シンガポールとマレーシアの共通点と違いとは?


 

 

いずれも、日本人の移住先として人気の

マレーシアとシンガポール。あなたは

その違いをご存じだろうか?

 

 

 

和光からフィリピンに移住し

現地を何度も訪れた男が、両国の違いを語る。

 

 

 

 

 

シンガポールとマレーシアの共通点

 

 

今やかなり発展したシンガポールだが、独立する前は

もともとマレーシアという国の一部だったのはよく知られている。

 

そのため、この両国間は

簡単に行き来ができるというメリットが。

 

 

さらにシンガポールとマレーシアは、どちらも

東南アジアの中では比較的英語が通じやすいという点で共通。

 

どちらも日本から近い東南アジアの国であり、南国の

過ごしやすい気候で老人にも優しい(笑)。冬のある

日本よりも健康的な生活が送れるのがいい。

 

 

 

シンガポールでもフィリピンでも、

インドネシアでもマレーシアでも。

「あの方法」ならどこにでも

移住できるという事実

 

 

 

 

シンガポールとマレーシアの違い

 

 

シンガポールもマレーシアも、東南アジアの経済成長の波に乗って

ガンガン伸びている。特にシンガポールの成長ぶりは著しく、

すでに生活費(物価や人件費)は先進国以上に。

 

シンガポールに比べれば、マレーシアの物価はまだまだ安く

生活しやすいが・・・シンガポールは日本と同じかそれ以上に高いため、

個人的には移住のメリットがあまり感じられない(笑)。

 

 

何しろマレーシアのリタイアメントビザMM2Hに比べても、

シンガポールの永住権PRは取るのが本当に大変になっている。

 

その分、取得できれば経済的なベネフィットなど

永住権としての強みは大きいが。

 

 

街の綺麗さや治安、交通の便利さやネットなどのインフラは

シンガポールが圧倒的に勝っている。

 

利便性については、シンガポールが小さな都市国家であり

当然その地理的な影響も大きい。

 

小さく新しい国の柔軟性を活かして、

改革が常に積極的に進められている。

 

 

俺の大好物のチキンライスを始め(笑)、

シンガポール料理のほうが日本人の味覚に

合う物が多い気がする。

 

一方で、ゴルフ好きなあなたには

マレーシアは天国のような場所。

 

 

ビジネスという面でも、やはり競争が

激しいのがシンガポール。

 

マレーシアのペナンでは、事業の大先輩

小西さんがビジネスで大きな結果を出し

悠々自適な生活を楽しんでいる。

 

 

何を重視するかだが、移住するにはスローライフが送れる

マレーシアのほうが向いていると感じる。

 

お金が十分にあり、単純に利便性や安全を

求めるならシンガポールに軍配が上がるが。

 

 

 

シンガポールから東京に移住したのは、アイルランド文化の研究家で

日本人男性を引き寄せて結婚したマリンタン。

 

感謝されない人生から逆転を図った彼女は、俺と同じく

束縛されるのが耐えられない女性だ(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは16件です

  1. makostyle より:

    シンガポールはどちらかというと一都市というイメージ強かったです。気が付いたら?独立していた、みたいな感じでした(笑)。今ではシンガポールというと憧れの国であったりしますが、マレーシアとの共通点もやはり多いのですね。

  2. マゼンタ より:

    恥ずかしながら、シンガポールがマレーシアから独立したのは知りませんでした。どうしてあんなに小さな島国なんだろうとは思っていましたが…。シンガポールが都市として成長しているのは知っていましたが、マレーシアのことはほとんど知りません。勉強しなければ。

  3. こまち より:

    シンガポールのがいいな。マレーシアはなんだかどこか暗いイメージなんす。わいの思い込みか?>
    自分の希少性を上げることに
    ただ、集中すればいい。
    そして、
    「目の前のことを幸せに思える」
    能力を高める。
    「他人と自分を比べてしまうのは
    しょうがない。
    ただ、
    あの人のほうが私より
    上だとか下だとか考えて
    幸せを他人との比較で
    決めるのは、もうおやめなさい。
    あなたが幸せかどうかは、
    あなたの気持ち次第。
    「自分は幸せだ」と思える人だけが、
    幸せに人生を送れるんです」
    精神科医であり作家、
    斎藤先生の言葉。
    例えば、
    今お金を失う不安ばかりの人は、
    大きなお金を手にしても、
    失う不安は
    消えないどころか大きくなる。
    今持っている感情は
    状況が変わると増幅する性質を持っている。
    ハッピーな感情も大きくなるし、
    ネガティブな感情もまた然り。
    それならば、
    状況を変える努力と同時に
    今目の前のことに幸せを感じ、
    感謝できる意識が大切。
    心のトリートメントは是非、定期的に。

  4. のら より:

    シンガポールはマレーシアから独立した国なので人種・宗教・文化に共通点は多いですね。
    マレー人・中国系・ヒンドゥー系が共存しお互いに尊重しあっているところは全く一緒です。英語が通じるという点も同じです。

  5. 美女も野獣 より:

    シンガポールとマレーシアかぁ。個人的にはシンガポールかなぁ。治安とか考えたら。あとチキンライス私も好きです(笑)

  6. かん より:

    シンガポールかマレーシアだと私はシンガポールのがすきです。食べ物も景色もどちらも素敵ですが。一度訪れるとどちらのよさもわかりとてもいい勉強になりそうです

  7. umako より:

    シンガポール以前訪れたことがありますが、観光地はやはりとてもきれいでしたね。マリーナベイサンズからの景色なんか最高でした。
    たしかに高層ビルが並び、かなり都会感ありました。移住するには相当お金がかかりそう…

  8. hiro より:

    シンガポールはもう超富裕層のが住む国と言うイメージですね。
    自動車を所有するための税金がもう一台車を買うくらいかかるとか・・・
    行き来がしやすいという面ではマレーシアは狙い目なんですね。

  9. はなもも より:

    シンガポールの食文化、私も興味があります
    物価のことを考えると日本より安い方がよいですが、治安と綺麗さでみるとシンガポールなんですね。
    将来海外に移住出来たら素敵ですね。

  10. プルー より:

    友人などにシンガポールに旅行する方をよく見かけます。
    先進国なみの物価などということは知りませんでしたが
    確かに発展していて海外旅行には良いイメージ。
    移住と成ると話は別なのですね。
    ゴルフ好きにぴったりなマレーシア、今後男性の移住率が高まりそうな一言ですね。

  11. 赤菜 より:

    マレーシアとシンガポールは
    私にとって、まるで正反対の位置に
    存在しているようなものです。
    衛生面。
    管理されているかそうでないか
    などにおいてです。

  12. つばき より:

    知り合いにシンガポールに住んでる方が居ますが、結構なんとなくやってってる感じです。。。笑 お子さんも日本語学校に通ってるみたいだし。物価高いんですね!知らなかった。

  13. キタローン より:

    シンガポールは憧れの国ですね!暮らしやすい気候に安全な治安。日本人が移住するにはもってこいの国かもしれません。まずは下見で行ってみたいな。

  14. Amy より:

    マレーシアとシンガポール、どちらも観光大国ですよね。行ってみたいスポットがたくさんあります!
    もし移住するなら、せっかく日本を離れるんだから都会的なシンガポールよりもマレーシアでのんびりしたいかな。

  15. toki より:

    シンガポールは貿易で発達した都市で、都会的な綺麗さがあり物価が高いと思っていました。
    一度行ってみたいなと考えている場所です。マレーシアとは大きく違うと思っていました。

  16. 今日子 より:

    シンガポールはマレーシアから発展した国とは
    しりませんでした。
    シンガポールはビジネスで発展したからでしょうか
    西洋というイメージがあります。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ