魅惑の島バリカサグとは?


 

 

「バリカサグ島」

 

 

聞き慣れない人がいるかもしれない。

そう、スキューバダイビングをする人以外は。

 

 

スキューバをするあなたにとってはバリカサグは

優雅に泳ぐウミガメと会えたり、いわゆるギンガメトルネード

(ギンガメアジの群れ)を目撃できる貴重な島。

 

シュノーケリングやドルフィンウォッチングが

気軽に楽しめるのも嬉しい。

 

 

フィリピンに移住してパングラオ島に物件を所有したが、

ここからほど近い場所にバリカサグ島があったことも

決断を促してくれた要素。

 

 

バリカサグはエルニド同様フィリピン政府による環境保護

実施されていることから、その美しさが保たれている島の一つ。

 

フィリピンがもともと持つ綺麗な海を見たいあなたには

うってつけの場所と言える。

 

 

勤めている商社の上司から「カリマンタン島に出張頼む」と

急に言われ、それがどの国にあるのかも分からず困惑した青山の顔。

 

バリカサグ島と聞くと、なぜかいつも

それを思い出す(笑)。

 

 

 

 

 

バリカサグ島の魅力

 

 

バリカサグは、フィリピンの真ん中より少し下、

ボホールの南西パングラオからすぐのところにある美しい島。

 

 

フィリピン全部が美しい島々の集合体だが、このバリカサグを含め

今俺が住んでいるセブ島とその周辺に、特に魅力的な島が点在している。

 

世界ナンバーワンビーチリゾート、パラワン島のエルニド。そこから

遠くないコロン島。イロイロにあるボラカイは、世界ナンバー2

ビーチリゾートとして有名。

 

そして新しい国際空港により、それらを超えるビーチリゾートになる

ボホールのパングラオ島。魔術で有名になったシキホール島。

 

 

パングラオ島から船で30分ほど行ったところにある

バリカサグは、ダイビングには最高の島だ。

 

カラフルで美しい水中の景色が、やはりダイバーにとっての

バリカサグ島の魅力。そしてたくさんの魚とイルカとの遭遇率の高さ。

 

ブラックフォレストやサンクチュアリ、ダイバーズヘブンは有名だし、

複雑な形をしたカテドラルなども見どころとして

フィリピーナのマリクリスがおすすめしてくれた。

 

 

このバリカサグも含め、フィリピンはスキューバダイバーにとっては

天国のような島だらけ。

 

フィリピンが良いのは水温が高いこと、美しいサンゴ礁に恵まれていること。

人件費や物価の安さ、英語が通じるので言葉であまり困らないことだ。

 

 

 

 

 

モテ仲間と住みたいパングラオ島、そして庭として遊びたいバリカサグ島

 

 

「来週セブからパングラオ島に入りますので、

ガイドして頂く時間はありますか?」

 

 

モテ仲間の公子さんと、旦那の康夫さん。

 

今回はボホールでメガネザルのターシャに会うことと、

パングラオ島でアロナビーチを楽しむことが目的という。

 

 

バリカサグに近いパングラオは、世界遺産チョコレートヒルズで有名な

ボホール島の南西にある小さな島。

 

このパングラオには、日本人に語学留学で人気のセブ島から

船で約2時間、または国内線・国際線で空路から入れる。

 

 

この場所は、政府が観光地化や観光客の誘致に

力を入れていることもあり、治安の維持に強く意識が向けられている。

 

また道路など移動のしやすさや、

街の綺麗さにも配慮が。

 

何しろ、新しい国際空港には日本の超有名企業が

ODAとして関わるほどの力の入れよう。

 

 

パングラオに近い都市はタグビラランだが、俺が最初にいた頃は

まだまだあか抜けない場所だったものの、国際空港建設や

島の人気に伴って、これからどんどん開発が進む模様だ。

 

国際空港により有名になりつつあるアロナビーチに建設された

リゾートホテル。その1コテージを購入したのも、このパングラオ島

周辺をモテ仲間と日本人村の拠点にしたいから。

 

 

世界最高の海と砂浜、そしてバリカサグ島を始めとする

魅惑のダイビングスポット。

 

もちろん世界各国の料理が楽しめるし、

便利なWi-Fi環境があること。

 

タグビラランなど少し街まで足を伸ばせば、ショッピングモールや

バー、カフェやクラブなど海以外も楽しめる。

 

気候が年間約30度前後。

 

永住もしやすく、フィリピン政府が安全に力を入れる5パーセントの

地域だったりなど、様々な条件を考えてこの場所を選んだ。

 

 

 

バリカサグ島、パングラオ島・・・

南国で暮らしても不安のない安定収入を

得続ける手段とは?

 

 

29251740151_33d7b73605_b

 

 

パングラオ島の特徴

 

 

バリカサグはもちろん、パングラオも島自体は

100平方キロメートルもなく小さいが、石灰岩でできている

ユニークな土地で、水源は洞穴にある水。

 

 

そしてパングラオの最大の特徴は、公共なのに

ホワイトサンドと美しい海水が人気のアロナビーチ。

 

ここから船でスキューバダイビングのスポットとして有名な

バリカサグ島に行けたり、シュノーケリングが楽しめたり。

 

その他ドルフィンウォッチングやアイランドホッピング、

フィッシングなどを楽しめる。

 

 

何しろ、海の透明度はエルニドやボラカイに匹敵。

 

美しいビーチリゾートにめざとい欧米人が(笑)

さらにこの場所のリピーターになるのは間違いない。

 

 

 

俺がここにコテージを購入した理由にも関係するが、

パングラオ島は城塞のように他の島に囲まれている位置にあり、

万が一巨大な地震が起きても津波の不安がない。

 

かつてのプーケットのような被害を受けないためにも、

海沿いで遊ぶ場合どのロケーションを選ぶかは大切。

 

 

7,000以上の島で構成され、

美しい島には事欠かないフィリピン。

 

その中でもアクセスのしやすさ、マニラと違い台風などの影響を

受けづらいこと、海の美しさ、世界遺産が近くにあること、物価や人件費の安さ、

親日のフレンドリーな人々など・・・

 

多くの魅力があるこのパングラオの人気が上昇するのは、

時間の問題。人混みが嫌いな俺は複雑な心境だが(笑)。

 

 

毎月10万円程度の安定収入を日本円で確保できれば、ここに永住

したり二重生活の拠点にできる。そのためのWebメディア構築方法を

ニュースレターでお伝えしている。

 

冷たいビールやマンゴジュースを飲みながら(笑)

あなたと直接語り合える日が待ち遠しい。

 

 

 

バリカサグ島でフィリピン生活を楽しんだ後は、

島暮らしを惜しみながら東京移住

 

チェコビールフィリピンのクラブに詳しい

移住仲間のアキオさんは、自他共に認める

俺と同じマザコン(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは18件です

  1. きよら より:

    常夏は良いですね。ショッピングモールもありリゾート地という感じでしょうか?とても過ごしやすそうな場所ですね。ダイビングをするならやはり綺麗な海で綺麗な魚等の生き物を見たいものです。それが全部叶いそうな所ですね。いつか行ってみたいです。

  2. makostyle より:

    月10万円の安定収入で、世知辛い日本での生活から解放されるなら安いですね。南国のビーチを眺めながらのんびり時間を気にせず、自分のペースで生活できたら本当に天国です!

  3. ゼットン より:

    温暖な離島というのは、私には縁が遠い話しですが、イメージは少し不便なところがあるのではないかと感じでした。しかし、全く違うもので意外と旅行に行ってもいいのではないかと感じます!

  4. ヒクチ より:

    こんな島があるんですね。まだまだ深いな、この国。バリカサグについて掘り下げて行った気になってみます笑)ウーバー情報メールでありがとうです!
    >タクシーといえば・・・
    このフィリピンに移住してきてから、現地の友達
    ジョシュアから、便利なアプリ「uber」を教えてもらった。
    東京など日本でも利用できるが、
    特に便利だと感じるのは、海外で初めての場所に行く時。
    よく海外に行くモテ仲間のあなたならよくご存じだが、
    海外ではマナーの良いドライバーに逢えたらツイてると
    思えるほど(笑)。
    このフィリピンは東南アジアではマシなほうだが、
    ベトナムやインドネシア、マレーシア辺りは危なっかしい
    ドライバーが多い。
    場所によっては、アメリカのような先進国でさえ・・・
    ドライバーの素性が明確なことで安全が確保され、
    同時にタクシー代を抑えることもできる、このuber。
    是非あなたの旅に取り入れてもらいたい。
    日本でも使えるuberだが、
    以下から登録すると1,500円分の割引を
    初回乗車時に受けられる。
    例によってこうしたクーポンは突然配布が打ち切られるので、
    すぐに登録だけてもしておいてもらいたい。

  5. くこ より:

    バリカサグ…老後お世話になりたくなる島ですね。その頃、ダイビングする元気はなくとも「気候による体調不良」に「地震の心配がない」のは大きいですね!

  6. とおる より:

    「バリカサグ島」て正直言って初めて聞きます。
    スキューバダイビングで最高の島なんですね。
    ダイビングは私の憧れですね。本当にダイビングやってみたい。

  7. れいな より:

    日本円にして10万円ほどで移住できてしまうなんてびっくりです!
    日本でネットビジネスを成功させて移住すればいいわけですよね
    本当に、お金の使い道っていろいろあるんですね
    とても勉強になります!
    ダイビングって一度やってみたいです!難しそうですが 笑

  8. まい より:

    バリカサグ島という島があるというこをはじめてしりました。気候が年間約30度前後なら寒いのが苦手な私には丁度いいかもしれないです。Wi-Fi環境なのもいいですね!

  9. ひかり より:

    バリカサグ島なんて初めて聞きました。
    気候もいいし、住みやすそうな島ですね。
    結構いろいろと整っているので驚きでした。
    安く移住できるのもメリットですね。
    行ってみたいです!!

  10. cocot より:

    バリカサグ島の海はイルカにも会えるんですか?
    自然が豊富って良いですよね。
    私も自然が多いとこで暮らしてみたいですね。
    でも自然が多いということはどこに行くにも足がない!ってことですかね〜

  11. ユウゾラ より:

    本当に世界は広いですね。テレビ等で観る美しい島々だけでも今後いけるかどうかもわからないのに、これだけ素晴らしいところを知れば、ますます行きたいところが増えて困ります(笑)。

  12. ルルナ より:

    パリカサグ島はダイビングをしてる人には有名なんですか?
    じゃあ深海は凄く綺麗なんでしょうね。
    深海魚って黄色、青、黄緑と色がとても鮮やかですよね。
    昔、我が家でも熱帯魚を飼っていまして、お店に行くと熱帯魚より、深海魚を飼いたくなる時がありました。

  13. アカ より:

    ダイバーにはお勧めの島なんですね。
    カラフルな海、世界各国の料理、Wi-Fiがある。
    ダイビングしなくても楽しめそうですね。

  14. マリ より:

    ダイビングはしないのですが海を眺めたり、
    足をのばせばショッピングやカフェでお茶が楽しめるって、
    のんびりしたい休日にぴったりです。

  15. ななママ より:

    わぁーステキな所ですねー
    行ってみたいなぁ。
    日本からの直行便があって、Wi-Fi環境があって、
    10万円で生活できるなら、ある意味天国ですね。

  16. 中川創聖 より:

    wifi環境があることはとてもうれしい限りですね。日本は都会でもあまりwifiがないような気がします。それにしてもこの島はとても素敵ですね。

  17. ヨセル より:

    バリカサグ島とかフィリピンの島々の名前の多さには改めて圧倒されますね。どの島も魅力がありそうですけど、スキューバーダイビングが魅力なのはポイントが高いですね。想像するだけで気持ちよさそうです。

  18. あい より:

    バリカサグ島なんてところがあるんですね。
    スキューバダイビングをする人にとっては
    もってこいの島ですね。
    住みやすそうな島なので
    多くの人が訪れそうですね。
    行ってみたいです!!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ