日本の将来を憂うなら、海外との二重生活を勧める理由とは?


 

 

あなたは日本の将来に不安を

抱いたことがあるだろうか?

 

 

俺は10代前半は、1999年7月に世界が滅亡すると吹いていた

「ノストラダムスの大予言」への不安(笑)、そして20代前半

からは、日本の将来への不安にさいなまされていた。

 

結果移住したこのフィリピンから、海外移住や二重生活を

希望する仲間に向けて、今この記事を書いている。

 

 

 

 

 

予測できる日本の将来

 

 

まず、日本の現状を簡単に整理してみたい。

 

 

世界が初めて経験する、少子化と高齢化の同時進行。

 

人口は国のパワーそのものなので、当然

市場規模も縮小に向かう。

 

1970年代を始めとする高度成長期に先人達が血のにじむ努力を

してくれたおかげで、日本の元々の経済規模が大きく、将来への

ドラスティックな影響はまだ見えないが。

 

 

1,000兆円を超える国の負債。

 

これも世界的には最大規模。日本の歴代の総理大臣は物理的に

これを完済するのが難しいことを知っているので、だましだましの

政策で国民の納得を取りつけながら、ひたすら将来まで先延ばしに

することを続けている。

 

 

若者を始めとする日本の貧困化の深刻さ。非正規雇用者の拡大や

生活保護受給者の増加。経済の悪化は、将来の治安の悪化を招く。

 

年間3万人の自殺者も、国の閉塞感を如実に表現する。

 

 

遅々として進まない政策。こんな状況でカジノを解禁するなど

トンチンカンな方向性に。

 

ドイツのある組織が公表した「各国の腐敗度ランキング」では

日本はまだマシなほうだったが(笑)、それでも国民や将来の

ことを、政治家や官僚がどれだけ真剣に考えているのか疑問。

 

 

何より怖いのが、自然災害。東海大地震、南海トラフ、首都

直下型地震とそれらによる津波の可能性は以前高く、それによって

日本経済が大打撃を受けることが将来で最も深刻なこと。

 

地震保険の破綻や年金制度の崩壊、医療費の増大、

原発などの問題もある。

 

 

現状と将来の日本の問題は、周知の通り山積みだ。

 

 

 

日本の将来に対して今できる準備。

経済的・時間的・人間関係的自由の構築法

 

 

 

 

日本の将来を踏まえて、海外移住または二重生活を勧める理由

 

 

これらの問題から目を背け、日本という国を捨てて海外に

逃げることを推奨するものではない。

 

俺自身はフィリピンにビジネスや仲間との縁があり、またこの国が

大好きなので完全移住しているが、仲間には日本と海外との

二重生活を実現している人が多い。

 

 

原発の事故によって、福島があれだけ厳しい状況になっても

そこから離れなかった人がいるように、何があっても故郷を

捨てたくないという価値観もある。

 

しかし柔軟に考えれば、自分や家族の命と人生を

守ることこそが大切なこと。

 

そうであるなら、日本が将来どうなってもいいように

別の居場所を大丈夫な今のうちから確保しておくことが、

賢い選択。

 

 

そこで問題になるのは、言葉や度胸ではなく

何より安定した経済力。

 

そのためのオンラインビジネスの構築法は、

ニュースレターで指南している。

 

 

 

日本とフィリピンの地震に怯え、環境を変えるために

フィンランド就職を考えている両国のキム。将来はガツンと

お金のセルフイメージを上げ、自分らしさの例を明確にして

いくことを決めた。

 

満員電車が大嫌いなのは俺と同じなので(笑)、

遅かれ早かれ海外移住は実現するだろう。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは7件です

  1. makostyle より:

    先日仕事仲間と話をしていて、犯罪の観点から日本に生まれ住んで本当に良かったという事を彼らは言っていましたが、本当にそうなのかなと思います。確かに海外は怖いイメージはありますが、本当の豊さを求めるなら日本に限った事ではないと思います。

  2. シミ より:

    日本の将来を真剣に考えれば考えるほど不安になりますね自分の将来やっぱりここに書いてある通り不安ですどうすれば解決できるのかそればかり考えていますそしてこのブログにたどり着きました感謝してますありがとうございます何かの縁だと思いますそして必要なものに8杯関係ないものはいらないと言うのはわかっています自分はここの情報をどう生かすかそれがこの人生の宿題だということに気づいています難しくてもちょっとでも前に進むことを意識していきたい少しでもちょっとでも前に進んでいきたいできることからやっていきたいそんな気がしています難しいとは思いながらもできることをちょっと見やっていこうと思います大変なのは重々承知ですでも一歩一歩前に向かっていくことそれこそがかっこいいと自分でも思います

  3. マゼンタ より:

    いろいろな不安はどこの国に暮らしても何かしらあると思います。なので二重生活なんて必要かな?と思います。別の居場所を確保しておけば良かった…なんて後悔することにならないように、願いたいです。

  4. ユウゾラ より:

    それなりの年齢なのですが、日本がいい時に生まれ育ち、日本は世界で1,2番目にいい国だとずっと思ってきました。しかしこれからはその神話が崩れていくのだろうと思います。そうなると海外との二重生活も必要になることがあると思います。

  5. かおるママ より:

    正直、日本の将来を全く期待してはいません。国会で意味不明な討論をしている報道を見ているとお先真っ暗に思うのは当たり前です(笑)政策に関してはもう誰がやっても同じことだと思います。身近な恐怖といえば南海トラフですね!天災はある日突然やってくるもの。更に恐怖を感じます。無事ではすまないことがわかっているので何をどう対策すればいいのやら。二重生活を真剣に考えることが必要なご時世になってきてますね。

  6. ひかり より:

    日本はこれからどうなてしまうのでしょうか?
    少子高齢化で人口は減るばかり
    しかも消費税は上がり
    どんどん不景気になりそうです。
    海外生活に憧れます!!

  7. ニック肉食 より:

    日本の先行きは確かに不安が一杯ですね。海外に出たほうがいいのか、という気もしますし、日本を捨てたくはないという気持ちもあります。どちらが正しいのかなんて分かりませんが、悔いのない選択をしたいですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ