デンマークの福祉の魅力とは?


 

 

「世界一幸福な国」といわれるデンマーク。

福祉がその評価に大きく貢献していると感じる。

 

日本とどこが違うのか、

考えてみたことはあるだろうか?

 

 

 

 

 

デンマークの福祉の実情

 

 

有名なところだが、デンマークでは出産費用も教育費も無料。

医療費も無料で、さらに厚い高齢者福祉。

 

国民の税金負担率は7割とかなり高納税だが、その見返りが

大きいのが日本とかなり違うところ(笑)。

 

 

また特徴的なのは、育児制度も充実している部分。日本のように

待機児童や保育園建設への反対など、おかしな社会問題は出てこない。

 

 

教育制度もかなりユニークだ。

 

デンマークでは、自分にとって何が得意なのか、どんな職業に

就きたいかを義務教育の間に徹底的に考えさせられる。ここまで

福祉の一環と考えたらすごい。

 

その上、一つ一つの仕事は資格という位置づけであり

それぞれにやりがいのあるポジションを与えられている。

 

仮に離職しても、例えば失業保険は以前の職の9割分が

4年間保障されるなど、保護も厚い。

 

 

平等なチャンス、やる気次第で高い収入を得られる。

のびのびチャレンジできるという意味で魅力的だ。

 

 

 

デンマークの福祉を享受しながら

経済的不安なく永住を続けるには

 

 

 

 

福祉以外のデンマークの魅力

 

 

消費税率が25%、所得税も50%など高い税金に関わらず

デンマークの人達が世界一幸せといわれるのは、福祉以外にも

やはり多くの魅力があるから。

 

海にも近く自然が豊か。

歩いているだけでも気持ちが明るくなる、楽しい街並み。

 

 

国民性でいえば「自分だけでなく、みんなが幸せなら自分も幸せ」

という考え方。同じヨーロッパでも、フランスなどは個人主義が

はっきりしている。

 

個人的には、自分で何かを目指してチャレンジし、失敗から学ぶ。

その成長の喜び、人の役に立つ喜びこそが本当の幸せだと感じている。

 

つい昨日も、マニラでご近所のフィリピン人

リチャードとそんな話をした。

 

デンマークの人にそういった野心がなく、ただ現状に満足している

と考えれば、本当の意味での幸せとはいえないという春成のような

意見もある。

 

ここは価値観の問題。

 

「ゆりかごから墓場まで国がしっかり支える」という安定度を

幸福の尺度とすれば、そして「公平」を平等と言い換えるならば、

デンマークは間違いなく幸せな国の一つだ。

 

 

 

アメリカ人との恋愛で、恋愛における尊敬の大切さを学び

決めつける人の心理も理解したフィリピーナのチャンダ。

 

島暮らしの移住を始めたが、将来の仕事を考えてデンマークにも

住みたいと語る。やはりその大きな魅力は、外国人も享受できる福祉。

 

さて、どうなっていくのか・・・

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ