英語を喋れる日本人の3つの特徴


 

 

あなたの身近に、英語を喋れる

日本人はいるだろうか?

 

 

 

俺の場合は、成増に住んでいる叔母。

 

そして外資系の製薬会社に勤めていた青木さんが、

子供の頃初めて出会ったバイリンガル、英語を喋れる

大人だった。

 

 

 

 

 

英語を喋れる日本人の特徴

 

 

行動が積極的

 

英語に限らず、何かで失敗しても恥ずかしいと思わない。

挨拶はもちろん、見知らぬ人に気軽に声を掛けられるのが

外国語を喋れる日本人の特徴。

 

日本人は「失敗は恥」と教育されているので、「間違った英語を

口にしてバカと思われたらどうしよう」など、余計な心配をする。

このメンタルブロックが、本当は喋れるのに喋れなくさせている。

 

また特に白人のようなネイティブへの崇拝意識が強く、

これが対面した時の緊張感を強めてしまう。

 

英語を喋れる日本人は、

こういった精神的な壁を越えている。

 

 

日本語でのコミュニケーションが

しっかりしている

 

日本語がめちゃくちゃなのに英語を喋れる人に

いまだに出会ったことがない(笑)。

 

やはり英語に限らず、母国語がしっかりしており

それがベースになって初めて他の言語を喋れるようになる。

 

 

英語を喋れるようになるための

正しいトレーニングを実践している

 

同じ能力があっても、喋れるようになるトレーニングと

そうでない方法がある。

 

日本は英語亡国であり、英会話のための情報はあふれているが

正しい方法、自分に合った方法を取捨選択していないことで

喋れるようにならない日本人がほとんどだ。

 

 

 

英語を喋れるようになるための最速で

確実な方法とともに、海外移住を可能

にする安定収入を得る手段を学ぶ

 

 

 

 

英語を喋れるようになるための正しいトレーニング

 

 

まず英会話のためのフレーズのインプットとしては、「Anki」

という無料のソフトを使いながら、自分が会話でよく使うと

想定できる定番の言い回しをどんどん暗記していく。

 

これを音読することはもちろん、YouTubeの無料動画で

「シャドーイング」つまり話す人に続いて声を出していく

トレーニングを続け、リスニング力を強化し正しい発音に矯正。

 

さらにオンライン英会話で、覚えたことをアウトプットする

機会を毎日つくっていく。

 

これらを習慣化することで、たった数ヶ月で

日常会話については難なくできるようになる。

 

 

 

親には感謝できないが、環境を変えること、具体的には英語が

得意な黒人女性と付き合うことで見事に喋れるようになった

地元の奥山。

 

俺と同じく、霊感もないのに見えないものを信じている彼は

独立起業を目指し、これからドイツのデュッセルドルフに渡る。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ