フランス生活の3つの魅力


 

 

日本人の中にも憧れる人の多いフランス。

ここで生活したいと思ったことはあるだろうか?

 

 

 

 

 

フランス生活の魅力

 

 

日本でオリヴィエと結婚して、最初はパリに住み

その後、南仏に移住した香ちゃん。

 

便利なもので、俺が住んでいるこのフィリピンとヨーロッパの

フランスでも、インターネットのおかげで距離感を全く感じさせない。

 

彼女の語るフランス生活の魅力は様々。

 

 

まずは個人主義

 

これは当然、合う人とそうでない人がいるが・・・

 

監視社会・干渉社会である日本での生活に疲れ果て、ストレス

まみれになっている社会人が圧倒的に多いのを見ると、日本人でも

実は合う人が多いと確信する。まさに俺がそうであるように(笑)。

 

結婚してもパートナーに干渉しすぎないのは

フランス生活の特徴。

 

 

ストレスの少ない生活

 

時間にゆるいところは、南国の

フィリピンタイムに近いものがある(笑)。

 

フランス人の場合はむしろ、待ち合わせなどでわざと遅れてくる

人がいるが、これは相手を焦らせないという心配りであり彼らの

生活習慣。

 

フランスでは1ヵ月以上の長い休みなどは当たり前。オンオフを

はっきり分け、プライベートの生活を思いっきり楽しむ国民だ。

 

 

そして自立ロマンス

 

パートナー同士でも、お財布はちゃんと分けている。逆に

これは海外では普通で、日本人が特殊ともいえる。

 

俺も財布は握られたくない。久喜にいた頃の一瞬だけ、全ての

財産を管理される経験をしたが・・・自分の人生とは思えない

ほどだった(笑)。

 

 

一方でフランス人にとっては、パートナーとの関係は愛が全て。

それが覚めたら2人を引き留めるものはなく、結婚生活もあっさり

終わってしまう。

 

日本でも女性が自立し、パートナーの経済にしがみついて

子供のために離婚を避けていた昔とは変わってきたので、

ある意味、欧米の感覚に近づいてきたともいえる。

 

 

ちなみにフランス人男性にはマザコンが多いが、

これは俺ととても気が合うところ(笑)。

 

 

 

フランス生活を時間の余裕の中で

経済的不安なく続ける方法

 

 

 

 

フランス生活のネガティブな側面

 

 

もちろん相手によるが、フランス人には

自分が悪いと認めても謝らない人が多いところ。

 

こちらが分かっていれば折れてあげることもできるので、

これは必要な知識だ(笑)。

 

 

フランス人にはエコ意識の高さなのか、水を無駄に使うと怒る人が

多いのが特徴だと、香ちゃんがはにかみながら語る。

 

 

現地に住むジュリーも言っていたが、人気のパリは汚い場所も

多かったりする。そして、のんびり暮らすなら南仏をおすすめ

したいというのが彼女の意見だ。

 

 

またイメージ通り、フランス人は母国語を好む。現地に住むなら

英語の他にフランス語をある程度学んでおくのが望ましい。

 

 

公共サービスがしっかりしている反面、税金は高いので

生活費をいかに安定的に確保できるかが、現地での生活の

ポイントとなる。

 

 

 

フランス人と恋愛して、セルフイメージの書き換え見た目との

ギャップを磨くことを始めた香ちゃん。フィリピンのアンヘレス

初めてきてフィリピン女性の性格を知り、もっと自分を磨くことを

決めたひでさん。

 

モテ仲間のこれからの変化が楽しみだ(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. チョコカ より:

    芸術を勉強している私にとってはフランスに住むことは憧れ以外の何ものでもありません。但し、ロマンスは求めていないのでその辺が難しいですね。パンやカフェにも興味あります。もしも雇ってくれる所があれば芸術を学びに行きたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ