目的によって変わる英文での勉強法とは?


 

 

あなたは、勉強で英文と真剣に

向き合ったことはあるだろうか?

 

 

 

俺が初めて、ない頭を英文を前にして使ったのは

成増のあの叔母の家だった(笑)。

 

 

 

 

 

試験のための勉強での英文

 

 

高校大学入試はもちろん、

俺が大学1年の時に受けた英検準一級。

 

また日本企業がその得点を重視するTOEIC、またTOEFLや国連英検

など中学生以降に日本人が英文を見る目にする機会は多く、好き嫌いに

関わらず、それと向き合い勉強する必要性が出てくる。

 

 

この場合は、英文を構成する英単語はもちろん、

複雑な英語の構文を勉強することになる。

 

この英文の勉強、つまり読み書きは日本人にとっては

慣れているという点で、むしろ得意なジャンル。

 

暗記することが多いという点で、この場合の英文は面白みは

ないものの、勉強にはとっつきやすい対象といえるだろう。

 

 

 

英文など勉強の効果的な進め方、そして

時間的・経済的自由を手に入れる方法を

同時に学ぶ

 

 

 

 

英会話の勉強への英文の活かし方

 

 

一方でスピーキングやリスニングなど会話のための

スキルとなると、日本人は途端に弱くなる。

 

本城先生も言っていたが、そもそも日本人は英文ではなく

英会話に対するメンタルブロックの壁が大きく、これがとても

邪魔をして、勉強へモチベーションがかからない。

 

英語は単なるコミュニケーションツールであり、適当でいいという

インド人の友達アナンドのような「開き直り」がまず必要だろう。

 

 

その上で英文を会話の勉強に活かす方法だが・・・

 

 

まずあなたが、外国人との会話で使いたい言葉を中心に英文を

用意する。それが特にないという場合は、定番フレーズを勉強

することが英会話に応用がきくため効率的。

 

これを丸ごと、文法の意味を深く考えず暗記してしまう。

 

暗記する時は音読すること。繰り返し

毎日音読することで、記憶はしっかり定着する。

 

 

そして覚えたフレーズを、実際の会話でどんどんアウトプット。

 

バイリンガルの日本人や外国人の友達に

英語で会話の相手をしてもらう。

 

 

英会話の英文は驚くほど砕けていて、日本人が今まで勉強して

きたような文法の知識ではとても追いつかない。

 

とにかく英語圏の人が使っている英文が正解なので、

そういうものと割り切ってそのまま覚えてしまう。

 

この開き直りができ、考えるよりも行動できる人が

俺の周りではバイリンガルになっている。

 

 

ちなみにこれだけ技術が進歩しても、日本語を

英文に訳すネット自動翻訳は精度が低い(笑)。

 

SNSなどで外国人の友達をつくり、

翻訳をお願いするのも一つだ。

 

 

 

英文を学ぶためにメンターの探し方を聞いてきたのは、俺と同じ

マザコンで(笑)ポーランド孤児だった父の息子、シュピル。

人から感謝されない人の特徴を勉強しながらポルトガル旅行とは、

さすがはマルチタスクの彼だ。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ