シンガポールのおすすめ3スポット


 

 

「次はジョホールからシンガポールです。

おすすめを教えてください」

 

 

 

東南アジアを中心に投資家修行を続ける、

仲間の牛尾さん。

 

不動産投資の可能性がすでにないシンガポールは、

彼にとって単なる観光旅行だったが。

 

 

 

 

 

シンガポールのおすすめスポット

 

 

シンガポールといえば、何といってもマリーナベイサンズの

屋上にあるインフィニティプールをおすすめしている。

ここからの眺めはまた別世界。

 

あの解散したSMAPがCMで使ったことで、

日本人にも一躍有名に。

 

ベイサンズに宿泊しないなら、空中庭園から

街を一望するだけでもいい。

 

 

その隣にあるガーデンズバイザベイ

見たいのはやはり、夜のライトアップだろう。

 

 

上野動物園の2倍あるというシンガポールズー

期待していなかったが、なかなか面白かったのでおすすめ。

 

 

動物といえば、人気の

ナイトサファリを楽しむのもいい。

 

ユニーバサルスタジオは、大阪のUSJに飽きたあなたに(笑)。

 

日本やフィリピンはもちろん、世界中にあるチャイナタウン。

中国人の多いシンガポールには当然のように。

 

その他、リトルインディアやシンガポールフライヤーなど、

狭い土地の中に様々なものがつくられている。

 

 

ちなみに有名なマーライオンは「世界3大がっかりスポット」

の一つにもなっている(笑)。

 

 

 

不安のないシンガポール旅行や移住を

実現するための、時間的・経済的自由を

手にするには?

 

 

 

 

おすすめしたいシンガポール。その魅力とは?

 

 

アジアの優等生シンガポール。

 

交通網を始め、「東京24区」と呼ばれるほどの利便性。

東南アジアの都市というと雑多で汚いイメージがあるが、

ここは別格だ。

 

 

とにかく日本人女性独りでも旅ができるような安全さ。

治安の良さはすでに日本を超えている。

 

wifiなど通信環境の良さも、このフィリピンに住んでいると

羨ましい限り(笑)。そのスピードはもちろん、フリーwifi

スポットの数といった便利さも日本以上といえる。

 

 

生活費が世界一高いといわれるが、観光程度なら宿泊場所は

選べるし、airbnbなどの民泊も当然利用可能。

 

交通費は日本よりも安く、食事もレストランを選べば

日本と同じかそれ以下で食べられる。

 

生活費で最も大きい家賃がシンガポールの場合には東京以上に

高いので、それが問題になるのは長期滞在や移住を考える時だろう。

 

 

俺の好きなシンガポールチキンライスを始め、日本人の

味覚にも合う食事。和食のレベルがそれなりに高いのは

東南アジアの良いところだ。

 

 

この国は世界的に見て比較的新しい都市国家であり、

アートなど文化的での発展性がないと指摘される。

 

ただし、それを補って余りある安全と利便性。

訪れる国に何を求めるかだろう。

 

 

 

魅力的な人の特徴仕事のできる人の特徴をバシッと併せ持ち、

天才の習慣を身につけたサークル時代の友人、丸山。彼が

シンガポールに移ってもうだいぶ経つ。

 

自分らしさの例を把握し人の嘘を見抜くのが得意な彼も、

実は俺と同じ元神経質だったりする(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ