ロシアで起業してビジネス…日本人の起業家は?ビジネスチャンスやビジネスビザ、メリットとデメリット…ビジネスマナーや起業の注意点をブログで紹介


 

ロシアでの起業は、中途半端な気持ちで臨むと

想像以上にえらい目に遭う・・・

 

これは、現地で日本人起業家をたくさん見てきて

かみしめる事実。

 

 

ロシアでのビジネスの前、もしくは
同時並行で始めたい「自宅で可能な安定収入構築法」。

 

これを知りたいあなたは、

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

ロシアといえば、日本人男性に現地の女性が人気だが(笑)

ビジネスとなるとさすがに情報が薄い。

 

 

そこでこの記事では、ロシアでの起業について

海外在住者の視点で語ってみる。

 

 

 

ロシアでの起業、ビジネスのメリット…ビジネスチャンスは?やる気があれば成功のチャンスも

 

ロシアで事業を始めるメリットとしてはまず、保険など一部の

ビジネスを除き、外国人による出資100パーセントの現地法人が

つくれること。

 

俺が移住したこのフィリピンでも、6割はローカルの

フィリピン人の出資がなければならない。

 

ロシアはこの点でも起業しやすいが、業種によっては

役員の中にロシア人を雇用しなければならないなどの

ビジネス規定がある。

 

 

何よりロシアの起業家はアグレッシブであり、失敗を乗り越えて

前に進もうというビジネスへの意気込みが感じられる。

 

日本のように「失敗は恥」と教育されておらず、そんな

ポジティブな起業家精神の環境に入れるのもメリットといえる。

 

ロシア人は「何度でも立ち上がる」「解決策を見つけて

前に進む」という、ビジネスマインドを持ち合わせている。

 

 

また面白いのは、日本の東京と異なるところ。

 

ロシアでは必ずしも首都のモスクワに企業が集まるという

ことはなく、地方でランニングコストを下げながら、それぞれの

アイデアでチャレンジ。

 

環境を柔軟に選びながら、ビジネスに挑戦していける。

 

 

まさにGoogle共同創立者セルゲイ氏のように、パトロンなどを

持たず、やる気と情熱でのし上がってきた人も多いロシア。

 

アイディアと情熱と行動力があるあなたなら、

ロシアでのビジネスを形にすることも可能だ。

 

ちなみにロシアで有名なのは、天然ガスや原油の埋蔵量が世界最大

であるという点。当然、これを活かせるビジネスはうまくいく。

 

 

 

ロシアでのビジネスのデメリット…起業のリスクや注意点

 

現地に、日本人に唯一馴染みのある外国語

英語を話す人が多くはないこと。

 

さっき語った現地法人の設立の際に提出する書類には、

ロシア語に訳した書類の提出が必要になる。

 

信頼できロシア語に明るいパートナーが欲しい。

 

 

ロシアに法人を設立しない場合は現地に支店を置くという方法も

あるが、会社の設立よりも手続きが煩雑であり、3ヶ月以上

かかってしまうことがほとんどというデメリットも。

 

 

さらにいえば、この世界初の社会主義国の終焉から半世紀も

経っていないため、自由経済でのビジネスと文化的な違いを

感じる場面があることは否めない。

 

 

 

ロシアのビジネスビザは?ビジネスやビザについてセミナーでも学ぼう

 

ロシア ビジネスビザの取り方
さて、ロシアでビジネスを始めよう、

といってもまずはビザを取らないと話は始まらない。

 

 

まずはロシアのビジネスビザの取り方を勉強していこう。

 

 

■ロシア ビジネスビザについて
就労ビザには、有効期間90日までのシングル、もしくはダブルビザ

または有効期間が1年から3年までマルチプルビザがある。

 

・2017年度からはウラジオストクで簡易ビザ制度がスタートしたが、

モスクワ、サンクトペテルブルクなどを訪れるには

まだビザを事前に取得する必要がある。

 

 

ロシア ビジネスビザの種類
 ・3カ月シングル/マルチ
 ・6カ月マルチ

 

 ・1年マルチ
 ・3年マルチ
 ・5年マルチ

 

 

■ロシア ビジネスビザ申請必要書類
 ・パスポート(6カ月以上有効期限が残っているもの)
 ・電子査証申請書(EVA)

 

 ・顔写真(パスポート用4.5✕3.5cm サイズ厳守)
 ・Invitation letter(原本) ※業者に依頼する必要あり
 ・手数料

 

※Invitation letter
 ロシアのビジネスビザを取るための招待状

 

 
もっと細かいことをいえばキリがないので

細かいところまで知りたい人は専用のサイトを参照してほしい。

 

 

とにかくロシアのビジネスビザの書類や申請は、

すべて自分でやろうとしても出来ない部分があるので、

 

多少、費用はかさむが 専用のロシアのビジネスビザ発行の

代行業者に頼むのが一番間違いなく、早いであろう。

 

 

また、こういったロシアでのビジネスに興味がある人たちのために定期的に

『ロシアビジネス 未来の会』などがセミナーを行っている。

 

比較的、北海道が多いが、

兵庫県神戸や富山県富山市などでも行われているので、

機会があったら参加してみるといいだろう。

 

 

 

ロシアのビジネスマナーって?ロシア語ができるとメリットも…

 

さて、諸々の手続きを終わらせて次に気になる問題が言葉の問題である。

 

ロシア語を学ぶ上でのメリット、デメリット>

 

まず、第一のメリットといえば、

やはり海外の人たちとコミュニケーション

とれるようになるということだろう。

 

 

日本語は基本的に日本で使用する言語であり、

1億人くらいが使用している。対してロシア語はというと、

 

ロシア、ウクライナ、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス・・・

約3億人が使用している。ちなみに、

 

国際宇宙ステーションの言語はロシア語である。

とにかく、ロシア語は実は他国も巻き込んだグローバル言語なのだ。

 

 

また、こんなに有名な国なのにロシア語を学んでいる人が少ない

というのもメリットの一つではないだろうか。

 

学んでいる人が少ないということは、

しっかりと習得することが出来れば

あなたは替えのきかない唯一無二の存在になれる。

 

 

反対にデメリットとしては、マイナー言語なため、

習得にかなりの時間と労力をかけなければならないということ。

 

英語を教えてくれる所はいくらでもあるが、

ロシア語を教えてくれる施設は圧倒的に少ない

 

どうしても独学、自習が必要になってくるので、

英語などを学ぶより忍耐力が必要になってくると思われる。

 

 

しかし、ロシアでビジネスをしようと思うなら、

言葉の壁は絶対に乗り越えなくてはならない最初の壁であろうから、

これからロシア進出を目指す人はぜひとも頑張って欲しい。

 

ビジネスマナー
ロシアに限らず、ビジネスシーンにおいて

ビジネスマナーというものは非常に大事になってくる。

 

 

日本でもいえることも多々あるが、少し見てみよう。

 

面談の予約は必須。

ただし、直前になって予定を変更されることもよくあるので注意。

 

・会議の前には世間話や雑談をすることが多い。
・ロシア人は長くて詳細なプレゼンを好む。
『チェチェン』『ソビエト時代』の話題は避けた方がよい

 

・会議がうまくいった際に贈り物を渡すことがある。

これは尊敬と感謝の意を表すものなので、

クオリティーの高いものを用意することが大事。

 

相槌を打たない。ロシアではじっと黙って

相手を見ている方が良く聞いていると思われる。

 

レディファースト

などなど、注意しなくてはならないことが多々あるので要注意。

 

 

また、ロシアのビジネスアワーとして、

役場は基本的に平日9:00~17:00土日は休みのところが多いが、

銀行は平日の9:00~18:00と日本より少し長めに営業している(土日は休み)。

 

デパートやレストランは、月~土の8:00~18:00

服飾雑貨店などは月~土の10:00~18:00と日本よりも少し営業時間が短いし、

日曜日は休みのところもある。

 

 

 

まとめ

 

これからロシアでビジネスをやっていきたいと考えている人達は、

不安が非常に大きいと思う。

 

その不安を取り除くためには、やはり先人の知恵をお借りしよう。

 

 

今は、インターネットも普及して、情報を集めることが簡単になった。

 

ロシアでビジネスを成功させた人、

失敗した人のブログなどで生の声を聞いてみるといいかもしれない。

 

ブログやSNSであれば、気軽にメッセージを送ったりすることもできるので、

思わぬビジネスの成功事例苦労話が聞けるかもしれない。

 

 

ロシアでビジネスをやるにも、

旅行に行くにもまずはロシアに興味を持たないと始まらない。

 

まずは、難しいことを考えずにちょっと旅行雑誌

サイトでも開いてみたらいい。そこで新しい発見や興味がでてきたら、

ビジネスや旅行、移住を想像したらおもしろいと思わないだろうか。

 

 

お隣の国なのに日本人が海外でビジネスをしようと思っても

なかなか縁遠い印象があるロシアだが、

最近では国際石油価格の高騰で好調に成長を続けている国であり、

 

日本の家電や車などの日本製品が人気で、

いたるところで『Made in Japan』が求められている。

 

しかし、同じアジアの中でも中国などに比べたら

ロシアとビジネスを行っている日本企業

まだまだ少ないのが現状としてある。

 

北方領土問題などもあって、

イメージとして『ちょっととっつきにくい国

というのはあるかもしれないが、北海道の『有限会社チネン交易』や

 

日本通運 札幌支店』などロシアのビジネスサポータになっていたり、

まだまだ開拓の余地があるからこそ

ビジネスチャンスが転がっているのではないだろうか。

 

 

ロシアでビジネスを始めようと

真剣に考えたことはあっただろうか?

 

俺の身近では、マトリョーシカとロシア人に

心底惚れこんだ松家がその一人だ。

 

 

また、ロシア人の時間管理方法が意外にもガツンと役立ったと話す、

仲間のビジネスマン矢代さん。

 

現地で恋愛まで引き寄せた彼は

自分と向き合うのが得意な、俺と同じ元人見知り。

 

 

ここでは、ロシアでビジネスをするにあたってのメリットやデメリット

そもそもロシアでビジネスをするにはまずどうすればいいのか、

などなどを語ってみた。

 

少しでも『ロシアでのビジネス』というものに

興味を持ってもらえれば幸いである。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは9件です

  1. シルビアン より:

    ロシアでビジネスなんて、プーチン政権が許さないでしょ(笑)
    なんて思ったけど外資100%でも法人が作れるのは意外でした。
    ロシアは広大で、首都が端っこにあるから、モスクワだけに集まることはないのでしょうね。

  2. makostyle より:

    ロシアのビジネスマンの考え方にはとても共感できます。資源も豊富ですし、これまで日本とロシアを結ぶ民間人レベルの身近なビジネスがなかったように感じますので、可能性が大いにあるように思いました!

  3. ケッツ。 より:

    ロシアン美女。いいな。そして、現地でビジネスなんて夢がありんす。>>そして、詐欺師はあちこちで
    手ぐすね引いて待っている。
    そもそも詐欺の手口は、初めだけ儲けさせて
    その後、何年もかけて全財産を搾り取ろうと
    するのが常套手段。
    なぜだまされるのかといえば、
    当たり前だが「知らない」から。
    大人の無知は罪といわれるが、
    財産だけでなく
    時には命すら危険にさらす無知は、本当に怖い。
    おすすめしたいのは、どんなに小規模でも
    「あなた自身のビジネス」を持つこと。
    さらに本物のメンターがいれば
    正しい知識が手に入り、
    ウソを見抜く力も学んでいける。
    本気で独立したい人こそ素直になり、
    独学をやめて成功者から吸収する。
    一人で起業し、
    億でも稼げる時代、これが今。

  4. ゆう より:

    「何度でも立ち上がる」「解決策を見つけて前に進む」
    ですか・・ビジネスをするにあたって必要な気持ちですね。
    失敗を恐れてしまうのは仕方のないことだと思っていましたが
    気はその人のモチベーションに繋がるりますもんね。

  5. ちびかお より:

    何度でも立ち上がる精神は、仕事に限らず何事にも大切なことですよね!首都だけではなく地方での企業のやり方も見どころです。日本ではなんだかんだで東京に集まってしまう傾向がありますからね。しかし、一番馴染みある英語が使えないとなると、まずはロシア語マスターからのスタートとなるのですね。現地ロシア人の素晴らしいパートナーを見つけられるかどうかもカギとなりそうです。ロシアといえば、ビジュアルも男女問わず素敵な方が多いところ。見てるだけで癒されますね~♪天然ガスと原油の生産地ならば、ここで成功すると将来明るいですね!

  6. ユウゾラ より:

    以前ネットで転売する目的でロシアから玩具を輸入したことがありますが、意外に信頼度の高い取引をしてもらったという印象があります。ビジネスをロシアでという発想はありませんでしたが、可能性がありそうですね!

  7. ひかり より:

    ロシアでのビジネスはとても大変そうですね。
    まず、現地の言葉が話せないと
    話になりませんね!!
    メリットも沢山あるので、興味はあります。
    楽しく働きたいですね。

  8. ニック肉食 より:

    ロシアでビジネスは考えた事がなかったです。ロシアのイメージは美人が多い事に私の中ではなっていますから。でもマインドが凄いんですね、ロシアの企業って。そういうの私は好きです。何度でも立ち上がる、とか。

  9. しぃ より:

    英語があまり通じないのはなかなか辛いですね。ロシア語を覚えるのも難しそうです。でもアイディアと情熱と行動力で可能性が広がるのはとても魅力的に感じます。どういうビジネスが向いているのか調べてみたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ