本当に日本の未来は暗いのか?


 

 

「未来の日本はダメになるのかな・・・」

 

 

 

新しい仕事について話したいと

Skypeでコールしてきた妹のリエ。

 

職場で何を聞いてきたのか、いつになく暗い表情(笑)。

 

 

 

 

 

現状の日本と未来

 

 

経済危機、自然災害への対処、医療や介護、税金など・・・

 

この日本という先進国は、現状はもちろん、

未来へ向かって様々な問題を抱えている。

 

 

個人的に気になっているのは、世界で唯一の被爆国であり、

原子力発電所を世界一多く持つ「核」に悩まされる国でありながら、

核兵器に対して寛容な方向に向かっていること。

 

日本が誇る世界的な俳優・渡辺謙も未来を憂いていたが、

これは俺も全く同感。

 

俺自身は新倉小にいた頃に繰り返し読んだ「はだしのゲン」の衝撃が

今もビジュアルで頭に残っている(笑)。そんな政治家が被爆者に

どんな顔で向き合えるのか、不思議でならない。

 

 

この移住したフィリピンにいると、木村を始め周りにいる多くの

日本人が、フィリピンに家を買って近い未来移住することを相談

してきてくれるが、先見の明がある賢い選択だと常々感じる。

 

ゆっくりと縮小に向かう成熟した先進国と、人口がバンバン増え

活気があり、経済力が上がっていく新興国・・・

 

 

今すぐに日本を出て海外に移住することができなくても、ビザや

不動産の取得、現地でのビジネスや未来のコネクションづくり。

 

もっと小さな行動なら、現地の口座を開設してそこに預金を少しずつ

移していくなど、現時点でできることは少なからずある。

 

日本の未来をただ不安に思ってモヤモヤ日々を過ごすよりも、

よっぽど建設的な考え方とアクションだ。

 

 

 

未来の日本の変化に備えるための

複数収入の構築法とは?

 

 

 

 

まだ日本の未来に期待できる理由

 

 

俺は、日本の未来に絶望しているだけではない。

 

日本人の意識レベルの高さ、もともと持っている仕事に対する

真摯な姿勢、時間やお金、約束を守ることに対する真面目さ。

他人に丁寧に接しようとするスタンス・・・これからの未来でも

世界で通用する素晴らしさがたくさんある。

 

 

東京などに住んでいると、他人の目を気にすることが先行するあまり

オープンに人助けできない人が多いが、もともと日本人は他人を

助けたいと思っている。

 

自分の有休を全て使い果たしてまで海外に医療ボランティアに

来ている医師の有川さんなどを見ても、それは本当に感じるところ。

 

 

幕末の坂本亮馬のようなヒーローが群雄割拠で現れなくても、日本の

長い歴史の中で培われた大和魂が、日本をもう一度熱い国に変えると

勝手に信じている。

 

 

また日本人は他の言語を覚えることに慣れていないため、外国語に

自信がない人が多いが、英語を話せる日本人が自信満々に海外で活躍

しているのを数えきれないほど目撃している。

 

これに海外での安定した経済力がつけば、鬼に金棒。日本人は

もともと能力が高く、世界でもリーダーシップを取れる人種だ。

 

 

俺は政治や教育を変えるなどドラスティックな行動はできないが、

自分の身近にいる大切な仲間とそれぞれの家族にハッピーに生きる

ためのアイディアを提案し、具体的に応援することはできる。

 

明るい日本の未来のために、フィリピンから

このゲリラ的な活動を続けていきたい。

 

 

 

日本からボホールに移住したモテ仲間の和樹さん。一緒に

チョコレートヒルズを眺めながら、引き寄せた恋愛結婚の

引き寄せ方、未来の仕事についてキンキンに冷えたビール瓶

を片手に語った。

 

女性を喜ばせることが至福という

共通の結論に達したが(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. ぴより より:

    これからの未来についてあまり憂うことは良くないです。特に子供を持てばわかりますが、子供好きにそんな人は皆無です。早く結婚して子供を持つべきですね。私は日本の未来を憂う人ばかりが日本にいて欲しくないからです。希望を持たなければ日本の子供はどうなってしまうのでしょうか?

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ