将来の海外移住のために、引き寄せの法則を活かす。自己実現欲求を発揮する!


 

週末2日間休みなら、

ドカンと一日は家族と過ごす時間にしたい

と思いました。

 

 

これってどうですか?ちょっと笑えます。

人生を変えようと思うわりに、支払う代償はケチっています。

 

 

自分が抜け出したいと思っている仕事では、

休日出勤は当たり前だったのにです(笑)。

 

まさにあの霞が関の監査法人時代のように。

 

 

頭はいつも、あーなりたい、こーなりたい、時間が欲しい、

お金が欲しい、世界で活躍する日本人になりたいと思っているのに、

無意識レベル

 

(細胞、自己実現欲求、引き寄せの法則、潜在意識、魂、何でもいいんですが)

 

 

では「あぁ、自分って本気じゃないね。」

と理解してしまいます。

 

僕自身本気でやろうと思ったとき、週に一日仕事を休んで、

個性心理学の相性もいいアップの宮谷さんのミーティングに

参加していました。

 

 

夏休みもまともに取ったこともない自分が、個人事業ビジネスのために

仕事を休んだとき、心はぞくっとしています。

 

自分自身が身体の中からザワザワして落ち着きません。

 

 

「いいのかなぁ、こんなことしてて。

 

いいんだよねぇ、自分の未来を創ってるんだよねぇ!」

 

 

自問自答しながら心臓の鼓動はドキドキ早くなり、

血液が全身を駆け巡るのがわかります。

 

このとき「本気なんだねーっ!」と

自分の無意識が理解し始めます。

 

 

自分が元気ないとき。動いてないとか、

結果が出ていないとかそんなときです(笑)。

 

もちろんミーティングには出たくありません。

誰にでもあると思います。

 

コーチングで質問を受けていても気は乗らないし、

あの人とあわせる顔もないし、

上手くいってないと思われそうだし、

 

自分だけでグルグルしているそんなとき。

 

 

「ええい、今日はやめちゃえ!」と行動すると、
「あっ、自分ってこんもんだね。」と刻印されます。

 

 

「よっし!しょうがない、行くか!」と元気よく挨拶して参加すると、

 

「おおっ、自分ってこんなだったんだねー。」と

本気で目標に向かっていることを無意識レベルで理解し始めます。

 

 

将来、いちばんなりたい自分のために、今、最優先に

時間を使わないといけないのです。

 

許せない心理にこだわっている場合じゃありません(笑)。

 

 

つまり今自分が最優先に行動していることや、最優先に考えていること、

思っていることを、「あなたがなりたい自分はこれなんだね!」と

無意識レベルの自分が理解するということです。

 

仕事のできる人の特徴は、まさにこんなところにあるんですね。 

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ