仕事とプライベートの両方に大切な3つのこと


 

 

あなたは、仕事とプライベートをはっきり分けている?

それとも、仕事にプライベートが支配されている?

 

 

帰宅したら仕事用のバッグや書類、

ファイルを見えないところに置く

 

週末にプライベートの予定を入れまくり

会社のことを考える隙をつくらない

 

ジョギングやシャワーなど、仕事から

プライベートモードに切り替える儀式をつくる

 

・・・

 

仕事とプライベートを分ける方法については、

人によって様々な工夫がされているが・・・

 

そもそも「仕事とプライベートを分ける」という発想は、

仕事が苦痛でプライベートが逃げ場という考え方が前提にある。

 

 

 

 

 

「仕事とプライベートは分けるべき」に対するアンチテーゼ

 

 

俺はといえば、プライベートと仕事は

全く分かれていない。

 

友達は仕事仲間でもあるし、

彼らを応援し手伝うことで報酬を得ている。

 

一緒に飲んでいても踊っていても(笑)、むしろ

そういった時間が互いの絆を深くし、より生産性の高い仕事につながる。

 

バーベキューやオーバーナイトスイミング(フィリピンの文化)をしながら

仕事について語り、逆にプレゼンをしていても、彼ら自身の健康やライフスタイル、

家族の話が中心になっていたり。

 

 

多くの日本人は、週末や祝日、連休まで息を止めて平日を乗り切る

そんなサイクルで生きている。

 

終身雇用の時代は、社員を会社の家族のように扱うという

極端なものだったが・・・

 

今でも仕事とプライベートの人間関係が同じだったり、残業で

家族と話す時間がなかったり、休日出勤や仕事を持ち帰って

休みがつぶれたり、会社の人とゴルフに行くような人は少なくない。

 

 

唯一参加した社員旅行の、伊豆。

 

外資系で比較的ドライな雰囲気の監査法人でも、トモさんセキさんと

3人でこっそり敢行した行き帰りのバイクツーリングだけが楽しかった記憶が。

 

待ち合わせた砧公園のデニーズを出た直後に

進路変更違反で白バイに止められたのも、今となっては良い思い出(笑)。

 

 

日本人に対し、海外の人は比較的

プライベートと仕事を分けるのが上手で、

両立が得意だといわれている。

 

確かに周りを見ても、マカティでCPAとして働くbridgetteは

土曜に同僚や上司と逢うことはしていないし、ケソンシティの

韓国人弁護士kimも、オフィス以外の時間はフィリピーナの奥さんとベッタリだ。

 

 

日本人のようにプライベートがなさすぎるのも、

外国人のように仕事とプライベートをバッサリ分けるのも

どちらも理想ではない。

 

一番いいのは「仕事が遊びで、遊びが仕事

 

仕事と遊びの境目がないような生き方。

 

 

いいアイデアは、仕事以外で遊んでいる時など

プライベートの時間に出てくることが俺の場合は多い。

 

本当に好きなことは努力感がなく、

時間を忘れるほど没頭してしまうもの。

 

それが仕事なら毎日楽しくて仕方ないし、結果として

人に感謝される仕事ができ、経済的な豊かさも当然ついてくる。

 

 

そんな生き方ができているのは幸運だが、敢えて日本を離れ

フィリピンに移住したのも、「旅をするように暮らし、暮らすように

旅がしたい」という理想も、こうした考えから来ているのかもしれない。

 

 

 

仕事とプライベート関係なく大切なこと

 

 

「プライベートは犠牲にして、組織のために尽くす」

「仕事は生活の手段と割り切り、プライベートを楽しむ」

「心から愛せるライフワークを求める」

 

人それぞれの価値観で選択されるが、いずれにしても

大切なことがあると、周りの成幸者を見て気づいた。

 

 

人に好かれる努力

 

人は一人で生きられない以上、

人に好かれるほうが生きやすいのは

誰もが分かっていること。

 

 

単純接触の法則というものがある。

 

人は逢う・電話・メールなどの接触回数が多いほど、

その相手に好感を持つ傾向があるということ。

 

そして

 

三流は相手の悪いところばかりが目につき、

二流は悪いところと良いところの両方、

そして一流は良いところしか見えないといわれる。

 

一流に至るには努力が必要だが、仕事でもプライベートでも

接触回数を増やす」「良いところを見つけるようにする

意識から始めたい。

 

 

自己研鑽と継続

 

仕事とプライベートの両方で必要なのは、

成長のための自己投資学び

 

特に人は、オンよりもオフで差がつく。

 

平日よりも休日、上司よりも家族と話している時、

意識している時よりも無意識の時など

 

 

そして継続力は、誰もが標準装備していながら

ほとんどの人が発揮できない能力。

 

だからあなたが少し意識を変えて決めたことを続けるだけで、

圧倒的に突き抜けることができる。

 

継続こそ力なり、と確信する。

 

 

自分以外の人のためにがんばる

 

目の前の人にもっと縁を感じ、感謝し、

この人のために何かできないか考えてみる。

 

愛の反対は無関心。だからうまくいっている人は、相手にもっと

興味、関心を持つことが愛だと知っていて、それを行動に移している。

 

自分のためだとあっさりあきらめてしまうことも、

人のためならがんばれるのが人間の不思議なところ。

 

 

仕事でもプライベートでも何かイマイチ燃えることがないなら、

あなたががんばることで誰が喜ぶかを考えてみたい。

 

 

 

遊びが仕事で仕事が遊び・・・

そんなライフスタイルを手に入れる

方法とは?

 

 

2731891694_557dd21477_b

 

 

ところで、あなたは

仕事の優先順位づけは得意だろうか?

 

これが上手だと当然仕事はさっさと片付くので、

プライベートの時間は確保しやすい。

 

 

いつもやたら忙しそうにしているけど、

仕事の優先順位をしくじって得たい結果が得られず

プライベートを犠牲にしている人・・・

 

あなたの周りにもいないだろうか?

 

 

 

 

 

日本人が不得意な、仕事の優先順位づけ

 

 

世界の中の日本人

 

いろんなところに気を配れるところが利点でありながら、逆に

それが仕事の優先順位の明確化を妨げることも、ままあるようだ。

 

頼まれごとは、試されごと。

 

人の依頼に相手の予測を上回るスピードとクオリティで

対応できることは素晴らしいし、目指したいものだが・・・

 

それで仕事の優先順位が狂い、自分のゴールから

遠ざかってしまうのでは本末転倒。ましてプライベートを犠牲にするなど。

 

これは過去の自分に向けて言っている(笑)。

 

 

下見なしのフィリピン移住の後、マカティ周辺を中心に

フィリピン人の起業を手伝っていく中で、人間関係が急速に拡大した。

 

 

何しろ、フィリピン人は会う約束をすると、勝手に人を連れてくる(笑)。

友達はもちろん、兄弟、いとこ、彼女・・・アポに一人で来た人は

数えるほどしかいない。

 

FBで知り合いトライノマ(ショッピングモール)で会ったアイリッシュは、

いとこのジェライザとファミーを連れて来て、食事の後カラオケに。

ちょうど持ち合わせがなく、すっからかんになり困った(笑)。

 

 

チームでやっていく現地のビジネスで仲間が増えるのはプラスなのだが、

それぞれの人と個人的に仲良くなる中で、彼らからの頼まれごとが

やたらと増えていった。

 

金銭的なお願いはもちろん、多くのたわいもない依頼は断らないと

自分の仕事が回らない状況になり・・・仕事の優先順位を改めて

見直すいい機会になった。

 

 

8374585610_26437eff0a_b

 

 

仕事について知っておきたい、結果と優先順位の関係

 
 
例えば、セミナーを通して自社のマーケティングシステムを
売り込む企業。その営業マンを想定しよう。
 
 
シンプルに言えば、
 
セミナー参加人数は、集客努力という選択の結果。
名刺の数は、コミュニケーション努力という選択の結果。
成約者数は、販売努力の結果。
 
単純だが、あなたの優先順位の違いが
仕事の結果の違いだということを思い出してほしい。
 
 
セミナー参加人数の割に成約が少ないなら、販売資料やプレゼンを
見直すことが優先になるし、そもそも参加者が少なすぎるなら
DMの数を増やす、連絡をたやさないといった集客が優先になる。
 
 
結果だけを見て「ダメだ・・・」と落ち込む前に、できる人は
仕事で彼が重視することに時間を割き、その優先順位を明確にして
取り組んでいるということを覚えておきたい。
 
 
 
 
 

優先順位を明確にした仕事の仕方

 

 
仕事で優先度を曖昧にしないための
いくつかのヒントを。
 
 
ToDoリスト

 

俺の周りの人は耳タコなはず。

 

「とにかくこれだけやれば、

仕事は3倍できるようになる!」

 

これだけ唾を飛ばしても(笑)、

ほとんどの人がやっていない。

 

 

その日1日にやることを、とにかく紙やデバイスにメモしておく。

終わったものから消していく。ただそれだけ。

 

やることが可視化できるから、優先順位も明確にできる。

 

 

カエルを食べる

 

ToDoリストで最重要なこと、特にあなたが面倒だったり苦手なこと

(海外ではfrogと呼ぶ)を、1日の最初に終わらせる

 

俺だったらブログへの記事の投稿やニュースレターの執筆など、

重要なことを目覚めてすぐに終わらせることで挫折を防ぎ、

その後リラックスできる。

 

 

マトリックスごとの対応

 

15年前に学んで目から鱗だったことも、今では誰もが知る、

やるべきことを以下の4つに分類するマトリックス。

 

緊急で重要

緊急ではないが重要

緊急だが重要ではない

緊急でも重要でもない

 

 

緊急で重要なことは、当然すぐに処理

 

緊急ではないが重要なこと。

ここが未来をつくる時間であり、建設的で先の仕事を

楽にする部分なので、できる人はここにしっかり時間を割く

 

緊急だが重要ではないことは、人の手を借りる

 

緊急でも重要でもないことはリストラする

 

 

もちろん仕事内容にもよるが・・・

 

特に俺のように個人事業主だったり、自分で仕事をコントロールできる

ような場合は、自分の仕事の優先順位を一番にし、それが確実に終わることを

担保できて初めて、人からの依頼に対応する。

 

人に左右されず、自分の決めたことを最優先で終わらせようとすること、

自分との約束を守る努力に、神様が報いてくれると信じている。

 

 
周りに振り回されてばかりで、
忙しい割に結果が何も変わらない・・・
 
そんなことを感じる人は、一度自分の仕事の棚卸しと
優先順位の確認をしてみたらどうだろう。 

 

 

 

 

 

PS.

仕事とプライベートの境目がなく楽しんでいる人は、

俺の周りではチームワークが仕事でうまくいっている人が多い。

 

やはり、プライベートを通じて信頼関係ができているから、

仕事でも自然に協力できているということなのか。

 

ここでもやはり、リーダーとボスの違いを感じる。

 

俺の経験では、手放しで前者とはプライベートでも会いたいが

後者とは仕事以外ではご遠慮願いたかったから(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは19件です

  1. pahati より:

    あじゃじゃ。。完全か家族犠牲です(- -;)睡眠4時間。
    何かを変えなければ。

  2. […] 仕事やプライベートでたくさん出会いがある人ほど、顔と名前を一致 […]

  3. 本山 より:

    拝見していると胸が熱くなります・・・後で何度も読み返しますが、近い経験をされている方がいらっしゃると、生きる励みになります。人生をイージーに生きている人には、壁なんて来ませんが感動もありません。僕は自分や家族の幸せのために真剣に生きているdanさんのような方を応援していきます!そしてfbでのご縁にも感謝しています。全て・・・嬉しいお言葉です(笑)。きっとご期待に応えますので、楽しみにしていてください☆これからも末永くお付き合いいただけたらうれしいです。7年ちょっとの建設会社勤務の後、まだ収入が安定していなかったので派遣でつなぎましたw肉体労働だってやったことあります。イモプライドは一つもありません(笑)。だからこそ、言い切れるんですw前に進めば、道は開けると。フィリピンもそうとう暑いようなので、どうかお体ご自愛くださいね。プロポーザルなど、現在確定している資料などがあれば拝見できますか?僕もブログで情報を出し尽くしていきますので、
    どうぞよろしくお願いします!ご縁に感謝しています。改めてありがとうございます^^ご丁寧にありがとうございます。どうぞこれからもよろしくお願いします^^

  4. ひろ より:

    どっちかを優先してしまい、
    バランスが崩れていくことが多いと思います。
    仕事もプライベートも充実させたいものです。
    自分自身を振り返るいい機会にまりました。

  5. りょうちゃん より:

    仕事が遊びで、遊びが仕事!!
    そんな仕事に出会ってみたい。

    どうせ働くなら楽しく仕事したいな。

  6. ayuayumi より:

    オンとオフも大切ですよね。そうやって気持ちをコントロールできるようになると、どちらも充実した時間が送れるのかも。専業主婦ですが、家事の時以外はオフです。すみません。

  7. しん より:

    人に好かれることは嬉しいですよね。

    誰かの為に頑張るのは素敵なことです。

  8. 辰馬 より:

    素敵ですね!いつも感謝です^^
    プライベートも仕事もごっちゃごちゃの辰馬ですw

    お忙しいと思いますが、あれからいかがですか?

    ウェブ関係の仕事はじめました!
    最初は慣れるまでいろいろ大変ですが、一つずつステップを踏んでいきます^^

    知りあえて僕もとても嬉しいです!
    またワクワクが追加されましたw

    息子たちとはいずれまた会えますので、彼の分まで
    今回の人生で使命を一生懸命果たそうと思っています。
    お気遣いありがとうございます^^ありがとうございます(^^)ρ(^^)ノ

    お察しの通り、とにかく元気ですw
    素晴らしいお母様ですね!
    なかなかお目にかかれません。
    だんさん達も幸せなことでしょう。
    素敵な名前ですね。

    人同士ですから、ハートで伝わるんですよね!
    近々ご一緒できるのを楽しみにしています。いつでもお気軽にメールくださいね!よかったらSkypeでも話しましょうね。
    今日は夜には部屋に戻っていますので、よろしければ
    お話ししましょう・・・もしお忙しくなければ。
    楽しみにしています^^
    そちらで20:00以降ならお時間合わせられますので、ご都合のよいときにメッセージくださいね

  9. テツ より:

    人と会う作業は、自分も積極的に行っています。相手に名前を覚えて貰い、飲みやゴルフに誘って貰う。そのためには、自分が相手にどう写っているのか意識しなければならない。

  10. makostyle より:

    仕事が遊びで、遊びが仕事は究極ですね。というよりそのように発想を転換する事が大事かもしれませんね。はじめて気づきました。ちょっと思考を変えてみよう。

  11. マヤ より:

    私の周りの仕事が「できる」人も、それなりに大変そうだけどいつも楽しんでやってる感がありましたね。
    客観的に話を聞いてるとそれって激務なんじゃないの?って思う内容でしたが、
    楽しいから休みがないのも苦にならない、というか普通、って感じで。
    でも悲壮感とかはなく、それが自然という感じでした。

  12. シーサー より:

    私は完全に仕事にプライベートが占領されてしまうタイプ。
    オンオフをしっかりコントロールできるようになりたい。

  13. 238 より:

    どっちらか一方んに比重を置いている人が多いですよね。両方のバランスを保ち続けることがとても大切だと思います。

  14. りん より:

    継続は力なり。とても好きな言葉です。才能はないですが、努力で夢を叶えていきたいと思います。将来が楽しみです。

  15. mikako より:

    貴殿の仕事は、ファミリー的仕事スタイル、と言えるんでしょうかね。

    好きなことを仕事にしたら、仕事が趣味のようになって、プライベートと仕事の区別がはっきりしなくなりますよね?

    そして、わたしも「仕事を忘れてるときに、いいアイデアが」です!

    人に感謝される仕事、したいですね~

    「一流は良いところしか見ない」か
    わたしも気をつけねば。

    誰もがやっていない「継続」というシンプルな力!ですね(^^)

    人間は本来、利他的な生き物、なんですね!

  16. TM0323 より:

    人間は、振り子のバランスがとれていることが重要と聞きます。振り子は、仕事と休養二つに分かれており、バランスが取れていないと、崩れてしまい、体調を崩したり身体に異変が生じます。なにごともバランスが大事ですね。

  17. 0617 より:

    継続は力なり。とても好きな言葉です。才能はないですが、努力で夢を叶えていきたいと思います。将来が楽しみです。私の周りの仕事が「できる」人も、それなりに大変そうだけどいつも楽しんでやってる感がありましたね。

  18. くすお より:

    仕事とプライベートは区別しているほうです。
    今まではそのほうが両方に大切だと。
    仕事が遊びで、遊びが仕事が大切なんですね。
    そんな発想考え付きませんでした。

  19. ユウゾラ より:

    意志の弱い私は実現させることができませんでしたが、高校の時に担任の先生に勉強を趣味にしますと宣言したことがあります。私には無理ですがそういう事が出来る人がいるのですね。仕事も同じで本当に羨ましい!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ