上京して仕事をする場合のリスクと解決策


 

 

地方にいるあなたは、上京して仕事することを

今まさに検討中だろうか?

 

 

 

秋田の血が入っていながら東京育ちの俺には、

上京して仕事という経験はないが・・・

 

それでも大学時代から周りに上京者が多く、

東京での仕事のリスクとその解決策は熟知している。

 

 

 

 

 

上京して仕事をする場合のリスク

 

 

よく言われるのは、東京で就職するために上京しても

仕事をしたい会社の面接で「地方の住所」を書けないこと。

 

秋田市から通勤8時間などと書いたら一笑に付されて

終わるので(笑)、まずは住居の確保が必須。

 

 

ただし・・・これが上京の場合はまた厄介で、ワンルームでも

家賃9万円程度は普通。初期費用としても40万円以上かかることになり、

仕事以前の負担が大きすぎる。

 

上京先として俺が住んでいた埼玉のようなベッドタウンを選ぶのも一つだが、

仕事を始めた後の通勤が大きな負担に。俺が世の中で最も嫌いなものの一つ

「満員電車」を長時間耐えるハメになり、かなり苦痛。

 

この定期代すら最初は立て替える必要があったりと

上京後、仕事始めの出費は避けられない。

 

これだけ最初にお金をかけて実はブラック企業だったりしたら、

それこそ目も当てられない。

 

 

上京すれば仕事が見つけやすいのはメリットだが、東京に

住むこと自体が負担であり、働くことのネックになるという事実に

意外と気づいていない地方の人は多い。

 

上京に当たり貯金に余裕がなければ、住所が適当でもいい

アルバイトの仕事をしながら、ネットカフェに住みつつ

就職活動をする人も。

 

または、最初から住み込みの仕事を

ピンポイントで探す強者もいる。

 

 

 

上京して仕事をしていても安心できる

「場所を問わない収入」のつくり方とは?

 

 

 

 

上京後の仕事のリスクの解決法

 

 

とにかくおすすめしたいのは、まずは地方から何度か通い

本当にこの場所で戦っていけるかどうかを体感してみること。

いけると思ったら、覚悟を決めること。

 

 

例えば、住む場所についてはシェアハウスのように敷金1か月分で

家具類が全て付いている部屋なら楽。家賃3万円台の物件もあるので、

予算の厳しいあなたの選択肢になる。

 

 

また、上京前の地方にいる段階から就職エージェントに依頼し、

しっかりした仕事を探してもらうのもいい。これはブラック企業を

極力排除するには良い方法だ。

 

 

何より勧めたいのは、俺がニュースレターの中で

唾を飛ばして語っているように(笑)地方にいるうちから

月30万円程度の安定収入をオンラインで固めておくこと。

 

これがあれば、あなたのやりたいことで仕事を選べるし

もしブラック企業に当たってもすぐにやめることができる。

 

お金に振り回されたり、

嫌な上司と無理やり付き合う必要もない。

 

具体的な方法についてはこれから、

あなたに漏れなくシェアしていく。

 

 

 

上京しても外人女性と北千住に住み続けているのは、

フィリピン妻にベタ惚れの自称必殺仕事人(笑)泰助。

 

ついてない時の乗り越え方をマスターした俺と同じ元神経質の彼は今、

マカティの治安の良さを知りながらもコロン島に引きこもっている。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ