タイの夜遊びの知られざる魅力


 

 

あの楽しかったタイの夜遊びに

連れ出してくれたのは・・・

 

現地に住む日本人の彼女といつも

楽しそうにしている、幼なじみのてっちゃんだった。

 

 

 

最近タイで、夜遊びのマナーを知らない日本人が激増していて

現地人に嫌われていると知ったのも、彼の話からだった。

 

特に多いのが、タイに限らず夜遊びに慣れていて

細かいプレイ内容を要求してくる日本人。

 

タイ人女性と深いコミュニケーションができないため

要求を満たせず、一夜を過ごしてもお金を払わないというケースだ。

 

 

ゴーゴーバーからマッサージパーラー、ディスコや置屋など

タイには男性の欲求や好奇心を満たす夜遊びが満載だが・・・

 

同じアジア人として

評判を落とすようなことがないようにしたい。

 

 

 

 

 

タイで夜遊びするなら行きたいのは?

 

 

タイに詳しい周りの仲間が夜遊びにおすすめしてくるのは、

何といってもナナプラザ。また、それよりも少し価格が高めになるが、

やはりゴーゴーバーが多いソイカウボーイも。

 

テーメーカフェは日本人も多く、初心者には緊張感を

少し和らげてくれる所。海外で仲間以外の日本人に会いたくない

俺にとっては避ける場所だが(笑)。

 

タイではそれ以外に、シーロムやプロンポンといった所が

夜遊びで人気。タニヤにはカラオケクラブが多いが、

やはり日本人が少なくない場所。

 

 

タイで具体的におすすめの夜遊び店としてよく聞くのは、

ゴーゴーバーならレインボー2。マッサージパーラーなら

サバイルーム

 

 

ちなみに、バンコク同様タイの歓楽街として人気のパタヤでは、

欧米人はコストを抑えるためにバービアで夜遊びしているケースが多い。

 

ここは日本でいうところのガールズバーだ。

 

 

 

 

タイの夜遊びの魅力

 

 

アジアンビューティの代表であるタイの女性。綺麗な人が多く

プロポーションがいい。何より話しやすいのが夜遊び好きには魅力的。

 

そしてバンコクを始めタイの夜遊びが楽しいのは、お金を

払っている関係にも関わらず、疑似恋愛的な体験ができるところ。

 

心のこもった風俗とでも言おうか(笑)。

 

 

 

そもそもタイやフィリピンの良い点として、お店が遅くまで

やっていること、様々な風俗に関して許容範囲が広かったりと

規制が緩いこと。

 

ここは年々厳しくなっていく日本とは違い、これが日本人や

欧米人といった外国人を惹きつけてやまない。

 

 

ただしやはり気をつけたいのは・・・性病はもちろん

未成年者と知らずに相手をしてしまうこと、ぼったくりに出会うこと。

 

これはタイに限らず、夜遊びをするなら常に

適度な緊張感を持っていたいところ。

 

 

このフィリピンで以前、日本の芸能人が未成年の少女を抱いて

当局に拘束され、出国のために大きなお金が必要になったという

ケースも。

 

手痛い勉強料だ(笑)。

 

 

 

タイに住んで夜遊びをいつでも楽しめる

自由。経済的な不安から解放される方法

とは?

 

 

24189311031_f3411d425f_b

 

 

「やっぱタイ好きだな。ロングステイしたい・・・」

 

 

成増で経営する美容室の社員旅行で度々訪れているタイ。

何度か滞在するうちに夜遊びが気に入り、ロングステイを

考えるようになったイトコのユウ。

 

彼のように、夜遊びをきっかけにタイに

長期滞在したいという日本人男性が意外と多い。

 

 

 

 

 

タイのロングステイに必要なこと

 

 

まず問題になるのは、やはりタイに長期滞在するための査証(ビザ)

堂々と夜遊びを楽しむためにも必須だ(笑)。

 

ロングステイしたいとしても、その国に住む期間を

あなたが自由に決めることはできず、そこには当然制約が存在。

 

つまり、タイのロングステイに必要なビザを

最初に準備しておく必要がある。

 

 

あなたが50代以上でリタイアメントビザの条件を

満たしているなら、タイでこれを取るのは難しくない。

夜遊び好きが多いのもこの年代(笑)。

 

そうでない場合、ビザなしだと滞在日数30日という制限があり

一度出国しなければならない。

 

ただしタイでは入出国を繰り返すとマークされてしまう

恐れがあるため、やはりロングステイ用のビザが欲しいところ。

 

この場合、学生ビザやイージーアクセス、

タイランドエリートカードが候補に。

 

ワークパーミットが取りづらいのは、

タイの夜遊びに詳しい人なら知っている。

 

 

次は現地でのロングステイの予算

 

現地のスクンビットに移住した仲間の上里さんは、自身を

実験台にして(笑)タイでのロングステイ費用を算出していた。

 

もちろん、タイで夜遊びにどれだけ使うか(笑)、

どれだけ自由度を上げ贅沢に過ごすかにもよるが・・・

 

最短のロングステイ(2週間)なら、現地での生活費は

5万円もあれば十分に楽しめる。

 

 

予算に余裕があるなら月10万円程度でコンドミニアムを借り、

2LDKでフルファーニッシュ(家具家電付)、ジム・プール付きの

24時間セキュリティの快適ライフも可能に。

 

ローカルフードを中心にすれば、食事は1人1万円以内に

抑えることができる。マッサージが安いのも東南アジアの魅力。

 

ただ、このフィリピンよりも明確に

タイの実際の物価と人件費は少しずつ上がりつつある。

 

 

最後に、ロングステイしたい場所の条件の明確化を。

 

利便性や日本に近い生活を求めるなら、タイの首都のバンコク。

夜遊びをメインにするなら当然ここになる。

 

俺のように非日常感や日本人のいない場所を求めるなら

チェンマイ。リゾートならプーケット。

 

 

自然災害の少ないタイだが、プーケットのような

ビーチリゾートでは特に、以前のような悲劇が再来しないとも限らない。

 

海沿いなどあなたが滞在するロケーションには注意したい。

 

 

 

 

 

タイのロングステイに向いている日本人

 

 

日本人のコミュニティに依存しない人であること。

 

海外にいる日本人は良い意味でも悪い意味でも変わった人が多いが、

俺はこの悪い意味での変わった人達とはつるまない(笑)。

 

それは、海外という特殊な環境下だと他人への依存性は

日本よりも強力になり、それがマイナスの場合は悪影響が大きいからだ。

 

 

人に頼る前にインターネット、特に検索エンジンをガンガン

使いこなせること、英語など多言語がブロークンであっても話すことに

抵抗がないこと、アクティブに動くのに支障ある持病や健康上の不安がないこと。

 

これらは、海外を飛び回る仲間を見ていて感じる

ロングステイ向きの日本人の共通点。

 

 

そしてロングステイには、タイのように大きな年間の気温差がなく

物価が安い、アジア人中心の地域で、日本からの直行便がある国が向いている。

 

ただ、ここでの滞在で厳しいのは、このフィリピンに比べて

英語が通じづらいこと、また母国語表記がアルファベットではないこと。

 

言葉に苦手意識が強いなら、上里さんの住んでいる

スクンビットのような日本人の多い場所を選ぶのをおすすめする。

 

 

 

フィリピン向け石鹸製造のビジネスをフィリピンで開業

しながら、いまだにタイの夜遊びにハマる俺と同じ

シイタケ嫌いの寺西。

 

彼のいとこの仁紀がフィリピン企業で働くことになり、

フィリピンのスービックにバコンと移住してきた。

 

これからどんな毎日が展開されるのか(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは11件です

  1. とんの より:

    タイの夜遊び。。。いいなぁ、行きタイ。笑>>心のどこかで
    「こんな夢、本当は叶わなくてもいいかな」
    そう思っていた自分に。
    そこから始めたのは、夢の選別。
    「これを叶えずにいたら、死ぬ時に絶対後悔する」
    「この夢だけは、何が何でも叶えたい!」
    腹の底から叶えたいと思えるものだけを取捨選択し、
    夢リストの最上部に大きく書いた。
    そして、心の奥底で信じきれていない
    自分を変える努力。
    もっともっと、自信を持つこと。
    自分を信じる、
    可能性を信じる。

  2. ひろし より:

    タイは男にとって楽園ですよね!物価も安くて食べ物も美味しいし、何よりホスピタリティ溢れた笑顔がいいですね。女性もフレンドリーで本当に疑似恋愛ができます(笑)

  3. そら より:

    タイの夜の街とか想像するだけで凄い綺麗何だろうなぁってイメージですが実際でも
    賑やかで人々もいきいきしてたのしそうな
    感じですよねぇ。

  4. makostyle より:

    タイへはまだ行った事がありませんが実に楽しそうなところが多いのですね。美人でプロポーションのいい女性が多いと聞くとなおさらです。さらに夜遊びに掛かる金額も員本よりずっと安いとなると遊ばない手はないでしょう!

  5. ぽぽ より:

    海外での生活はあこがれるところが多いけれど、日本に比べて治安が悪いところが多いから気をつけなくてはいけませんね(笑)
    意外と自分の周りにもタイへ行っている友人が多いので必要最低限の知識を実につけてから、旅行に行くとかなり楽しめる地でしょう!

  6. きよ より:

    タイの心のこもった風俗……興味ある(笑)
    海外での夜遊びで日本人に会いたくないけど、
    あまりいない所に行くのはやっぱり不安だな。

  7. ユウゾラ より:

    タイで夜遊びをするなら、現在の心境からゴーゴーバーへ行ってみたいですね。そういう意味でソイカウボーイへは今からでも行ってみたいです(笑)。タイのノリのいい子が盛り上げてくれて有頂天になる自分が想像できます!

  8. えみえみ より:

    タイの女性はアジアンビューティーですね。
    独特の雰囲気が素敵だと思います。
    私は夜遊びよりタイ料理が気になります。
    パクチー大好き!

  9. のら より:

    タイのナイトライフは魅力たっぷりですね。噂には聞いてましたが、タイの女性はとっても綺麗でサービスが良いみたいなので一度は行って見たくなりました。危ない感じもなさそうだし、一晩でモテモテのいい思いが出来るならまさに天国ですね。

  10. ニック肉食 より:

    心のこもった風俗。なんたる魅力的な響き。しかしそれを経験してしまうと、日本で遊べなさそう。タイのに行ってみたいなと思える、記事だった。(マジでコソコソとしながらタイにいこうかな)

  11. ひかり より:

    タイでの夜遊びは楽しそうですが
    気を付けたいこともありますね!
    男性にとって遊ぶ場所はたくさんありそうですが
    女性にとって遊ぶ場所はあるのでしょうか?
    バーやクラブとかですかね?

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ