田舎へ移住することの3つの魅力


17744548634_4295d11bdb_b

 

 

田舎への移住が日本でも流行ってきているが・・・

 

あなたは具体的に、移住して田舎へ住むことを

検討したことはあるだろうか?

 

 

 

 

 

田舎移住のメリット

 

 

承認欲求の強いウラナとの恋愛に疲れた俺は(笑)、もともと

人よりも自然が好きということもあって、国内での移住、つまり

田舎への引っ越しをリアルに考え始めた。

 

睡眠は大事にしたいから、都会の喧騒を離れたスローライフは

魅力。そして日本の田舎へ移住すれば、至る所にある温泉を

いつでも楽しめるし、大好きなキャンプにもいつでも行ける。

 

俺にとっては、田舎への移住は最高の選択肢だった。

 

 

混まない

 

満員電車や混んだエレベーター、そして待つことがとにかく嫌い。

例えどんなに流行りのお店でも(笑)。

 

実家の秋田や、フィリピン移住前にしばらく住んだ群馬の高崎

辺りは、駅前を離れると本当に田舎。

 

どこへ行っても駐車場にすぐに車をとめられるし、カフェや

レストランも、広いのにほどよい人の入り具合がお気に入りだった。

 

 

物価が安い

 

もちろん場所によるが、基本的に地方に移住すると物価や

人件費、家賃などの安さに驚くことがある。瀬戸さんは田舎でも

山奥に住んで井戸水で生活をしていたが、そこまでしないと

しても(笑)。

 

例えば妹のリエが住んでいた沖縄は家賃、

そしてお酒の値段が安いことで有名。

 

 

温かみのあるコミュニティ

 

国内移住先として人気No.1の福井に引っ越した蓮田は、生活費が

下がったこと以上に、田舎の魅力として人とのつながりが増えた

ことを挙げる。

 

そして移住の動機に、都会での人間関係に疲れたからという人が

意外と少なくない。人間関係からしばし離れたリハビリの後に(笑)

彼らが田舎に求めるのは、少数の本当に一緒にいたい人と深く

つながっていくこと。

 

そんなコミュニティを田舎暮らしで見つけられたら、

人が本来持っている心の温かみを取り戻していけるかもしれない。

 

 

 

田舎に移住してもWebから

安定収入を得ていく具体的な方法とは

 

 

 

 

移住するならお勧めしたいのは、やはり田舎よりも・・・

 

 

そして移住を真剣に考えるなら、日本人の海外移住のお手伝いを

している俺としては(笑)、やはり国内の田舎よりも海外をお勧め

したい。

 

そして俺が下見なしで移住してきたフィリピンは、

遊び以上に移住に適した国。

 

英語が自然に身につく、国内の田舎よりもさらに物価や人件費が

安い、日本の平和ボケから抜け出し、健全な危機意識を育てること

ができる(笑)、気温差や地震の少ない国で快適な生活が送れる・・・

魅力を上げればキリがないほど。

 

そして比較的敷居の低い条件で、日本人が永住権を取れる

ほとんど唯一の国でもある。

 

フィリピンへの移住を真剣に考えているなら、

ニュースレターに返信を頂けたら。

 

 

 

もし真剣に移住を考えているなら、行動を起こさずに

くすぶっているのは、この仲間には不似合い。

 

移住後の必要なコスト、移住のために今足りないもの・・・

今すぐ紙に書き出すところから始めてみよう。

 

 


メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」


よく読まれている記事



コメント1件

  1. ひろ より:

    私は地元がとっても田舎なので、逆に都会に移住してみたいです。
    日本でも、田舎への移住が流行っていますよね。
    フィリピンへの移住は興味があります。
    やはりのんびりして過ごしたい人が多いのでしょうね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【 DAN 】フィリピン移住と投資の専門家
投資とフィリピン移住を実現するために
DANの半生

▼CLICK自由への道

投資とお金の知識
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授