恋愛依存から脱却する方法


 

 

「私、恋愛依存なんです・・・」

 

 

 

久々に一時帰国した大宮駅前のカフェ。

 

突然、めぐからの衝撃の告白(笑)。

 

 

 

 

 

恋愛依存のマイナス面

 

 

リアルな恋愛に興味がない・・・女の子とデートしている時間が

最も至福の時である俺にとっては信じられないことだが(笑)、

草食という言葉が日本で認知されて久しい。

 

その一方で、昔から恋愛依存という人達もいる。

 

 

この恋愛依存が厄介なのは、恋愛によって

人生の方向性が大きくブレてしまうこと。

 

うちの母ちゃんを見ていても思うが、人生というのはことごとく

パートナーによって影響を受け、プラスの方向、マイナスの方向

それぞれに大きく左右される。

 

恋愛で良いパートナーに出会えたら、あなたの人生のモチベーション

は大きく高まり、パートナーシップだけではなく仕事やお金なども

うまくいくことが多い。

 

あなたの身近に「あげまん」と出会った男性が

身近にいれば、これに気づくはずだ。

 

 

問題なのは、あなたが恋愛依存の状態の時に出会う人というのは、

あなたにとってマイナスになるケースが多いという事実。

 

それはその恋愛相手自体、あなたの中にある強い依存心が

引き寄せる人物であり、より依存しやすい状態をつくってしまうから。

 

 

結婚の場合は、経済力のある相手なら冷めていてもそれなりに

結婚生活を続けられるが(笑)、恋愛では次第に精神的にあなたが

相手に依存してしまい、自立心が奪われていくことが怖い。

 

いわゆるダメンズに出会った女性がダメになる例を、

俺も身近で数えきれないほど目撃している。

 

 

また恋愛依存がまずいのは、捨てられたくない、相手に嫌われるのが

怖いと思うがゆえに、自分の意見をきちんと主張できなくなったり、

好き嫌いをはっきり言えなくなり、自分を見失ってしまうこと。

 

ことごとく、ダメな恋愛相手にマイナスの方向に引きずられてしまう。

これが依存心の怖いところだ。

 

 

 

恋愛依存から脱却して

精神的・経済的に自立するには?

 

 

 

 

恋愛依存にならないために自立心を高める方法

 

 

青木夫妻など俺の周りを見てもそうだが、経済的・精神的に

それぞれが自立しているカップルがうまくいくし、長続きする。

 

 

ビジネスの先輩である金田夫婦の話が面白い。

 

将来のためにデートの時間も惜しんでビジネスに没頭する

金田さんに対し、当時まだ彼女だったイヨさんが「私とビジネス、

どっちをとるの?」と凄んだ時、

 

「ビジネスに決まってるだろ、バーカ!」

 

と言い切られ・・・

 

イヨさんはそれで逆に燃えたというエピソードが(笑)。

 

 

恋愛でも結婚でもパートナーは大切だが・・・

相手に期待しすぎて依存しない、あなたの今がんばっている仕事を

一生懸命やる、ワクワクする趣味に燃える、友達関係も大事にし

そこにしっかり時間を使う、家族を大切にする。

 

こうしたパートナー以外との時間のバランスをとることで、

相手への依存心から離れることができる。

 

 

そして「仮に終わってしまっても、私とは縁がない人」こういった

開き直りがどこかにあれば、依存心丸出しのあなたに相手が重く

感じることもない。

 

むしろ自立したあなたに輝きを感じた相手が、

あなたを手放さないはずだ。

 

 

 

あのマニラでの一夜限りの恋愛から覚め(笑)、中国に移って

ワクワクの上海生活を始めたモテ仲間のトモさん。学んでいる

インド哲学のおかげでアルコール依存からは脱却したが、今は

俺と同じく大好きなソフトクリームにハマっているとか(笑)。

 

掃除で運を上げ、これから

良い運をガンガン引き寄せるだろう。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. 凛玲 より:

    確かにパートナーで生活がプラスにもマイナスにもなりますね。
    どちらかと言うとマイナス思考な私は主人と下の娘にテンションを上げられて楽しく過ごしてる気がします。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ