よくある誤解


「プロテインって、あの粉のやつ?

ジムに行く人とかスポーツ選手が飲むんだよね?」

社会人になってからの付き合いの、桂。

 

肌荒れを気にしていた当時20代の彼女。ボコボコでニキビだらけ
だった肌が変わったエピソードとともに、自分の使っている
USAブランドを勧めました。

 

彼女の反応は想定内のものでしたが。

 

 

食べる補正下着。

 

理想は100%植物性のプロテインであることを知っていたし、国内外で
そのUSAブランド以外に本物を知らなかったため、鼻を膨らませて
桂に勧めました。

その結末。

彼女と連絡が取れなくなりました(笑)。

 

偏見の強い人だった桂は、ネットで独自にそのブランドの風評を調べ、
ネガティブなコメントをたくさん見つけたようです。

 

そんなひどいものを勧めようとした俺に信頼をなくして、許せない

という心理が働いたんでしょう(笑)。

残念ながら、あのときの桂にあげまんの特徴はなかったですね(笑)。

 

 

当時の彼女は、「ホンモノは口コミで拡がる」ことを知らなかったんです。

 

後にそのブランドのCMを日本の雑誌やTVで見かけるようになり、
店舗を持たないダイレクトセリングという独自のスタイルで80年以上
世界No.1のシェアを誇っていることを知り・・・

 

桂は自分からお詫びのTELを入れてきました。

 

かくして彼女は今もそのブランドのファンであり、プロテインを
毎朝摂り続けています。

 

 

 

プロテインにまつわるもう一つの誤解は、食べると太るというもの。

これも大きな勘違いです。

 

 

 

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ