脳と食事の関係を知っていますか?


25220383536_70b81bf309_b

 

 

脳と食事・・・

 

 

一見無関係なようで、

実は無視できない重大な関連性が。

 

 

 

 

 

死因と脳と食事

 

 

健康意識の向上に伴い、最近では有名な日本人の

死亡原因トップ10。

 

1位 ガン     30.3% 
2位 心疾患        15.3%    
3位 脳血管疾患  15.2%  
4位 肺炎         8.5%    
5位 事故         4.2%  

6位 自殺         3.4%

7位 老衰           2.3%

8位 腎不全      1.8%

9位 肝不全      1.7%

10位  糖尿病      1.7%

 

 

事故と自殺を除き、全て食事に関係する。

まさしく、you're what you eat

(あなたは食べた物でできている)。

 

さらに言えば、ウツが自殺につながるケースが大多数なことを

考えると、脳と食事の関係は絶対に無視できない。

 

 

吉祥寺で受けた大葉のコーチングでされた質問

「自分のメンタルをベストに保つためにできることは?」。

 

自分に出た答えは、

 

睡眠の質を上げること。

適度な運動と、水とサプリ摂取を気分ではなく、習慣として続けること。

今まで以上に食事に気をつけること。

 

これは、脳と体に入れる物が深く関係しているという

予備知識があったからこそ。

 

 

睡眠といえば、先日myraから聞いた熟睡のコツ。

 

光をシャットアウトすることで、脳はしっかり休息できるという。

部屋を暗くできなければ、アイマスクをお勧めしてくれた。

 

寝る直前の食事を避けると共に、これも意識したい。

 

 

 

 

 

脳のために大切なのは、食事とサプリからの栄養

 

 

老後の3大不安といわれる「貧乏・病気・孤独」。

病気は貧乏とも直結する。

 

年を重ねても認知症やアルツハイマーと無縁なら、いつまでも

人生を謳歌できる。やはり脳のために食事は大切。

 

 

食事で得られた栄養は脳の栄養となり、

脳は感情をコントロールする。

 

つまり、人の性格も脳が決めてしまう。

 

食事以外でも、体に取り込まれた物が悪影響を及ぼしているのは、

覚せい剤に手を染めた芸能人やスポーツ選手が凶暴になって

いるのを見ると分かりやすい。

 

俺自身、元究極の人見知り、元ネガティブ思考、元神経質・・・

子供の頃に好きすぎて毎日食べていた駄菓子は、そんな性格に
何か関係していたのか?(笑)

 

 

脳に占めるたんぱく質は約45%。

食事で取り込んだたんぱく質がハッピーホルモンと呼ばれるセロトニンを

つくり出し、あなたをいつも「何となくいい気分」にさせてくれる。

 

それ以外にも、脳と食事(栄養)との関係で有名なところとして、

カルシウムが足りないと神経伝達が下手になり、イライラしやすくなる。

 

さらにDHAやEPAが足りないとウツになりやすくなるし、極端な

炭水化物抜きまたは過剰摂取の食事で結果的に血糖値が下がることも、

当然脳に影響がある。

 

 

脳のため云々と語る以前に、俺には食事以外の

サプリ摂取が外せない。

 

何しろシイタケがダメな俺はビタミンKはサプリから

摂る必要があるし、セロリの分の栄養も補いたい(笑)。

 

 

 

脳と食事。

最善の健康とメンタルヘルスを考えるなら、

あまり人が目を向けないこの関係に気を配ろう。

 

7大栄養素(たんぱく質・ビタミン・ミネラル・脂質・炭水化物・

食物繊維・ファイトケミカルス)をバランスよく摂るには、食事だけ

では難しい。

 

脳のためにも、やはり安全なサプリを習慣的に活用したいところだ。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは10件です

  1. サムタイム より:

    えっ?そこはほとんど意識してなかったです✨
    きづき、いつもありがとうございます

  2. あい より:

    何となくは分かっていたつもりでしたが
    実際には分かっていませんでした!
    大切な事ですね!

  3. マゼンタ より:

    脳の栄養は糖分だけだというのは聞いたことがあります。サプリメントは摂取しますが、なかなか習慣化させるのが難しいですね。気分ではなく、きちんと必要なものだと理解すれば習慣にできるかな。よいサプリメントの見分けはやはりブランドやメーカーなのでしょうか。

  4. makostyle より:

    私たちの体は食べたものからできているという事について再認識しました。それだけに職は大切なのですね。それにもかかわらず、最近夏バテ気味であまりしっかりした食事が取れていない時があるので注意をする必要がありそうですね。

  5. やたけ より:

    そうなんだ。。脳と食事がねぇ。。。しらないことばかり>他力本願がウェルカムな理由
    あなたはおそらく、
    「他力本願」
    という言葉にネガティブなイメージを
    お持ちのことだろう。
    もちろん、かつての俺もそうだった。
    適当な人に見られるものの、
    根っこは真面目な
    秋田人の血を引いているので(笑)。
    【他力本願の本当の意味】
    この他力本願の本当の意味については、
    多くの成功者と接する中で
    パラダイムシフト(発想の転換)が起きていた。
    パラダイムシフトといえば、
    日本中で事業を展開する先輩のゼンさん。
    昔の日本人がよく口にしていた
    「若い時の苦労は買ってでもしろ」に対し、
    彼は
    「若い時の苦労なんて売ってでも手放せ」
    と言い放つ(笑)。

  6. ひかり より:

    食事って大切ですよね!!
    最近の人は、朝ごはんを食べなかったり
    断食したり…
    脳に影響があるのですね。
    しっかり、バランスよく食事摂取することが大切ですネ。

  7. えみえみ より:

    脳と食事、大切なんですね。
    脳を動かすエネルギーはぶどう糖だと聞いたことがありますが、やっぱりそれだけではないんですね。
    自分としては、栄養素より睡眠が気になります。
    絶対的に足りてないし、質が良いとは思えないです。改善しなきゃ。

  8. こう より:

    日々の食事が大事なんですね。普段荒れた食生活を繰り返しているので、上記の病気の予備軍かもしれません・・・。こうやってみると怖いですね。時間がないからとか、面倒だからと適当な食生活をするのではなくもう少し気をつかってみようと思いました。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ