ペナンに移住するメリットとデメリットを経験者のリアル体験談を通して語る


 

 

海外渡航が簡単になってきた今、「海外に移住する」という選択肢は、

ハードルが低くなってきている。

海外に憧れを抱く人は、一度は考えたことがあるのではないだろうか。

 

私は、憧れて憧れて、最終的に平和な日本が一番だと悟った人間である。

 

 

しかし、日本での暮らしは

退屈、海外で刺激的な生活をしたい人は一定数いるだろうし、

それを否定はしない。

 

そこで、今回は、

移住先として候補に挙がりやすいマレーシア領の「ペナン島」にスポットを当てて、

海外移住のメリットとデメリットを明らかにしていこうと思う。

 

 

ペナン移住者は何を求めた?楽園生活は想像どおりだった?

 

 

ペナン島は、マレーシア領の島である。

 

温暖な気候とおおらかな空気、そして美しい街並みから、

「東洋の真珠」と謳われるマレーシア随一の観光地であり、

中心部であるジョージタウンは、世界遺産でもある。

 

 

そんな楽園には、

余生を楽園で過ごす願望のある人たちが

たくさんやってくるという。

 

では、実際にペナンで暮らすのは、

暮らしやすいのだろうか。

 

 

ペナンの中心街、ジョージタウンには、

 

官公庁を始め、デパートやショッピングモール、

病院などの、市民生活に必要な施設が充実しており、

暮らし向きは意外と快適らしい。

 

また、政府主導で長期滞在者の優遇措置が取られており、

これも移住しやすい原因なのであろう。

 

 

さらに、ペナン島はマレーシア本土ともそれほど距離は無く、

「ペナン・ブリッジ」によって結ばれているため陸路で移動できるほか、

フェリーに乗れば20分ほどで本土に着く。

 

交通の便もいい。

 

 

そして、

実際に移住した人の体験談を調べてみたところ、

結構好感触だった。

 

 

まず、日本からのアクセス。

 

直行便はなく、

ちょっと面倒らしい。

 

 

また、意外と海は綺麗ではない。

 

エメラルドグリーンの美しいリゾートを期待しないように。

 

 

しかし、島には、

南の島特有のおおらかでゆるい空気が流れており、

他民族国家なのにお互い、いい距離感で過ごしているようだ。

 

 

さらに、英語はもちろん、

日本語が通じる施設も多くあり、

暮らしやすいのは本当のようだ。

 

 

治安もいい方で、ご飯もおいしい。

 

さらに、家賃は日本の半分ほど。

 

現地人も優しく、まさに楽園らしい。

 

 

日本から近いので、

日本製のものも手に入りやすい。

 

 

まさに楽園。

 

現地人の車の運転が乱暴なことを除けば…。

 

 

ペナン移住するなら仕事をゲット!移住者はこんな仕事に従事

 

 

そんな暮らしやすい楽園、ペナン。

 

しかし、

向こうで暮らすにしても、

お金が必要である。

 

 

では、移住してきた人は、

どんな仕事でお金を稼いでいるのだろうか。

 

 

ペナンはマレーシア領である。

 

要するに、マレーシアの常識で物事が動いており、

日本の常識は通用しない。

 

そんなマレーシア、ペナンで働くためには

どうすればいいのか。

 

 

ペナンで働きたいと思う場合は、

就労ビザのスポンサーとなってくれる企業を探し、

就労ビザの申請をサポートしてもらう必要がある。

 

 

方法は二つある。

 

 

「マレーシアに渡航し、現地の企業に採用してもらう」か、

「マレーシアに進出している日本企業に就職して、

マレーシアで働く」かである。

 

 

マレーシアにおいて日本人の需要はあまりないため、

現地の企業に採用してもらうのは正直なところ、

簡単なことではない。

 

一般に日本人が必要とされるのは、

対日系企業営業、日本語教師などの

日本人を対象としたサービスなどの職種である。

 

コミュニケーションには英語が普通に使われているため、

英語で十分にコミュニケーションが取れるのが

現地企業で働く際には必要な条件となってくる。

 

 

ただ、現地の企業で日本語を話せる人を必要としたとしても、

日本人を採用するよりは

現地の日本語を話せる人を採用した方が人件費も安く済むし、

 

就労ビザのサポートなどの手間がいらないため、

地元の人の採用を好む傾向にあるようである。

 

だから、現地の企業に採用してもらうのは

日本人にとってはハードルが高いといえる。

 

 

マレーシアに進出している日系企業に採用してもらう方が

マレーシアの企業に直接採用してもらうよりも、

日本人にとってはハードルが低く現実的だろう。

 

 

給料は、駐在員と比べれば安いものの、

現地人と比べればかなり高いので、

ペナンで暮らす分にはかなりいい暮らしができるようだ。

 

 

最近では、駐在員はかなりの経費がかかることから、

駐在人よりも現地で

日本人を採用する動きになってきているようである。

 

要するに、移住者にしてみればチャンスである。

 

 

ペナン島の富裕層はどんな生活をしてる?人種の構成比は?

 

 

ペナンの富裕層が住んでいるのは、

 

ペナン名門ホテル「E&Oホテル」のオーナー企業である

E&O社によって開発された埋め立ての

新しいタウンシップである、「スリ・タンジュン・ピナン」。

 

 

ここは、ペナンで最も高級感のある地域で、

現地の富裕層と欧米人に人気の高級住宅街となっている。

 

中心となるヨットハーバーには、

お洒落なレストラン、カフェやブランド店が入り

現地の人気スポットである。

 

大型ショッピングモールも最近開業し、

さらに便利になってきている。

 

 

また、ペナン島No.1の目抜き通り、

ガーニードライブにあるガーニープラザにも、

富裕層が多く集まる。

 

 

続いて、ペナン島の人口比率だが、

ペナン島全体の人口は約70万人程度であり、

住民は中国系移民が多くを占めている。

 

次いで、マレー系、インド系タミル人が多い。

 

よって、宗教も仏教やイスラム教、

果てはキリスト教まで、

様々な信仰の人がいる。

 

 

まとめ

 

 

いかがだっただろうか。

 

 

調べてみると、

ペナンは結構いいところだと思った。

 

移住するにもいいスポットなのではないだろうか。

 

 

ただ、やっぱり日本の常識は通用しないところである。

 

移住という選択肢は、

よく考えて選ぶべきだと思う。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ