タイとベトナムの共通点と違いとは?


 

 

日本人の旅行先として人気の、タイとベトナム。

あなたはその違いをご存じだろうか?

 

 

 

埼玉の和光からフィリピンに移住し、この両国を

何度も訪れた男がその違いを語ってみる。

 

 

 

 

 

タイとベトナムの共通点

 

 

当然ながら、地理的にも近く

文化が似ているという点。

 

アルファベットが母国語に使われておらず(ベトナムの場合は

少し似たような文字)、両国とも英語が通じづらいため

日本人にとっては適応が難しい。

 

 

また、日本人には馴染み深い料理が多いのも

タイとベトナムの共通点。

 

いずれも南国特有の穏やかな現地人であり、タイ人と

見た目も似ているベトナム人。フィリピン人と

ベトナム人のほうが外見はもっと近いが。

 

 

さらに、宗教面ではタイが仏教国であるのは有名だが

このベトナムも同様。

 

ちなみにタイ人とベトナム人は、お互いの国をビザなしで

行き来できる。そのためか実際、両国間では交流が活発だ。

 

 

 

タイやベトナム、フィリピンのような

南国で気楽に暮らすための経済的自由を

得る方法とは?

 

 

 

 

タイとベトナムの違い

 

 

同じ仏教国といえども、タイはインド文化の影響を

ベトナムは中国文化の影響を強く受けているのが違い。

後者の場合は、やはり気質も中国人に近い。

 

 

またベトナムはフランスの植民地であったことから、

その名残がいくつかの場所に残る。

 

一方のタイは、日本と同様に植民地化を免れた国。

 

 

ベトナムは、生きていくための

自己アピールが必要な社会。

 

逆にタイでは、自己主張のしすぎは好かれない。

ここはインドの影響か。

 

 

やはりタイのほうが経済発展している分、

治安が良く人々のマナーもいい。

 

ベトナムではタクシードライバーの運転が荒かったり、 
ぼったくりが多かったりする。ちなみに先日ホーチミンで

ひったくりに遭ったのは利平だ。

 

外出時の外見という面でも、タイ人のほうが気を使っている。

女の子もおしゃれで可愛い子が多い。

 

 

さらに、ベトナムには外国人嫌いが多いのに対して、

タイには日本と同じおもてなしの文化がある。

 

ただし、人によってはキレると激しいが(笑)。

 

そしてベトナム人にも、ケンカの際に

手を出すバイオレントな人がいるので気をつけたい。

 

 

個人的な印象でも、のんびり暮らせるかどうか

という点では、やはりタイのほうが勝っている。

 

ただしタイの生活費は、

ベトナムよりもずっと高騰している。

 

 

 

タイやシンガポールへの旅費を気にしていたのは、ベトナム人でありながら

中国女性と付き合いロシア人と結婚したホアン。

 

シンガポール教育の現状とアンヘレスへの行き方を知りたくて

昨日電話してきた彼は、俺と同じく猫が大好きな男だ(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは12件です

  1. たか より:

    ベトナムとタイ、たいした違いを感じていませんでしたがこの記事をよんで、じぶんならどちらに観光に行きたいか考えて見ることにしました。
    安全に旅をすることを第一に考えているのでマナーがいいというのはかなり好印象。
    タイの人に対する考え方が日本と似ているところがあるように思えたので滞在するならタイがいいと考えました。
    少し寄るならベトナムもいいかもしれませんが。
    普段思考しないことを思わせてくれるブログは読むのが楽しいですね。

  2. makostyle より:

    確かにタイとベトナムの違いを述べよと言われても、全く答えられませんでした。ですがこれほどまでに違いが会ったのには驚きました。ベトナムにフランス文化を感じられるというのも意外でした。

  3. 山籠もり より:

    ベトナムもタイも言ったことはないんですがでもやっぱり南国で良さそうな場所ですよね匂いがきつそうなイメージがありますでもどっちの料理も日本に入ってきていますよね少なくともフィリピン料理よりは有名な気がします自分も食べて美味しいと思うんです和食よりも自分は好きだったりします珍しいですよね日本人でも和食が好きではないというのは自分の中の構成だと思っていますタイとベトナムやっぱり行くのは楽しみのひとつですがそれなりに近いとしてもお金がかかるという点でやっぱりまずは小遣いを稼ぎたいと思います工事現場のバイトをまずガンガンガンバッテ

  4. えみえみ より:

    タイとベトナム、違いがよくわかっていませんでしたが、全然違うのですね。
    でもどちらも日本の女性には人気の旅行先。
    どちらも行ってみたいです。

  5. しおばなはるの より:

    行くならタイかなぁ。ベトナムも料理が美味しそうだし、行ってはみたいんだけど、タイのほうがのんびりしてそうですし。ケンカ気質は逆に面白そうだと思いました。

  6. あめこ より:

    タイ料理大好きすぎて、本場の料理食べてみたいと思っていたところです。あまり両国の違いを考えてみたことはありませんが、やはりタイはいいですね!ベトナム料理もおいしいですが、タイに行ってみたい気持ちが増しました。

  7. ポップ より:

    ヴェトナムといえばバイクがものすごく走ってるという印象ですね。
    ヴェトナムからは高度成長期以前の日本みたいな混沌としたバイタリティをj感じます。

  8. うず より:

    タイとベトナムの共通点が、文化が似ている点や、日本に馴染みの料理がある事だと知り、もっと興味が湧いてきました。

  9. イマイ より:

    ベトナムは地理的には東南アジアだが、民族・文化は東アジアです。
    つまり中国・社会主義の影響が強く、加えてフランスの植民地の影響が現れている。
    顔も中国に近く、国際結婚でも違和感が少ない。

    フィリピンほどでないが、国民の10%はカトリック教徒です。
    タイより発展が遅れているが、ホーチミンだと区別がつかない。

  10. のっち より:

    ベトナムはコーヒーのイメージがあります。。。!
    でも行くならタイ料理食べたいのでタイです。
    なんだか、タイはお上品なイメージがあるし、おもてなしの文化があるのは好感が持てました。

  11. ペタロー より:

    タイとベトナム、ぼくはどちらも好きですね。元々パクチーが苦手だったんですが、タイに行ってから逆に大好きになって、今では何でもパクチーをいれて食べてます。笑

  12. より:

    私は、ベトナムが中国、タイがインドの
    影響があるということに
    とても驚きました。
    ベトナム製の製品はとても丁寧で
    質が良いと聞いていたし
    実際にそう思いますので。
    性格もベトナム人は日本人に似ていると
    聞いたことがあるのですが?

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ