マレーシアの求人、子連れでも駐在?マレーシア駐在妻のブログ(mailey)、駐在員の給料、駐妻の強制送還。家族での移住と仕事の求人


 

マレーシアに駐在しても、今は

昔ほどの十分な給料は期待できない

 

求人も、子連れだとなおさら厳しいだろう。

 

海外でこそ、オンラインで安定収入を得ながら

生活費を抑えて快適に暮らしたい。

 

 

英会話の最速マスター法

 

マレーシア駐在中にスモールビジネスを構築し
「場所を問わない収入」を安定させる方法・・・

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

ご相談もお待ちしている。

 

 

マレーシアは、日本人の移住先候補ナンバーワンとして

長年不動の地位を誇る。それだけに、駐在できるとなったら

手放しで喜びたくもなるだろう。

 

 

ただし・・・やはり長く住むとなると良いことばかりでもない。

この記事で紹介しよう。

 

 

 

マレーシアに駐在できる駐在員…求人の募集(子連れなど)事務所(駐在員事務所)を設立する話も?

 

 

子連れや家族でマレーシアに駐在する人は、設備がよくてきれいで安全、

そして破格の値段で借りられるという理由で

コンドミニアムを借りる人が家に住むより多い。

 

 

その他家族で住むのに必要なのは、

妻や子供を退屈させないように出かけるためのだ。

 

暑くて徒歩では気軽に出かけられないということもある。

駐在員なら会社から車が与えられることも多いから

それほどコストはかからないはずだ。

 

 

マレーシアには製造業を中心に日系企業が多く、

駐在員の求人は他の国に比べて多いと言える。

 

ビズリーチ」には海外事業責任者や市場開発管理者などの

重要職の求人が多いから、

グローバルな仕事で高収入をめざす人にお勧めしたい。

 

https://www.bizreach.jp/content/landing/bizreach-07/?trcd=0SCAF0000011_PC_&utm_source=scaf&utm_medium=affiliate&utm_campaign=scaf&utm_content=bizreach-07

 

 

業務経験が少なくビズリーチでは応募できない人には、

未経験者の求人もあるリクルートエージェントをお勧めする。

 

マレーシアでは、経営企画や海外営業、

物流管理など製造業の職種が豊富にあるが、

最近の傾向としてIT関係増えてきている。

 

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragscan00120&affsid=cac129b0fed3eb114cc1d39a3902a55954029d56

 

日本企業が支社や現地法人を設立する準備段階として、

駐在員の事務所を設置してマレーシアでの市場調査や情報収集

商品の品質管理などに当たることも多い。

 

このような業務や事務所設置などの仕事も駐在員の仕事の一つだ。

 

 

 

マレーシアの駐在の様子は、駐在員やマレーシア駐在妻のブログをチェック!駐在ブログ、Maileyさんの今は?駐妻の強制送還

 

マレーシアで働く駐在員は就労ビザ

帯同する駐在妻は就労ができない滞在ビザをとるのが普通だ。

 

マレーシアで駐在妻が働く場合は、働けるvisa、

つまり就労ビザに変更するひつようがある。

 

ただ、マレーシア国内で駐在妻が日本文化を教えるというような

ボランティアで仕事するなどの場合、

イミグレーションの判断によっては滞在ビザのまま行える場合もある。

 

 

多民族のマレーシアでは、

英語は準公用語として民族間の共通語という役割を果たしていて、

マレーシアに英語留学する人がいるくらいだ。

 

マレーシアで仕事をする場合はもちろん、

駐在妻として生活する場合でも英語は、

 

トラブル発生時にマレーシア人とやり取りしたり

現地の交流したりするときに大いに役立つと思う。

 

 

2年ほど前までマレーシアに駐在妻として滞在し、

今は帰国し日本に暮らしているMaileyさんのブログも紹介したい。

 

日本と現地とのギャップを感じながらも

その国の人や文化を味わって人として考え方が成長したこと、

 

妻として母として日本では味わえない経験ができたことがつづられていて、

考えさせられることも多い。

https://ameblo.jp/maily12/

 

 

 

マレーシアに駐在。マレーシア駐在員の給料…駐在しながら貯金はできる?クレジットカードが便利?

 

 

ご存じの通り、日本人のリタイア後の

海外移住先候補ナンバーワン・・・

 

日本人駐在員も多いマレーシアは、

東南アジアでも注目の国の一つだ。

 

 

年間平均気温も俺が海外移住したこのフィリピンと同様に

一定していて、美しいビーチリゾートに恵まれた国。

 

東南アジアの優等生シンガポールが

このマレーシアから独立したことでも知られる。

 

南国特有とも言えるが、マレーシア人は

人柄が穏やかで接しやすいと駐在員が口を揃える。

 

 

当然ながら、日本の都市部よりも物価や人件費などの

生活コストは大きく下がる

 

例えば、東京のマンションに住む金額の半分以下で

住民が無料で使えるプールやフィットネスジム、ビリヤード台常設

かつ24時間セキュリティのコンドミニアムに住むことは十分可能だ。

 

 

長期滞在した感覚でも、例えば日本の都市部に住むよりは

貯金が確実に可能と言える。

 

 

 

マレーシアに転勤する場合の注意点。駐在するなら妻は仕事を…家族での移住と仕事の求人

 

 

マレーシアにあなたが家族を伴って駐在するなら、

特に奥さんやお子さんの安全には注意を。

 

移住先として人気があっても、 場所によっては

危険度の高いところはある。

 

子供を外で遊ばせるのは暑さ、そして空気や交通状況の悪さから

難しいので、室内のプレイグラウンドを探しておきたい。

 

 

そして家族の心のケア

 

実際、暇を持て余して現地の生活が嫌になるのは

たいてい奥さんから(笑)。特に最初のうちは、

日本と違い友達づくりも気軽にできない。

 

例えばオンラインで人とつながったり、

ブログのような副業を始めることを手伝うなど

あなたのサポートが必須になる。

 

 

現地でお子さんを学校に行かせるなら、

しっかり学校を選ぶこと。

 

幸いマレーシアの場合、一般的な教育レベルは

低くないので駐在員にとっても安心だ。

 

 

 

マレーシアの駐在では車は必須。駐在員と妻と子供…子連れでコンドミニアムに住む生活ってどんな感じ?住居は快適?

 

 

移住先として日本人に人気ナンバーワンのマレーシア・・・

駐在員はあなたの周りにもいるだろうか?

 

俺の身近では、2ヶ月後に東京の同窓会で会うことになっている

早稲田時代の有吉がそうだ。

 

 

車中心になったジョホールバルでの彼の生活。東南アジアというのは

本当に、徒歩で楽しめる環境がほとんどない

 

俺自身、運動不足はコンドミニアムの

ジムやプールで解消するようになった。

 

多くのマレーシア駐在員は滞在中に体重が増えるので(笑)

このフィリピン同様オイリーな現地の食事運動不足には気をつけたい。

 

 

 

首都のクアラルンプールでさえも歩道がデコボコで歩きづらいのも、

マニラを始めフィリピンと同様。慣れないマレーシア駐在員が

サンダルで出かけ、ケガをする例がいくつかあるので注意を。

 

煙害防止のマスクも日本から持参しよう。

 

 

 

マレーシアでの駐在生活の実態

 

マレーシアにも、仲間を始め俺が知っている駐在員は

たくさんいるが・・・実際行ってみたらイメージと違った

という人が少なくない。

 

 

その一つが、さっきも語ったような治安。

 

思ったよりも安全ではないというのは、

俺自身もジョホールバルやペナンに長期滞在して気づいたところ。

 

軽犯罪はこのフィリピンなど他の東南アジアと同様に発生するし、

外国人をだまそうとする輩もクアラルンプールではよく知られた存在だった。

 

 

それでも、比較的日本人の口に合うマレーシア料理、

そして英語が東南アジアの中では通じやすいという魅力も。

 

何しろ駐在員の場合は、プール・ジム付きのコンドミニアムで

安全に暮らすことができ、日本よりもずっとのびのびと豊かに生活できる。

 

少しずつ上がってきてるとはいえ、

まだまだ物価は日本より安い。

 

 

マレーシアが多くの移民を受け入れている多民族国家ということで、

日本人が駐在生活をしても、客観的には違和感なく溶け込む。

 

ただしイスラム教の文化については、人によって適応までに

時間がかかる。俺もその一人だ(笑)。

 

例えばラマダン(イスラム教徒の断食)は日本人にとっては

馴染みがない風習。その期間が終わるまで、現地人の目の前で

食べ物を食べないように気を使ってしまう。

 

 

 

 

駐在する予定はないが、

海外移住ならマレーシア・・・

 

あなたもそう考えている一人だろうか?

 

 

久々に行った海外でマレーシアを選び、クアラルンプールを

訪れ現地からWhatsAppにメッセージをくれた貴子。

その満面の笑みが全てを語っていた(笑)。

 

 

 

個人的にマレーシアが海外移住の対象にならない理由

 

いろいろ魅力はありながらも、いくつかの理由で

マレーシアは移住対象から外れている。駐在員の

仲間からは反論もあるが(笑)。

 

 

そもそも、マレーシアの永住権を取ることが残念ながら

年々厳しくなっていること(日本企業の駐在員には無関係だが)。

 

人気のMM2Hには、10年の期間制限があったりする。

 

 

マザコンの俺にとっては一時帰国がとても大切な儀式なので(笑)、

片道7時間以上かかるマレーシアはどうしても遠く感じる。

 

ちなみにフィリピンはその約半分。

 

 

また物価が安いとはいえ、教育費については

それなりの場所を選べば日本と変わらないほど

かかってくるというのも難点。

 

 

何よりイスラムの放送が毎日定期的に流れたりなど、日本人に

あまり馴染みのない文化。場所によってだが、やはり治安についても

多少不安がある。

 

 

マレーシアに限らないが・・・海外移住するなら

あなた自身はもちろん、あなたの大切な家族にとっての

メリットデメリットをしっかり見極めて考えておきたい。

 

 

 

まとめ

 

東南アジアの中でも駐在員が多いマレーシアだが、

マレーシアは意外に日本人に知られていない。

 

実は駐在員の求人は豊富で、

経験がなくても若くなくてもマレーシアで活躍できるチャンスがある。

 

駐在員や駐在妻のリアルな生活経験を聞いてみた。

 

 

経験がなくてもあっても、

マレーシアで駐在員として活躍するチャンスはたくさんある。

 

注意するべきことは、

異文化の中に入るのだからそれを受け入れる気持ちを持つこと、

そして自分のキャリアや人生とともに家族の幸せも考えることだ。

 

そうすれば駐在生活はきっとよいものになる。

 

 

マレーシア駐在中にフィリピンのポルボロンを販売する

フランチャイズをフィリピンで立ち上げようと奮闘する、

フィリピンの子供好きの大庭さん。

 

フィリピン旅行に時々やってくる彼も、

俺と同様に束縛されるのが嫌いな男(笑)。

 

 

 

最後に、

 

喜びにあふれた人生にしたいあなたへ。

 

コンサルで中途半端な状態から抜け出して生活を変えませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは24件です

  1. かなめ より:

    マレーシア。おもしろそうな。駐在となるとまた別だろうケドも。
    >夜中遊ぶ時もずっと起きていられる一方で、
    寝つきはむしろ良くなった。
    あと気がついたのは、寝起き後に頭が良く働くこと。
    俺の場合は起床後に仲間へのメールの返信やブログ記事の執筆など
    重要な仕事を終わらせるようにしているが、
    特にスマホのGmailに音声入力する時間は
    頭が朦朧としていることが多い(笑)。
    日課になっているその後のヨガを終えて初めて
    脳が動き出す感じ。
    にも関わらずこのエナジードリンクを毎日口にするようになってからは、
    朝からフルスロットルでエネルギッシュに活動できている。
    飲み物を変えるだけで毎日機嫌よく過ごせるようになるなら、
    こんな安い投資はない。
    ちなみに試飲後も継続して愛用している大吾さんの話では、
    これにプロテインを混ぜても美味しいとのこと。
    俺もさっそく試したが、微炭酸プロテインは
    非日常的な体験(笑)。

  2. より:

    わたしの旦那さんの会社も、マレーシアに転勤とかあるみたいなので、もしその時はちゃんとサポートしてあげたいと思います。
    ただ、治安が悪いのが心配です。

  3. ミルク より:

    マレーシアやフィリピンと聞くと美人が多いというイメージであんまり治安が悪いという感じがしなかったです。実際は細かいところまで気をつけないといけないですね

  4. テラ より:

    マレーシアって治安の良いイメージだったんでちょっと意外でした。日本が平和すぎるのかもしれないけど、少し尻込みしてしまうかも。でもプール・ジム付きのコンドミニアムでのびのびと生活できるのは良いなあ。

  5. やすひろ より:

    日本人の駐在は家族だとリスクも高そうですよね。自分には無理だな、と感じてしまいますが、良い情報ただと思います!

  6. こう より:

    イスラム教の文化に慣れるのって結構大変な気がします。普段慣れ親しんでいない文化は受け入れるまでに時間がかかりますよね。夫婦間や家族間のサポートは欠かせないと思います。それにしてもプール付きのコンドミニアムで快適に過ごせるのは良いなぁ。

  7. ゆき より:

    マレーシアは安全じゃないとのことでちょっと怖いイメージです。すごい裕福な暮らしができるんですね。我が家の庭はビニールプールですww

  8. Amy より:

    駐在員の家族は大変でしょうね。
    治安の良くない地域を避けるとなると、過ごすエリアも限られそうだし…。
    家族で支え合うことが大切ですね。

  9. あり より:

    日本より物価が安いんですね〜!もし子供を連れてマレーシアに駐在…どちらにしても知らない土地に行くのは怖いですよね…物価が日本より安いのは魅力的ですが笑笑

  10. しぃ より:

    海外に住むことになったとき、その地で友達ができればすぐになじめるかもしれないけど、言葉だったり文化だったりでつまづくことが多そうです。でも慣れれば快適かもしれないですね。物価が安いのは良いなあ。

  11. なーさん より:

    マレーシアは安全なイメージがありましたが、結構治安が悪いのですね。
    物価が安いことや駐在・移住となっても意外と仕事はあるし、日本人に対しても友好的と聞いていたのでちょっとビックリです。
    何にせよ事前に様々なことを知っておくことは大事ですね。

  12. エコロ より:

    マレーシアには旅行で行きました。それは島だったので大陸とはちがうとおもいますが、治安が悪いことにはビックリしました。食事も比較的美味しいし海岸もきれでしたが、水が合いませんでした。
    短期旅行と長期の滞在はことなると思いますが少し残念です。

  13. あ~ちゃん より:

    駐在員の家族なんてあこがれちゃうけど、やっぱり大変そうですねー
    妻とはいえ英語もしゃべれないと生活できないし。
    でも貴重な体験ですよね。

  14. あや より:

    徒歩で遊べる場所が全然ないとなると、着いてきた家族は少し寂しい思いをするかもしれませんね。体を動かすのはいいですね。

  15. わかな より:

    マレーシアは近いようで7時間近くかかるのですね。マザコンと自分で言えるdanさんは素敵ですよ!お母様が羨ましい!

  16. まいやん より:

    Maileyさんのブログ読みました。
    「今まで生活した中で、クアラルンプールが1番インターナショナルな場所な気がする」
    ってあって意外な感じがしました。
    ショッピングモールもたくさんあるみたいだし、住みやすそうですね。

  17. あい より:

    マレーシアの駐在、良さそうです!
    東南アジアの駐在は、場所によっては家族と一緒に楽しめそうな気がします!

  18. さら より:

    マレーシア興味があります!
    近隣の国とともに発展を続けているイメージなので、ちょっと出遅れた感はありますが、、

  19. さえ より:

    マレーシアはどちらかというと高いイメージがあったのですが、日本からは7時間かかるんですね。
    同じアジアでも違いますね。。

  20. みなこママ より:

    移住はできないけど、数年の滞在ならしてみたいと思っているので、
    実際に行ってみたら、イメージと違ったというような情報はありがたいですね。
    マレーシアは思ったより安全でないのは気になります。

  21. かや より:

    マレーシアって車社会なんですね。
    そして空気が悪いのは知らなかったです。
    今でこそマスク必須ですが、空気の悪さでマスク必須とは。

  22. ゆずくんのママ より:

    インドア派の私は、マレーシア駐在員の妻はあってるような気がします。
    残念ながら、夫がマレーシアに駐在することはなさそうですが。
    街はすごく都会なのに、道路がボコボコなのは意外ですね。

  23. かなまな より:

    リタイアした日本人が多く行っているのだから、マレーシアはきっと住みやすいのでしょうね。
    でも徒歩で遊びに行ける場所がないのは意外です。都会なイメージなのに。
    毎日コンドミニアムのプールやジムではつまらないですよね。

  24. もこも子 より:

    マレーシア移住と聞くと、リタイア後の高齢者ばかりだと思っていたけど
    結構駐在員も多いんですね。
    駐在ならいいけど、個人的な移住は、あまりメリットがないように思えます。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授