ポーランドに移住するメリットとデメリットとは?仕事を探す方法やビザの条件も紹介


 

物価も安く人も穏やか、

 

自然や文化に触れながら暮らせると最近人気で、

移住する日本人もいるというポーランド

 

でもメリットばかりなのか?

デメリットビザの条件なども知っておく必要がある。

 

ポーランド移住者から聞いた、

ポーランドでの生活を始める前に知っておくべきことをまとめてみた。

 

 

ポーランドに移住して仕事を探す方法とは?条件は何?

 

 

 

ポーランドで仕事を探す方法はいろいろあるが、

どんな仕事でもやはり英語やポーランド語の能力が条件になってくる。

 

もし語学力に自信がなければ、

まずワーキングホリデーでビザをとって働き、

 

その間に学んだ語学や作った人脈などを生かして

正式な職に就くという方法がある。

または、海外就職をサポートするエージェントを利用する方法もある。

 

 

ポーランドは物価が安い国だと言われる。

例えば、外食は500円で十分、バスは120-130円ほど。

親日家も多くて、身近に自然や歴史を感じられる環境も移住のメリットだ。

 

ポーランド移住を考えたとき、大きな支出は家賃だが、

相場はワルシャワ中心部だと1DKで月60000円くらい、

ワルシャワ郊外や地方都市なら1DKで40000円くらいだ。

 

物件によってはワルシャワでもワンルーム20000円台の部屋もあるし、

家賃に光熱費や通信費が含まれているところが多いから、

日本に比べてかなり安く住める。

 

ポーランドに移住してかかる生活費をざっと計算してみると、

家賃+光熱費で40000円、食費に20000円

その他交通費や雑費もかかるが、10万円以内でも暮らせそうだ。

 

以下のポーランド移住についてのブログにも、

ポーランドの生活環境や生活費について

日本と違うところが書いてあるので参考になる。

 

https://sekai-ju.com/life/pol/immigration/poland-iju/

 

 

ポーランドに移住するためのビザの条件。就労や留学が確実?

 

 

いきなり長期移住は決断できないという人には、

1-3か月ほどの滞在から始めてみることをお勧めする。

 

シェンゲン圏内であれば、

シェンゲンビザをとれば90日以内は

入国審査なしで行き来ができるというシェンゲン協定があるが、

 

日本人はシェンゲン圏の国で観光や出張の目的なら

ビザなしで90日まで滞在できる。

 

 

就労や留学となると、大使館でビザをとる必要が出てくる。

 

就労には、ポーランドで就労する予定の企業からの招聘状や

ポーランド郡長からの就労許可証

資金を証明する書類などが必要になる。

 

留学には、留学先の大学からの入学許可証

学費が免除されている又は支払い済みである

という証明書などが必要になる。

 

 

スペインなど、不動産や国家プロジェクトに投資すれば

取得できる投資ビザがある国もあるが、

ポーランド移住のための投資ビザの説明は大使館ホームページにはない

 

そうなると、ポーランド人と結婚して

EU市民の家族に対するビザをとるという方法もある。

ビザの取得にはポーランド人と家族であることの証明書などが必要だ。

 

 

まとめ

 

 

 

ポーランド移住のメリットは3つ

 

1.物価が安い

2.人が親切で犯罪も少ない

3.生活の中で自然や歴史を感じることができる豊かさがある

 

 

デメリットは2つ。

 

1.仕事に就くのが簡単ではない

2.語学力が必要

 

これ以外に、カルチャーショック慣れない生活によるストレスもある。

メリットもデメリットもあるが、

メリットに価値が見いだせれば移住を決断する時かもしれない。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ