東南アジア在住者が語るペナンのコンドミニアム


 

 

マレーシアの中でも、知る人ぞ知る人気のペナン。

ここにコンドミニアムを持ちたい、もしくは住みたいと思ったことは?

 

 

 

サーの称号を持つ、東南アジアで

最も成功した日本人の一人・小西さん。

 

事業の先輩である彼が住むペナンに

コンドミニアムを持つことを考えていたのは・・・

 

國學院時代の同級生で

車関係のビジネスを立ち上げた川岸だった。

 

 

ペナンで日本人に人気のガーニー辺りだと

3LDKのコンドミニアムで相場は月70,000円ほど。

 

東南アジアにしては高いと思うかもしれないが

家具付きはもちろん、プールやジムが自由に使えて

24時間セキュリティだ。

 

 

ペナンのコンドミニアムのコストパフォーマンスは、

俺が住んだフィリピンで言うならマカティ辺りに感覚が近い。

 

 

もちろん、ペナンのコンドミニアムのほうが

ビーチに行きやすいので嬉しいのだが。

 

 

 

 

 

ペナンのコンドミニアムの特徴

 

 

当然マレーシアの中でも、首都であるクアラルンプールや

一時投資熱の高まったジョホールバルと比べると、

ペナンのコンドミニアムの賃料相場は低い。

 

日本人が住むようなケースでは、

例えば100平米で月80,000円のイメージ。

 

当然、家具付きのファーニッシュというスタイルだし

プールやジムもついているのが基本。24時間

セキュリティガードが常駐しているので安心だ。

 

日本だと倍以上すると思われる高級マンションを

広々と安く使えるのは、ペナンを始め海外のコンドミニアムの魅力。

 

 

投資用にコンドミニアムを持つ場合には、

やはり需要が大きいジョージタウン。

 

さすがに世界遺産の力は大きい(笑)。

 

もちろん物件によるが、投資のための

コンドミニアムを持つ場所としては申し分ない。

 

 

そしてガーニードライブやプラウティクス、

ペナン国際空港にも近いバヤンバルも

個人的には投資の余地があると踏んでいる。

 

 

ちなみにペナンの特徴として、車さえあれば

様々な場所に行きやすいコンパクトな都市という点。

 

個人的には、混雑した大都会よりもお気に入りだ。

 

 

 

 

 

ペナンなど海外でコンドミニアムを持つなら気をつけたいのは

 

 

これはペナンに限らないが、

海外で投資用にコンドミニアムを所有するなら・・・

 

プレビルドの場合は事前にしっかり業者を精査し、

本当に信頼できる取引相手であり物件であるかをチェックすること。

 

 

そして実際にモノがある場合は、水回りを中心に

細かい部分を手抜かりなく確認したい。

 

とにかく労を惜しまず、足を運んで

実際の部屋を見てみること。

 

特にオーナーによって趣味が変わるのが

内装の部分で、ここはマレーシアの物件の特徴でもある。

 

 

もちろん、物件そのもの以外にも環境を含め

空き室リスクが低いかどうかを確かめておきたい。

 

 

 

ペナンという南国でストレスのない

コンドミニアム生活を。場所を

問わない経済力の構築法とは?

 

 

 

ところで、ペナンのコンドミニアムを含め

海外不動産に投資をする仲間が周りに意外といる。

 

 

賃貸収入は魅力的な収入の一つであり、日本で

「サラリーマン大家さん」という言葉をよく耳にするようになった。

 

まさにそれにどっぷりハマっているのは

國學院高校時代の同級生、南くん。

 

 

 

 

 

サラリーマンが事業用不動産を持って賃貸収入を得ると

 

 

経済成長率も長い間伸び悩み、少子高齢化で

将来受け取る年金額が少なくなっていく日本。

 

そこで別の収入を確保しようと、サラリーマンが

アパートやマンション経営という形で賃貸収入を得るために活動。

 

 

ペナンやジョホール、マニラのような海外にコンドミニアムを持つ人が

俺の周りには多いが、国内でも一定のメリットを求めて

サラリーマンが投資用の不動産を持つケースが。

 

 

例えば江東区に20,000,000円のワンルームマンションを買い、

毎月90,000円の家賃で誰かに賃貸。毎年約1,000,000円の

家賃収入が得られる。

 

そういったことを理想にするが、そもそも20,000,000円という

大金をキャッシュで持っている人は稀なため、ローンを組むことに。

 

仮に35年ローンで20,000,000円を返済すれば、毎月

約80,000円の返済。賃貸収入90,000円としても、

手元に残るのは10,000円程度。

 

しかも管理費や修繕のための積み立て分が引かれることを

考えると、手元に残るお金はほとんどない。

 

 

これで賃貸収入を狙う意味があるのだろうか?

 

 

 

あなたが賃貸収入を得る重要な意味

 

 

サラリーマンが投資用に賃貸する場合のメリットとして

最も重要なのは、家賃収入を求める中で経費の計上ができる点。

 

借入金の利子はもちろん、保険料や管理費という実際に支払う

お金以外でも、業務上使用するパソコンやスマートフォンなどの

経費も落とせるし、何より大きいのが減価償却費。

 

これにより当然、賃貸によって入ってくる

家賃収入を上回って赤字になる。

 

 

この赤字分をあなたのサラリーマンの収入と合計することで、

税金計算の対象になる「課税所得」を減らすことが可能に。

 

この節税部分が、投資用賃貸を

始めたことによる実際の収入。

 

例えばあなたが年収8,000,000円なら、

1年に500,000円ほど節約できる。

 

 

こうして節税しながらローンを払い切れば、後は

入り続ける賃貸収入が老後の不安を解消する糧になる。

 

実際には、地震による被害や空室リスク対策、経年劣化への対応など

様々なことが求められるが、サラリーマンが賃貸収入を狙う中で

学べることが多いのは間違いない。

 

 

 

ペナンから中国に移住上海生活の後、再びドイツに移住

フィンランドで就職してコンドミニアムを売っていたのは勝幸。

 

俺と同じマザコンの彼は(笑)ペナンのコンドミニアムを始め

なぜか引き寄せの法則の活かし方が上手だ。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ