移住者が伝える、海外で暮らすメリットとデメリット


 

 

「住めば都」と言われてるのに・・・海外で暮らすのが

こんなにキツいなんて・・・

 

 

リタイア後に海外で暮らそうと考える人が日本でも増えてきて、

実際に夫婦で移住をしたものの、理想と現実とのギャップを知り

泣く泣く日本に出戻ってくるケースも少なくない。

 

 

そして、移住希望者の増加に伴い、適当な情報を流す業者も

残念ながら増えてきている。

 

どの業界でもそうだが・・・

 

そういった悪徳業者は自身が実際に現地に住んだ経験はおろか、

ネットで調べれば誰でも手に入るような程度の情報を根拠に、自分の

会社のメリットを優先することで情報弱者をいいカモにしている。

 

 

 

当然のことながら、ゴルフがうまくなりたいと思ったら、

打ちっぱなしに1,2回行ってやめた程度の人から習うことは

ありえない。

 

未知のジャンルについて知ろうと思えば、自分で実際に身銭を切り、

体でそれを体験している人から学ぶことが賢い選択。

 

 

ここでは移住者の立場から、改めて海外移住のメリットを

話してみたい。

 

 

 

 

 

海外で暮らすメリット

 

 

いろいろ言われるが、ざっくり言えばこんなところ。

 

 

1.気候が穏やか

 

2.語学力が向上する

 

3.新しい文化を知ることができ、刺激を受けることができる

 

4.物価が安い

 

5.煩わしい人間関係から解放される

 

6.新しいビジネスチャンスがある

 

7.地震による原発問題や経済混乱のリスクがない

 

 

1,4,6についてはもちろん国によって事情が違うので、条件の

いい場所を選んだという前提で。

 

 

それでは、デメリットと一般に言われるのは何か?

 

 

 

経済的不安なく

海外生活を続ける方法とは?

 

 

 

11825883255_a2220705d1_b

 

 

海外で暮らすデメリット

 

 

1.気候が合わない

 

2.言葉が通じない

 

3.食事や水が合わない

 

4.トイレや交通などが日本より不便

 

5.税金や保険などの手続きが必要となる

 

6.医療に不安がある

 

7.治安に不安がある

 

 

 

さて、こうやってデメリットを語ることで、移住を思い

とどまらせたいか?

 

 

答えはもちろん、ノー。

 

 

むしろ、本当はそれを望みながらも自身をぬるま湯に引き戻そうと

するバカげた言い訳を、一つずつ叩き潰していきたい(笑)。

 

 

 

気候が合わない

 

熱帯雨林やアフリカのサバンナ、あるいは南極のような場所には

俺も住もうとは思わないが(笑)・・・

 

例えばマレーシアやフィリピンなどは年間27度前後の平均気温で、

一年中Tシャツと短パンで過ごすことができ、特にお年寄りの体には

優しい。

 

湿気もなく、朝晩は窓を開けておけば扇風機がいらないほど快適。

 

一方で俺の実家のある埼玉など真夏は40度近くなり、毎年室内で

エアコンをつけずに熱中症で亡くなったり、外でスポーツを

していて倒れる人が続出するほどの異常ぶり。

 

さらに、冬は個人的には夏以上に嫌いだ(笑)。

 

 

言葉が通じない

 

海外で暮らすメリットに語学力向上があったように、言葉が通じない

ことをどれだけ好機と捉えるかだろう。日本にいてほとんどの人が

英語すら話せないのは、「その必要性がないから」。

 

また、どこかに留学しても日本人同士でつるんでいれば話せる

ようにならないのも然り。

 

人は本当に困ったり必要な環境に置かれれば、言葉なんてあっと

いう間に身につける。

 

 

食事や水が合わない

 

これも、場所を選べばいいだけ。

 

個人的に言えば、インドでは食事は合うが(辛いもの大好き

なので)、水は合わなかった。

 

ただ比較的安全と言われる日本ですらも水道水は飲まないし、

他の国でも基本はミネラルウォーターか浄水器だから、問題はない。

 

食事については、住んだことがないので分からないが、イギリスや

オーストラリアなどの大味なイメージの場所よりも、アジアの食事が

自分に合っている。

 

フィリピンでもローカルのレストランばかりに行く必要はなく、

日本人が現地で開いている本格的な和食のレストランがいくらでも

あるし、イタリアンや他の国の料理も楽しめる。

 

秋田の実家に帰っても食べないきりたんぽを、マカティで食べている

という不思議さ(笑)。

 

 

トイレや交通などが日本より不便

 

日本ではウォシュレットは自動だが、アジアでは手動(笑)。

 

最初モールのトイレの個室ひとつひとつにトイレットペーパーの代わりに

シャワーがついているのを見て不思議に思ったが、友達のジェイが

教えてくれて謎がとけた(笑)。

 

現地に住んでいる日本人女性あすかも言っていたが、便利さを上回る

メリット(非日常感や楽しさ、心の穏やかさなど)があれば、トイレ

程度の不便さは気にならなくなるし、すぐに慣れる。

 

東京や大阪など大都市の電車の交通網は確かに移動に便利だが、

あの車内の辛気臭さや混み具合は、何年使っていても慣れなかった。

 

むしろ、タクシー代の安い東南アジアで快適に移動できれば、電車や

自家用車すら必要ではなくなる。

 

 

税金や保険などの手続きが必要となる

 

日本はむしろ、世界の中でも有数の税金や保険料負担の大きな国。

一度きちんと手続きを踏んで海外へ出れば、そこから解放される

メリットの方が莫大になる。

 

自分の事業を日本でやる人にとっては、半分近くが税金で国に

持っていかれるのは諦めの境地で甘受しているが、海外を上手に

利用することで、実質的な事業利益を大きくすることができる。

 

賢い経営者は、これをすでに利用している。

 

日本で受けるような保険も、クレジットカードを選ぶことに

よって、海外で使える条件のいいものがきちんと存在する。

滞在日数などの確認は必要だとしても。

 

要は、あなたが役に立つ情報をどれだけ持っているかだ。

 

 

医療に不安がある

 

確かに日本の歯医者さんは安心できるが、これも正しい情報を

手に入れて、現地で探せばいいだけ。

 

歯科医以外では、例えばマカティのMMCなどは日本並みの清潔さと

設備を備え、アメリカなどでの勤務経験を持つ医師が高い技術を

持って対応している。

 

言葉が不安な人には、日本語で対応してくれるフィリピン人医師

までいる。

 

日本の医療過誤が後を絶たないのを見ても、やみくもに海外の

医療を不安に思うことに疑問を感じる。

 

 

治安に不安がある

 

これも、場所の問題。

 

日本でも深夜の歌舞伎町を一人でフラフラしていたら、事件に

巻き込まれても自業自得と思われるように、危ない場所に変な

時間帯に行くこと自体が愚かな行為。

 

紛争地域や政治的・宗教的に荒れている場所を選ばないのは当然と

しても、外国人が暮らせる場所は自ずと限られてくる。

 

そんな場所にはセキュリティガードがいたり、ある意味、

無差別殺人などがよく起きる日本より安全とも言える。

 

 

 

 

 

 

これから他の国で暮らす日本人にとっての、海外という存在

 

 

海外移住をして別の国で暮らすことは、好むと好まざるとに

関わらず、日本人にとって、これからもっと普通のことに

なっていくだろう。

 

すでに他の国の人にとって、それが自然なように。

 

 

今まで国内しか視野になかったとしても、海外に出て新しい発見を

する、見知らぬ場所で暮らすという経験を通して、これまでには

考えられなかったほどの自己改革を体験できるはず。

 

これは自分自身が経験しているから、自信を持って断言できる。

 

 

それをいきなり、あなたが一人でやってみろとは言わない。

 

だからこそ、このブログやニュースレターを通して日本人中心の

コミュニティをつくり、そこで暮らす仲間と海外生活を思いっきり

楽しんでいきたい。

 

 

いきなり海外移住が難しければ、あなたの第二の故郷を見つけると

ところから始めて、日本とその場所で暮らすという二重生活から。

 

必ず、一緒に現実にしていこう。

 

 

今日はこれからスパに行くので、このへんで。

 

 

 

 

 

PS.

現地でサラリーマンをしなくても、下見なしでフィリピンに

移住し、こうして立派に海外で暮らすことができている。

 

人の悪口ばかり言う人の心理を理解するよりもずっと

簡単なので(笑)、何も恐れるに足らない。

 

 

ただ気をつけたいのは、海外で暮らすときの食生活。

 

海外特にフィリピンのように野菜が不足しがちになる国で、

ジュースで野菜は十分なのか?

 

俺が毎日摂っているマルチビタミンミネラルのサプリメントの
1日分のビタミンミネラルの栄養成分を調べてみると

 

エネルギー14.4kcal
糖質2.76g
ナトリウム21.3mg
カルシウム600mg
ビタミンA 600μg
葉酸480μg

野菜ジュースと比較にならない値だった。

 

例えばこのジュースで葉酸をこのマルチビタミンミネラルの
サプリ1日分摂ろうと思えば、最低24本飲まないといけない
という罰ゲームのようなことに(笑)。

 

 

俺に起きた変化をシェアしたくて、特に海外に暮らす仲間の

ために、同じブランドの製品を個人的に紹介している。

 

いつも語るように品質は世界最高レベルだが、このブランドの

ありえないほどのこだわりをもっと知りたい場合は、ニュースレターを参考に。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは31件です

  1. […] 海外に暮らす小野や大杉からも、早々に参加の連絡をもらった。アイツら、ここ数カ月まったく連絡よこさなかったのに・・・(笑)。 […]

  2. […] マザコンな俺でも、母ちゃんの近くを離れて海外で暮らすようになり、以前よりずっと自分らしく生きれるようになっている。 […]

  3. まま より:

    海外かー…海外移住かー子供がいると出来ないよなーって考えるけど、出来るんですよね!
    ただ、旦那がいるから出来ないかなw

    子供の保育園も英語保育園とか考えたけどいいお値段…ヽ(´□`。)ノ・゚
    日本人の先生だと安いんだけど、日本の先生な~とチョット考えるわけで。

    年取ったら確かに暖かい所にいきたいな~

  4. じゅごん より:

    海外移住。いいすね。昨日のケイジロウさんも、達成しないなんてダサい選択肢は全くない、当然、達成するということでビジネスやってきたと言っていました。がんばる、、、なんてレベルは低すぎる。まだまだの段階で、「自分のペースで、」とか、「リラックスして力を抜いて」とか、それこそ難しいと思う。ここのワークがまだ手を付けていないので、このあとします。→「シーズン1が始まる前にお伝えした通り、すでにシーズン1でつくったドメインとサーバーをそのまま活用するのがベターです。ブログの歴史と更新頻度、記事ボリューム、コストの点でずっと有利になります。これはGoogle Adsenseの手法をお伝えした後の、「導線の変更」という件名のメールで説明した内容の通りに別のディレクトリにワードプレスを設置した後、以下の作業を続けてください。サイドバーのウィジェットは、とりあえずプロフィールと最近の投稿のみを表示しておけば大丈夫です。左サイドバーの「外観」→「ウィジェット」をクリック後、「最近の投稿」をサイドバーに設置しています。」

  5. りょうちゃん より:

    海外に住むのは憧れます。

    でも実際に行動に移そうとすると教育、医療、仕事など色々考えてしまいます。

  6. ayuayumi より:

    一度ハワイに行きましたが、大変素晴らしいところでまたいきたいと思いました。が、やはり日本に帰ってくると日本がいいなと思いました。住み慣れた我が家が一番です。

  7. ユウゾラ より:

    旅行や出張で数週間海外で過ごしたことはありますが、本当に非日常感が続いて、少々深酒をしても、翌日普通に仕事ができるくらいテンションが上がっていたことを思い出します。いいですね海外生活!

  8. コウ より:

    医療と治安が一番不安です。。。
    と思ったけど、気候が穏やかだと持病の喘息発作もそこまで出なさそうですね。
    わずらわしい人間関係から解放されるのはすごくいい!と思います。(笑)
    食事や水なんかはある程度住んでいれば慣れていきそうです。

  9. せな より:

    何か行動する時にデメリットばかり考えないでメリットを考えて行動すると自然にワクワクしてきますね。

  10. あお より:

    読んで海外移住のハードルが私の中で少し下がったように思います。不安を具体的に考えて、それを解決する方法を考えるといいですね。治安の不安は海外ではよく言われますが、今は日本も治安がいいとは思えない事件が多いので、日本でも海外でもどうすれは自分の安全を守れるかは考えた上で行動しないといけないように思います。

  11. AYKaaa より:

    確かに日本にいても安全ではないところもありますね。
    海外生活には少し不安はありますけど、、

    日本人は生ぬるい環境下で
    過ごしているのかもしれないです。
    私も英語などは全く話せないので。
    話す必要もないと思ってたところもありますし
    話せるようになったら仕事の幅が広がるかなぁと
    思ったりもしましたが、思っただけで
    行動には移してないのが現状です(笑)

    このブログを読み進めているうちに
    海外生活いいなぁーとまで思っています。

  12. パンダ より:

    海外移住は、定年退職後より、働き盛りの世代が行くことが、移住としての価値観が高まるのかなと思います。40代ぐらいで移住して生計を立てて生活できるのは、とても羨ましいというか、憧れでもあります。

  13. 811 より:

    メリットとデメリットをわかりやすく並べて下さってありがとうございます。デメリットはあまり気にならないものばかり、むしろメリットが魅力的で海外移住への夢がますます広がります。

  14. azur より:

    日本の暮らしに慣れているとトイレはちょっと不便というか抵抗があります。
    医療もかなり不安ですね。食のことは逆に楽しそうな感じがします。未知の食べ物がたくさんありそうです。

  15. kuuu より:

    たしかに外国には憧れはもっていますが、なにより安心、安全にすごせることがなによりなので、わたしは日本がいちばん好きですね。安全第一日本。

  16. インコちゃん より:

    若いときはあまり病院に行かないから、日本の医療保険を毎月払うのが嫌で、病院なんてめったに行かないのに何で…高いと思うけど、日本ほど医療費が安いところって、ヨーロッパの地方以外では、あまりないんですよね。年取って病院に行くようになって、そのありがたさがはじめてわかるから、私は医療技術に関しては、日本がいいなあと思います。

  17. なな より:

    海外移住となると治安や水、そして私は特にトイレ事情が心配ですが(笑)
    でもそれは日本が恵まれすぎているからであって、すぐに慣れそうですね。
    やはり経験者の方のお話を聞くのが一番ですね。

  18. kazato より:

    移住について色んな記事を読みましたが、デメリットが怖くて移住の意思がしぼんできてます。でもTVとかで夫婦の移住を見ると問題ないように見えるのですがあれはデメリットを見せないようにしているんですか?

  19. みつき より:

    海外移住のメリットとデメリット、とても参考になりました。私もオーストラリアに数年住んでいましたので、とても腑に落ちました。

  20. なみ より:

    凝り固まった考え方が違う土地にいくことによって、柔軟になればいいです。同じことの毎日だと頭に刺激がいかないもんですね。

  21. mikako より:

    やっぱり、物価が安い、てのはでかいですよね。
    そして
    「地震による原発問題や経済混乱のリスク」
    も、言われてみると怖いですね。
    気候(フィリピンの)は、湿気がない、てのはいいですね。
    言葉も、「必要は発明の母」ならぬ「必要は向上の母」てとこか。
    そして確かに現代は、日本人も、好むと好まざるとに関わらず、鎖国意識を卒業しないといけない時期かもしれないですね。

  22. TM0323 より:

    わたしも年をとって動けなくなる前に一度は海外に移住してみたいですね。仕事や環境など難しいこともありますが、誰かと一緒になら行ってみたいです。一人で行くとなるといろいろと不安があるので誰かと一緒に行きたいです。

  23. マックス より:

    それほど何度も海外へ行ったわけではないですが、やはりトイレは日本が一番いいなと思います。人間関係でいえば、まず知り合いに会うことがないので気は楽ですね。

  24. もちもちたまご より:

    住めば都という言葉も意思疎通ができてこそということですね。数週間程度の短期滞在であればデメリットも見えてこないのでしょうけど、住むとなるといざというときにデメリットが大きく感じるでしょう。

  25. いちごみるく より:

    異国の地ではやっぱり体に合わないが一番きついですよね汗
    何十年も住み続けていたらなれるんでしょうが

    私は半年で音をあげる自信が御座います(笑)

  26. ともっち より:

    海外に移住するときのデメリットの方が不安です。やっぱり、その国の治安や環境が悪かったら何か起きるのかわからないし、食事や水だったら、自分の味に合うかどうかか心配です。後はもし海外に住んでいる周りの日本人が近所や職場にいたら相談相手になれるかも知れないからそれだけが安心ですね。

  27. 0617 より:

    海外移住となると治安や水、そして私は特にトイレ事情が心配ですが(笑)でもそれは日本が恵まれすぎているからであって、すぐに慣れそうですね。それほど何度も海外へ行ったわけではないですが、やはりトイレは日本が一番いいなと思います。人間関係でいえば、まず知り合いに会うことがないので気は楽ですね。

  28. シャリ より:

    気候、言葉、食事、水など結構重要ですね〜。全部すぐ適応できるものだったらよかったんですが、すぐに適応できないものばかりでやっぱり海外移住大変そうだなと思います^_^

  29. オレンジ より:

    メリットとデメリット、これはなんにでもあるわけで。自分をいかに納得させるか。あれは合わないこれはいやだは今のままで良いと思っているのです。

  30. くすお より:

    海外で暮らす場所は気候が温暖なところを希望します。
    物価が安く、家が広く庭も広いことがベストですね。
    だんだん歳をとってくるので医療の充実しているところも重要です。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ