マレーシアとインドネシアの宗教って?飛行機やフェリーでの距離や時差、国境の地図や関係、違い。マレーシアでもインドネシア語は通じる?


 

 

距離的に近いマレーシアとインドネシアは、

行ったことがなければ日本人にはイマイチ違いが分からない。

 

 

そこでこの記事では、埼玉から東南アジアに移住し

現地を何度も訪れた男が、両国の共通点や違い、関係について語る。

 

 

 

マレーシアとインドネシアの共通点

 

 

何といっても、マレーシアとインドネシアは

どちらも東南アジアで日本人に人気の旅行先。

 

いずれもイスラム圏であり、現地の食生活や文化が

日本とはかなり異なっている。

 

何しろ、インドネシアといえば

世界最大のイスラム教徒の国だ。

 

 

マレーシアの言葉や食べ物は、実はかなり

インドネシアのものと似通っている。

 

美しいビーチリゾートが豊富にあるというのも、

マレーシアとインドネシアに共通している部分。

 

このフィリピンもそうだが、俺のような夏男には(笑)

南国の過ごしやすい気候が心地いい。

 

 

 

マレーシアとインドネシアの違い…時差も?

 

ご存じの通り、インドネシアといえばこのフィリピンと同様に

島国でありマレーシアのほうが国内の移動が容易

 

 

そして、同じ多民族国家でありながらマレーシアのほうが

統一が取れているところも違いといえる。

 

インドネシアでは民族問題が複雑であり、

宗教を含めやはり多くの対立が存在している。

 

そんな情勢につけこみ、例のイスラム国がこの国でテロを起こそうと

画策したが失敗に終わり、フィリピンのミンダナオに矛先が向いた。

 

 

さらに、マレーシアの場合はクアラルンプールのような大都市を中心に

インドネシアよりもずっと発展を遂げている。

 

そのせいか、治安の面でも

やはりマレーシアのほうが勝っている。

 

ただ意外だったのはイスラム教徒の戒律、例えばお酒を飲んではいけない

といったルールはマレーシアのほうが厳しいという点。

 

 

現地に来れば分かるが、インドネシアより

マレーシアのほうが英語が通じやすいという特徴も。

 

経済発展しているマレーシアのほうが物価や人件費が高く、

インドネシアのほうが生活費の面では移住しやすい。

 

日本の芸能人ガクトがマレーシアに移住したのは

個人的に意外だったが(笑)。

 

 

ちなみに現地人の個性としては、マレーシア人のほうが

個人主義の傾向が強く「私は私」という文化なのが興味深い。

 

 

そして両国で通じる便利な「テレマカシ」(ありがとう)は、

是非覚えておいて現地で使いたい。

 

インドの「ナマステ」ほど汎用性はないが(笑)。

 

 

ちなみに時差は、マレーシアのほうが1時間早い。

 

つまりマレーシアは日本の-1時間

インドネシアは日本の-2時間

 

 

 

マレーシアとインドネシアの関係。戦争はあった?宗教の点では?

 

 

マレーシアとインドネシアは、隣国で宗教、

民族的にも同じであるがゆえに対立している

 

 

宗教はともにイスラム教を信仰する人が多い

 

 

これまでの歴史では、戦争とはいかないまでも

紛争やトラブルが頻発している。

 

 

マレーシアもインドネシアも石油や

天然ガスなどの資源産出国であることから、

 

アンバラット海域の領有権をめぐって

対立し国際司法裁判で争う事態が起きた。

 

 

 

農業でも、マレーシアとインドネシアは

プランテーションによる天然ゴムなどの輸出でも対立している

 

 

パーム油の原料アブヤラシの全世界の

生産量の85%をこの2国が占めていて、

中国などへの輸出をめぐって競争している。

 

 

 

一人当たりのGDPを見てみれば、

マレーシアはインドネシアの3倍、

インドネシアの10人に1人は貧困層だと言われている。

 

 

こんな事情からインドネシアは

マレーシアに劣等感があるものの、

多くのインドネシア人がマレーシアに出稼ぎに行っている。

 

 

そこでマレーシア人に虐待されるなどの事件が起き、

インドネシアとマレーシアはますます仲が悪くなっている。

 

 

 

マレーシアとインドネシアの距離。国境などを地図で見てみると?当然フェリーより飛行機がおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マレーシアは、南シナ海を挟んで

西のマレー半島とボルネオ島北部の東マレーシアから成る。

 

 

西マレーシアとインドネシアスマトラ島の

間にはマラッカ海峡がある。

 

 

東マレーシアの一部にブルネイがあり、

ボルネオ島南部はインドネシアの領土で

マレーシアとインドネシアは国境を接している。

 

だから陸移動が可能だ。

 

 

シンガポールが西マレーシアと陸続きのように見えるが、

西マレーシアとシンガポールは

ジョホール海峡によって切り離されており、

 

インドネシアとシンガポールは

シンガポール海峡によって分けられている。

 

 

地図をよく見ると切り離されていることがよくわかる。

 

 

西マレーシアのマラッカから

インドネシアスマトラ島のドゥマイまで

直線距離では約60kmフェリーで2.5~3時間ほどで行ける。

 

 

 

マレーシアという人気の移住先でも、

自然が豊富なインドネシアでも。

場所を問わない収入を手に入れる

具体的な手段とは?

 

 

マレーシアでもインドネシア語が通じる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マレーシアの公用語マレー語は、

現在のインドネシア、スマトラ島が発祥地で、

 

海上貿易を通じてマレー半島、

ボルネオ島に伝わったと言われている。

 

マレー語が公用語の国は、マレーシア以外に

インドネシア、ブルネイ、シンガポールで、

 

マレー語使用国としてタイ南部の一部と

プィリピンの一部がある。

 

 

ただ、インドネシアではマレー語と

言わずインドネシア語と言っている。

 

 

実はインドネシア語はマレー語をベースに変化したものだ。

 

 

インドネシア語とマレーシアの

マレー語は同じ言語を起源としているのだ。

 

 

そんなわけでマレー語にはインドネシア語が

含まれることになるが、シンガポールやマレーシアでは

マレー語と言い、インドネシア語とは言わない。

 

 

 

マレーシア人はインドネシア語を

知っているというのが一般的だ

 

 

インドネシア人も同じだ。

 

マレー語の子供向けテレビ番組が放送されていて、

インドネシア人はマレー語がわかる人が多い。

 

 

マレー語とインドネシア語は、

スペルと発音が違うことが多い。

 

 

例えば、「病院」はマレー語でHospital(発音:ホスピタル)、

インドネシア語ではRumah sakit(発音:ルマ サキッ)

というようにかなり違う。

 

 

インドネシア語は自国語に置き換えているからだ。

 

発音の違いは、インドネシア語はrを

かなり舌を巻いて発音することだ。

 

 

「大学」はマレー語でUniversitiで英語に近い発音だが、

インドネシア語ではかなり舌を巻いて

Universitas(ウニフェスシタス)とUniの部分の舌の巻きが強い。

 

 

 

しかし、スペルや発音が似ているものもある。

 

 

例えば、タクシーは、マレー語でteksi(テクシ)、

インドネシア語でtaksi(タクシ)だ。

 

 

警官は、マレー語でpolis(ポリス)、

インドネシア語ではpolisi(ポリシ)だ。

 

 

 

インドネシアとマレーシアの大きな違いは、何と言っても人口!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マレーシアとインドネシアは

人口からいって大きく違っていて、

 

マレーシア3000万人インドネシアは約2億5000万人と、

10倍近い差がある。

 

 

インドネシアはこれだけの人口を抱えているから

国民の経済的格差が大きく、貧困層が大きいのもうなずける。

 

 

人種構成は少し違う。

 

マレーシアではマレー系が多数(69%)を占めるが、

中国系23%インド系も7%いる。

 

 

インドネシアではマレー系が大多数を占め、

中国系は5%ほどだ。

 

しかしインドネシアは14000以上の島に

2億5000万もの人が住んでいて、

 

スンダ人やバリ人など多くの民族があり、

マレーシアのほうが格差も少なく統一されている感がある。

 

マレーシアのほうが国が発達しているが、

物価が高い。都会的な暮らしが住みやすさ

と考えるならマレーシア

 

のどかなところでのんびり暮らしたいなら

インドネシアのほうが住みやすい。

 

 

マレーシアとインドネシアの違いが

対立という形に現れてはいるが、

どちらも aseanを引っ張る大国だということは間違いない。

 

 

東南アジアの団結や協力のために、

この2つの国の存在は欠かせない。

 

 

 

まとめ…インドネシアとマレーシアの違いと共通点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マレーシアとインドネシアの言語の関係や、

問題についてまとめてみた。

 

 

マレー語とインドネシア語は

かなり近く隣国でありながら、

利害関係や格差意識、

 

それを発端とした事件などもあり、

残念ながら関係がいいとはいえない。

 

 

しかし、情報化、グローバル化の中で

お互いを認め合う意識は高まっていくと期待できる。

 

 

日本人なら「東南アジアの国」

「イスラム教徒が多い」くらいしか

知らない人も多いマレーシアとインドネシアだが、

 

実は2つの国の言語は歴史的に関係が

深くお互いが母語で話しても通じるといわれるほどだ。

 

 

しかし、経済的またはその他の問題から

様々な問題が起きていて対立もある。

 

 

 

インドネシアのジャカルタに移住したのは、偽装結婚

トラブルを超えて本物のウクライナ女性とゴールインした

運の良い宏一。

 

かつて会話やコミュニケーションが苦手だった彼は、

俺と同じ元人見知りの男だ。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは24件です

  1. makostyle より:

    世界の事に疎い私は、恥ずかしながらインドネシアとマレーシアの違いなど判っておりません。またインドネシアが世界最大のイスラム教徒の国という事も知りませんでした。でもこういう情報はとても大事ですね。勉強になります。

  2. くろ より:

    マレーシアもインドネシアもどちらも東南アジア有数のリゾート地ですが、治安や経済発展ではマレーシアのほうが数段上ですね。どちらもイスラム教国ですが、マレーシアはマレー人、中国系、ヒンズー系が共存してお互いを尊重していますし、人種対立や宗教対立も特にありません。インドネシアは混沌としていてテロもあるのはマイナスですね。

  3. シルビアン より:

    マレーシアとインドネシア、特に比べたこともなかったです。
    実際に行ったことがあるし、県内に研修生として来日している人が多い
    インドネシアの方が身近に感じます。

  4. じゃくさん。 より:

    マレーシアもインドネシアも、どっちもいってみたい!先に自由にならないと><あなたをレアカードに変えるもの
    今日は久しぶりに、
    長めの動画のご紹介を。
    藤原さんの有名な授業だが、
    まだご覧になっていない
    あなたのために。
    日本にも、まだまだ鬼才がいる
    という事実を教えてくれる。
    この年という
    重要なタイミングを考えた時、
    あなたには
    AIがどんなに発達しても、
    グローバル化が進んでも
    影響を受けない
    「日本語での情報発信、
    個人メディアを持つという価値」
    を再確認してもらいたい。
    これからは競争なんて考えは古いし、
    他人との比較は無駄。

  5. しおばなはるの より:

    マレーシアとインドネシアかぁ。比べた事なかったですね。でも、行くならなんとなくマレーシアかな。どちらも行った事がないので、どっちも行きたいのが本音かな。そしたらこのブログのように比べることも国の違いを比べるのも楽しそうだし。

  6. うず より:

    美しいビーチリゾートが豊富にあるのが、マレーシアとインドネシアの共通点だったなんて知らなかったので、また1つ勉強になりました。

  7. けん より:

    マレーシアは凄く行ってみたい所の1つでもあります。どこをみても綺麗な景色。羨ましいです。ぜひ訪れたいです

  8. imoko より:

    はじめまして。

    わたしも、GACKTがマレーシアに移住したのは驚きました!豪邸だそうですが…
    マレーシアもインドネシアも変わらないイメージでしたが、英語の通じやすさや発展性に関してはマレーシアのほうが進んでいるんですねえ。
    治安もですが、衛生面も気になります!

  9. ポップ より:

    AKBグループのJKTがあるのがインドネシアのジャカルタ
    バドミントンが強いのはインドネシア?
    あれ?マレーシアってリゾート地ってイメージがあるけど
    改めて考えてみると実際には何も知らない事に気づかされます。

  10. マリブ より:

    昔インドネシア人女性とお付き合いしていました。彼女は日本語が話せなくて気が強くて、でもすごく優しい子でした。そんなことをふと思い出しました。マレーシアには一度出張で行きました。たしかに、みなんとお酒は飲めなかったですね。どちらに住みたいかと言われたら、インドネシアですね。雰囲気が日本と似ています。

  11. より:

    正直、マレーシアは衛生面が気になりますね。
    国民性としてはどうなんでしょう?
    マレーシアの方が個人主義なんでしょうか?

  12. のっち より:

    ガクト、マレーシアに移住しましたよね~!
    お金持ってるだろうし、色んな国の言葉話せるし、ガクトにとっても都合良かったのかなあ(笑)

  13. キタロー より:

    マレーシアに比べてインドネシアは街間の移動が大変そうなイメージがありますね。島・島・島って感じがします。イメージ通りなんでしょうか?

  14. おきあみ より:

    どちらの国もイスラム教圏なのですね。
    マレーシアの方が戒律に厳しいというのは意外ですね。
    何となく、穏やかな南国気質の人が多く規律に縛られず生活しているイメージを持っていました。

  15. エコロ より:

    以前マリーシアにはパックの旅行で行ったことがありますが、インドネシアは全然知りませんでした。災害が多いと聞いたような気がします。
    しかし、世界最大のイスラム教徒の国とは初耳でした。

  16. 今日子 より:

    GAKTOが移住したのは知らなかったです。
    マレーシアとインドネシアの違いは
    私は、宗教色が強いのがインドネシアのように
    感じていましたがどちらもイスラム教なのですね。

  17. なつ より:

    比較が分かりやすいです。物価などが多少高くても個人的に治安は大切です。マレーシアに興味が出てきました。

  18. ドクターC より:

    いとこがインドネシアで暮らしているので区別はついていましたが、インドネシアとマレーシアは仲が良くないのは知りませんでした。人口もそれほど差があるとは驚きです。マレーシアには行ったことがないのですが、食事が辛くておいしいと聞いたので、一度は行ってみたいと思っています。

  19. わかな より:

    総合してマレーシアの方が住みやすいということでしょうか??
    インドネシアとマレーシアが仲が悪いというのは知りませんでした。

  20. まや より:

    マレーシアとインドネシア、そんなに人口が違うんですね!とってもびっくりです!
    10倍も違うとは思いませんでした!

  21. ふじなな より:

    大雑把なイメージで、マレーシアは都会的でインドネシアは貧しく感じていました。
    実際もそのようですね。
    インドネシアと聞くと思い浮かぶのはマレーシアよりブルネイ王国です。
    DANさんはブルネイには行ったことありますか?

  22. あん より:

    マレーシアとインドネシアって近くなのにそんなに違いがあるんですね。中でも人口の差にビックリしました!

  23. まな より:

    マレーシアとインドネシアは比較されがちですが、全然違うとも言いますよね。
    私はやっぱりマレーシア行ってみたいです!

  24. 皐月 より:

    日本人の移住先にマレーシアはよく聞くけどインドネシアは聞きませんね。
    経済的な差なんでしょうか。
    バリ島には移住している日本人が多いのかな?

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ