ドイツで人気の7つの場所


31337764955_a04f4736c5_b

 

 

日本人になぜドイツが人気なのか、ご存じだろうか?

 

 

 

 

マニラに遊びに来た森ちゃんが、来月以降の

デュッセルドルフとベルリンの旅行計画を立てていた。

 

 

確かにドイツは、もともと旅行先として日本人に人気のある

ヨーロッパの中でも、一度は行きたいという人が多い。

 

和光にいるうちの母ちゃんですら、クリスマスマーケットで

人気のドイツに行きたいと笑顔で話していた。

 

マザコンの俺はこの願いを叶えるべく(笑)、ヨーロッパ旅行を

ビジネスクラスで両親にプレゼントしようと奮闘している。

 

 

 

 

 

ドイツの人気スポット

 

 

やはりドイツといえば、お城。特にノイシュヴァンシュタイン城

ディズニーランドが好きな人には、あのシンデレラ城のモデルに

なったことで知られている。

 

それ以外でも、宿泊可能なお城があったりするのも面白い。

 

 

ローテンブルク城壁は、中世の面影がそのまま残っている。

ブランデンブルク門ケルン大聖堂もドイツの定番人気スポット。

 

 

またバンベルク旧市街には、中世の街並みが1世紀以上も経って

いるのに美しいまま残っている。

 

そして旧市街といえばリューベック。まさに過去

世界の貿易の中心だった場所だ。

 

ドナウ河畔には、2世紀以上の歴史を持つレーゲンスブルク

旧市街もある。

 

 

ドイツなどヨーロッパをシェンゲン協定内の3カ月で度々放浪している

政木さんもそうだが・・・多くの人はミュンヘンからヨーロッパ旅行を

始める。それは、ここから2時間圏内でヨーロッパで人気の主要都市

全てにアクセスできてしまうから。

 

ドイツのフランクフルトも同様の機能を果たしてくれるため、

ヨーロッパ旅行者には人気の都市だ。

 

 

 

イタリア・スペイン・フランス・ドイツ。

人気のある場所にどれだけ滞在していても

時間的・経済的不安を感じないでいられる

理由

 

 

 

 

日本人にドイツが人気の理由

 

 

日本は治安が良いことで有名だが、このドイツも安全さや

治安の良さは人気の理由の一つ。

 

ちなみに非日常が好きで、海外でモテ仲間を除く日本人とは会いたく

ない天邪鬼な俺としては・・・このフィリピン特にマニラは治安が悪い

イメージのままでいいと思っている(笑)。

 

 

ドイツ人が親切で紳士的なところ。さらに日本人と近い特性、例えば

時間を大切にするなども日本人が親近感を持てる理由だ。

 

彼らの多くが英語を話し、日本人にとって唯一なじみある外国語

英語が通じるのも安心の理由。同じヨーロッパでも、英語は通じやすい

場所とそうでないところがあるので。

 

 

クリスマスマーケットに限らず、美しい街並み。街自体がアート

なのはヨーロッパ全体にいえるが、何しろドイツは世界遺産の数が

世界で5番目。街全体が世界遺産という場所は多くはない。

 

にも関わらず交通網が発達していて、観光もしやすい。

 

 

ビールと肉料理が好きな人にはたまらない。ドイツパンは

日本にいた頃、よく成増のお料理会で作ったのを思い出す(笑)。

もちろん本場は格別だ。

 

オーケストラなどクラシック音楽が好きな人にはフィルハーモニー、

ベートーベンの生地としても有名なドイツ。

 

 

そしてまきちゃんのように現地デュッセルドルフで仕事を

するような人にとっては、仕事とプライベートをきちんと分けて

自分の時間を大事にできることが魅力。

 

また先進国であるにも関わらず家賃相場が低かったり、比較的

永住権が取りやすいのは移住希望者にありがたいところだ。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. チョコカ より:

    家事はドイツ人の主婦が一番という事を聞きました。きっと根がとても真面目なのですね。凛とした感じがありますね。私はケルトが好きなのですが似たような感じがあるようです。真面目ですね。ドイツの物づくりに興味があるので行くと思います。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ