が増える。

 

首都のプラハを始め、中世の街並みを残す

この国は観光にも適している美しい場所。

 

テロが問題になっているヨーロッパの中でも治安は良いほうだが、

念のため事前の渡航情報を十分確認の上、渡航してほしい。

 

 

 

チェコビールをいつでも現地で楽しめる

時間と収入の余裕を生み出す方法

 

 

 

 

ところで、チェコとは遠く離れた俺の移住先フィリピン。

ビールつながりでいささか強引だが・・・(笑)

 

フィリピンビールを試したことは?

 

 

チェコブランドはもちろん、もともとビールが好きではなかった俺が

フィリピンのビールにハマった理由がある。

 

 

初めてこれを口にしたのは、

2012年の11月初旬。

 

その頃住んでいた川越では

風が冷たくなり始めていた頃だった。

 

 

 

フィリピンビールの特徴

 

 

フィリピンといえば、

サンミゲルのビールを知らない人はいない。

 

何しろフィリピンのエクセレントカンパニーでもあるこのブランドは、

なんと国内の91パーセント以上のシェアを占めているというから

さすがに驚く。

 

 

チェコとは違いフィリピンのある東南アジアは常夏なので、

汗をかいた後ビールを本当に美味しく飲める。

 

もともと焼酎やウイスキー派だった俺ですら、こっちでは

まずビールを飲むことにしている。それも、グラスに氷で飲む

スタイルが気に入っているから。

 

 

そしてチェコ同様ビール好きにたまらないのは、その安さ。

フィリピンでは一本70円程度から飲める。

 

気軽に楽しめるのはいいが、肝臓に気をつけないと

ナベさんのように現地の病院のお世話になってしまう(笑)。

 

 

 

 

 

おすすめのフィリピンビール

 

 

定番はサンミグライトだが、俺がおすすめなのは

女性でも飲みやすいサンミグライトアップル。

 

同じく女性にも人気のサンミグライトレモンは、

コロナのような味でサンミグライトとアップルの中間のような感じ。

 

 

ライトでないノーマルのサンミゲル、そして

レッドホースはフィリピンビールの中でも度数が強め。

酔えるビールが好きなあなたはこっちだろう。

 

俺の場合は、レッドホースを飲むと

翌日に二日酔いになるので避ける(笑)。

 

 

苦味が好きなあなたには、

ふっくらしたボトルのサンミゲルピルセン。

 

ちょっと上級バージョンで本当に美味しいものが飲みたければ

黒ビールのセルベッサネグラや、プレミアムモルツ。

 

 

変わり種としては、これもどこかで聞いたことがある(笑)

スーパードライ、またカロリーが少ないゼロ。

 

そして最近セブ在住のモテ仲間からおすすめされるようになったのが、

ザ・セブルワリーや二パブリュー、クラフトポイントといった

クラフトビール達。

 

これらについても今後、

詳しくレポートしていきたい。

 

 

ちなみに、おすすめのフィリピンビールの飲み方としては

やはりグラスにたくさん氷を入れて。友達と飲みに行くなら

バケットで頼み、何人かでシェアするのが定番スタイル。

 

ちなみに、お店で出てくる氷に穴が開いていれば

ミネラルウォーターを使った氷なので、お腹を壊すことなく

快適に楽しめる。

 

 

 

チェコ女性とウクライナ女性中国女性に目がない金田。結局

ビール好きのロシア人と結婚した同じマザコンの彼は(笑)、

それが偽装結婚だったことにショックを受け、日本を離れた。

 

チェコビールにも詳しい彼。今はドバイで仕事をしているようだが

果たしてメンタルは大丈夫なのか・・・

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは7件です

  1. ヘイテ より:

    いいなぁ。チェコ。美人がオオイきがします。ビールも試してみたい^^¥
    >ニュースレターにご登録頂き、
    音声をお聞きくださってありがとうございます。
    今回は、僕の周りを含め多くの人が悩みとして持っている
    「ライフスタイルが変わらない」「そのためになかなか自分が変われない」
    ということについて、
    ストレートにお伝えすることになりますが、
    変わることに真剣なあなたに響くよう
    想いを込めてお届けします。
    今日お話するのは3つです。
    環境を変える
    組織に依存しない生き方を目指す
    客観的な視点を持つ
    まず環境を変えるというお話です。
    オンラインでつながったこのモテ仲間コミュニティが、
    あなたの新しい環境になれたら嬉しいです。
    次に、組織に依存しない生き方を目指すというテーマです。
    最後に、客観的な視点を持つというお話です。

  2. makostyle より:

    最近本当に暑いのでビールがおいしいですね!しかし週末以外は基本的に飲まないようにしているので、喉がカラカラの時に独特のチェコのビールを飲んだら本当にうまいだろうなと思います!

  3. マゼンタ より:

    チェコという国は知っていても、有名なモノや観光地はまったく知りません。ビールが有名なのですね。こだわりのビールがしかも安い。ビール好きにはたまらないでしょうね。バービー人形のような体型の女性も気になります。

  4. ひかり より:

    ビールといえばドイツが有名だと思っていましたが
    チェコのビールも有名なのですね!!
    ビールをこよなく愛する私としては
    現地でぜひ飲んでみたいです。
    本場の味を確かめたいものです。

  5. ユウゾラ より:

    近所にドイツなどヨーロッパのビールをたくさん揃えているレストランがあり、ひと昔前は頻繁に行きました。チェコのビールがあったかどうか記憶にありませんが、また行ってあれば試してみよう!

  6. つよし より:

    アルコールはあまり強くないが、チェコやドイツで
    うまいビールを飲んでみたいという願望がある。
    ドイツはつまみにソーセージとザワークラウトだけど
    チェコのつまみはどんなものなんだろう。気になるな。

  7. ひかり より:

    海外のビールはあまり味わった事がありません。
    ドイツのビールを飲んだのですが
    やっぱり日本のビールが一番だと思いました(笑)
    チェコのビールも気になります。
    日本で市販されているのでしょうか?

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ